初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

注文を出せなくなる!空売り規制に注意

注文を出せなくなる!空売り規制に注意

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

空売りを上手に活用すれば、上昇・下落の両面で利益を出せるのは大きなメリットですが、空売り規制を知らないと、売り注文が入れられないということだけでなく、空売りの決済を入れるタイミングを見誤る可能性もあります。

今回は、個人投資家の取引にも大きく影響する空売り規制がどのようなものかを見てみましょう。

空売り規制とはどのような制度なのか

空売り規制とは、売られすぎて大きく値下がりした銘柄の空売りを一時的に規制することで、更なる値下がりを防ぐ仕組みです。前日終値を基準か買うとして、10%以上下落したトリガー価格をつけた時点で、空売り規制が発動されます。

規制が発動されていなければ、トリガー価格以下での指し値、または成行での空売りができないだけですが、規制中は注文を入れる時点で株価の「直近公表価格」を基準に注文できる空売りが限定されます。

空売り規制中の取引の制限内容は?

空売り規制中は、直近公表価格がどのような値動きをしたかにより取引条件が変わります。値下がり・値上がりに応じて51単元以上の空売りをするなら、下記のルールが適用されます(50単元以下の空売りは規制されません)。

直近公表価格が100円、その前の株価が101円なら、直近公表価格以下での空売りをすることができないので、101円以上の指し値でなければ注文することができません。反対に直近公表価格が100円で、そのひとつ前の株価が99円なら、直近公表価格を下回る価格での空売りができないので、100円以上の指し値でなければ注文することができません。

値上がり・値下がりのどちらの空売り規制でも、適用されるのは51単元以上の取引であり、50単元までなら空売り規制の対象外となります。

空売り規制はいつまで続く?

空売り規制は翌日の立ち会い終了まで続き、翌々日には規制が解除されます。ただし、連続して10%以上下げていると、翌々日にも規制が続きます。前日に10%以上下げる局面があった空売り規制銘柄をチェックするなら、日々公表されているデータを確認しましょう。

東証・ジャスダック(JASDAQ)・マザーズ上場銘柄であれば、日本取引所(JPX)が毎日公表している空売り規制に関する情報や、証券会社のホームページが参考になります。

個人投資家が空売り規制の対象になることも

現物株取引では売り注文を出せるのは保有分が上限となりますが、株を借りて取引する空売りなら売り注文に限界はないので、下落局面で意図的な株価の操作(売り崩し)ができてしまいます。

そのため、大口投資家だけではなく、個人投資家も空売り規制の対象に含まれることには注意が必要です。

空売り規制が相場の流れを変える原因にもなる

すでに空売りをしているのであれば、空売り規制を気にしなくてもいいと考えがちですが、空売り規制の発動は、相場の流れを変えるきっかけにもなるため、その動向には注意が必要です。空売り規制が発動されると大口の空売り注文を入れるのが難しくなり、株価に影響するような大口の空売り注文を入れることは、事実上不可能になります。

その一方で、追加の空売りが入りにくくなったことを見越した買い注文が多く入ってくると、株価が値上がりする可能性が高まります。空売り規制をきっかけに決済した方がいい場合もあるので、空売り規制の動向には注意しましょう。

一瞬でも10%以上下落していれば規制対象となることに注意

空売り規制が発動するのは、取引時間中に一度でもトリガー価格をつけた時点であり、終値がトリガー価格に達しているかは関係ありません。

トリガー価格にタッチした後に反転上昇しても、規制は翌日まで続き、その範囲内でしか空売りをすることができません。その日の安値が、前日の終値よりも10%以上下落しているかを確認しておくようにしましょう。

まとめ

空売り規制のルールはやや複雑ですが、個人投資家も無関係とは言えません。実際に規制にかかる可能性もあり、相場の雰囲気にも影響を与えます。

空売りをしたい場合でも、そうでない場合でも、他の投資家が売買するのに影響を与えるため、しっかりと理解しておきましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。