初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

注文を出せなくなる!空売り規制に注意

注文を出せなくなる!空売り規制に注意

株の知識レベル:★★★☆☆

空売りを上手に活用すれば、下落局面でも利益を得られるようになります。上昇・下落の両面で利益を出せるのはとても大きなメリットですが、空売りには規制が設けられているため、状況によっては注文を出せなくなる場合もあります。空売り規制を知らないでいると、売り注文が入れられないということだけでなく、空売りの決済を入れるタイミングを見誤る可能性もあります。今回は、空売り規制の内容を解説します。

空売り規制とはどのような制度なのか

空売り規制とはどのような制度なのか

空売り規制とは、売られすぎて大きく下落した株の空売りを一時的に規制するための制度であり、基準値段(通常は、前日の終値)から10%以上下落した株価である「トリガー値段」をつけた瞬間から、空売り規制が発動されます。

規制が発動されていなければ、「トリガー値段以下での指し値、または成行での空売りができない」だけです。しかし、規制が発動されている間は、注文を入れる時点で株価の「直近公表価格」を基準にして注文できる空売りが限定されます。

空売り規制中の取引の制限内容は?

空売り規制中は、直近公表価格がどのような値動きをして付けた株価なのかで、取引できる条件が変わります。51単元以上の空売りをする場合に、下記のルールが適用されます(50単元以下の空売りは規制されません)。

値下がりして直近公表価格になった場合

直近公表価格が100円で、そのひとつ前の株価が101円だった場合(※)は、「直近公表価格以下での空売り」をすることができません。51単元以上の空売りは、101円以上の指し値でなければ注文することができません。

値上がりして直近公表価格になった場合

直近公表価格が100円で、そのひとつ前の株価が99円だった場合(※)は、「直近公表価格を下回る価格での空売り」をすることができません。51単元以上の空売りは、100円以上の指し値でなければ注文することができません。

※小数点以下の株価がつかない銘柄を想定しています

空売り規制はどれだけ続くのか

空売り規制は翌日の立ち会い終了まで続き、翌々日には規制が解除されます。なかなかない話ですが、連続して10%以上下げていると、翌々日にも規制が続きます。前日に10%以上下げる局面があった空売り規制銘柄をチェックしたい場合は、日々公表されているデータを確認しましょう。東証・マザーズ・JASDAQに上場している銘柄であれば、日本取引所のホームページ http://www.jpx.co.jp/markets/equities/ss-reg/ で確認することができます。また、ホームページ上に空売り規制銘柄を掲載している証券会社もあります。

個人投資家が空売り規制の対象になることも

株を売るためには現物の株を保有していなければならないため、売り注文には限界がありますが、株を借りて取引する空売りができれば売り注文がどんどん出せるので、下落局面で意図的に株価をもっと下げること(売り崩し)ができてしまいます。このような大口投資家による空売りを防ぐために、空売り規制が設けられましたが、個人投資家も空売り規制の対象になる場合があります。ある株式の株価が500円で1単元が100株とすると、1単元あたり50,000円です。51単元を空売りするためには、取引金額が255万円となり、委託保証金が76.5万円あれば空売りできます(委託保証金比率が30%の場合)。そのため、個人投資家も空売り規制を意識しておく必要があるのです。

一瞬でも10%以上下落していれば規制対象となることに注意

一瞬でも10%以上下落していれば規制対象となることに注意

空売り規制が発動するのは、「取引時間中に一度でもトリガー値段をつけた場合」です。終値がトリガー値段以下になっているかは関係ありません。トリガー値段をつけた後に株価が反転上昇した場合でも、翌日まで規制が続いているため、規制の範囲内でしか空売りをすることができません。その日の安値が、前日の終値よりも10%以上下落しているかを確認しておくようにしましょう。

すでに空売りをしていても規制されているかをチェック

「すでに空売りをしているのであれば、規制のことは気にしなくてもいい」と思うかもしれませんが、そうではありません。空売り規制が、相場の流れを変えるきっかけになることもあるからです。規制が発動すると、大口の空売り注文を入れるのが難しくなります。全く注文できなくなるわけではありませんが、株価を下げるような大口の空売り注文を入れることは事実上不可能になります。その一方で、追加の空売りが入りにくくなったことを見越した買い注文が多く入ってくると、株価が上昇していく可能性が高まるのです。場合によっては、空売り規制をきっかけに決済した方がいい場合もあるので、注意しましょう。

まとめ

このように空売り規制のルールはやや複雑ですが、個人投資家も無関係とは言えません。実際に規制にかかる可能性もあり、相場の雰囲気にも影響を与えます。空売りをしたい場合でも、そうでない場合でも、他の投資家が売買するのに影響を与えるため、しっかりと理解しておきましょう。

大阪でファイナンシャルプランナーとして活動。
資産運用に関する記事やビジネス関連の記事を多数執筆。
総合評価
(0)
Pocket