初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

含み損の処分は年末に!損益通算と繰越控除で節税を狙おう

含み損の処分は年末に!損益通算と繰越控除で節税を狙おう

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

株式取引の損益は、その年1年間の取引結果で決まります。株式投資の利益を最大化するためには、損益通算や繰越控除を活用した節税を考えることは不可欠です。

今回は、株式取引に掛かる税金と、節税を考えるときの基本となる損益通算と繰越控除の仕組みを再確認してみましょう。

確定申告の義務がない源泉徴収有りの特定口座

大前提として、源泉徴収有りの特定口座での取引であれば、証券会社が手続きを代行してくれるので、確定申告は原則不要です。

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を活用すれば、年間120万円・最長5年間の最大600万円(つみたてNISAは年間40万円・最長20年間の最大800万円)までの取引が非課税となるので、積極的に活用を検討したいところです。

源泉徴収有りの特定口座でも確定申告が必要なとき

基本的に源泉徴収有りの特定口座では確定申告は不要ですが、損益通算や繰越控除をするときには、確定申告が必要です。損益通算や繰越控除で見かけの利益を圧縮することで、納め過ぎた税金を取り戻す(還付する)こともできます。

見かけの損失を圧縮する損益通算と繰越控除

損益通算とは、一定期間内の利益と損失を相殺することで、見かけの利益を圧縮する仕組みです。納税額は利益に対して発生するので、損益通算をすることである年の納税額を圧縮できます。

最長3年間まで損益通算を繰り越す「繰越控除」

損益通算をしたあとにも損失があれば、最長3年間は損失を繰り越す「繰越控除」の対象とできます。損益通算と繰越控除は組み合わせることで、より高い節税効果が期待できるのです。

計画的な益出し・損切りで上手に節税

株式投資の損益は、1月から12月の1年間の取引で確定するので、繰越控除を考えるならばこの期間内で損益を調整する必要があります。節税の観点からも、戦略的な損切りは非常に重要です。

益出し・損切りのときには同日取引に注意

株式取引に係る損益計算は単日で計算されるので、益出し・損切り後もその銘柄を保有し続けるときには、同日での同銘柄の買い戻しはNG。売却銘柄を買い戻すときには、翌日以降に取引をするようにしましょう。

まとめ

節税は利益を追求するときには避けては通れない問題です。個人型確定拠出年金(iDeCo)や少額投資非課税制度(NISA)といった非課税枠が設定されていますが、本格的な節税には、やはり損益通算や繰越控除を使いこなすことは欠かせません。

普段はあまり意識しない確定申告も、正しくすればさまざまな恩恵を享受することができます。ある程度取引に慣れてきたら。損益通算や繰越控除を使いこなして、課税額を減らすことを検討してみましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。