初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

今年の3月相場はどうなる?一年で最も動く年度末相場

今年の3月相場はどうなる?一年で最も動く年度末相場

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

3月相場は比較的値動きが出やすいことで知られています。企業決算の締めの月であり、3月で主力企業の業績が確定します。

企業側からすると、決算見合いで様々な動きを取らざるを得ないタイミング。それは機関投資家も同様です。企業やファンド、それぞれの思惑が相まって売り買いが拮抗するタイミング、それが年度末相場なのです。

今年の3月相場はどうなるのでしょうか。ここからは3月相場の特徴と今年度末の値動きについて考えてみたいと思います。

3月相場は季節要因に左右される

3月は企業にとって最も重要な時期と言っても過言ではありません。上述したように、主力企業の多くが3月を決算月に設定しているからです。

株主が多数存在する大手企業では、少しでも決算書をよく見せたいという思惑が働きます。基本的にキャッシュポジションは多ければ多いほど決算書の見栄えもよくなります。よって、マーケットには株の売り圧力がかかる訳です。

一方で、ファンド勢は大きく買いを入れてくるケースがあります。これをマーケットではドレッシング買いと呼びます。運用対象となっている株式に意図的に買いを入れることで、時価評価額を上げようとする思惑があるのです。

このように3月相場は季節要因に左右されることが特徴と言えるのです。

ドル円相場も大きく動きやすい

3月相場ではドル円レートも大きく動くことが特徴です。

上述したように、企業はリスク資産を売却してキャッシュポジションを作りに行きます。その売却資産の中にドル円も含まれます。外貨建て資産を円建て資産に変えることで決算書の見栄えを良くするのです。

また、米国では米国債の償還が2月に行われます。これに伴い市場にドル資金が溢れ、円高になりやすくなります。

行き過ぎた円高は国内マーケットに売り要因をもたらします。3月は為替動向にも注目する必要があるのです。

今年は米国の動向に一喜一憂か

昨年来好調な推移を遂げてきた日本の主要株価指数ですが、ここもと調整局面入りしています。下落の最大の要因は米国市場の動向にあります。雇用統計が想定以上に上振れ、利上げのペースが早まるとの思惑が高まったのです。

金利の上昇は基本的に景気を冷やしますから、まっさきにリスク資産である株が売られました。それに連れるかたちで国内主要株価指数は軒並み下落。3月相場も米国市場に左右される展開が続くと考えれます。

過度なリスクオンは注意。調整局面入りの公算が高い米国市場

ここもとの調整局面を分析すると、高値から10%以上下落したタイミングが調整局面入りのシグナルとなっています。まさに現在の米国市場と合致します。

昨年来急ピッチの上昇を続けてきた米国市場の動向を鑑みると、3月までに調整が完了するとは思えません。よって、国内市場でも過度なリスクオンには要注意です。米国市場はすでに調整局面入りしている可能性が高いのです。

また、2月に入りFRB議長が交代したことも株式相場が不安定な要素のひとつでしょう。マーケットが最も嫌うことは先行き不透明感です。利上げペース拡大リスクとFRB議長の交代、2点の不安要素は国内のマーケットにもネガティブな値動きをもたらすでしょう。

よって、今年の3月相場は下押しリスクの方が高いと想定されます。

3月相場にエントリーするなら、中小型株で勝負。

3月相場で短期に利益を上げるには中小型株にも目を向けることが重要です。日本の主力企業の多くはグローバルにビジネスを展開しています。つまり、為替の影響をダイレクトに受けてしまう公算が高いのです。

今年度の年度末為替相場に関しては、リスク回避の観点からも円高が進む可能性があります。よって、例年以上に円高が進展する可能性があるのです。

あえて、3月相場にエントリーするのであれば、比較的為替の影響を受けにくい中小型株にフォーカスした取引をおすすめします。

売り一巡のタイミングを見極める

3月相場においては売り一巡のタイミングを見極めることも重要です。悪材料が出尽くした後は、押し目で買いが入りやすいタイミングになります。

週次で発表される投資部門別売買動向や日々の出来高を確認することで、そのタイミングを見極められる確率が高まります。また、決算前に好業績銘柄を仕込むことで、利益獲得のチャンスも広がります。

マーケット全体を確認した上で個別情報をリサーチする。そうすることで、3月相場での勝率を高めることができます。

まとめ

得てして3月相場で利益を上げることは難しいと言われています。企業、ファンド、個人、市場参加者の思惑がすべてミックスされ、投資家心理を読み解くことが非常に難しいのです。

その年ごとの経済のファンダメンタルズを理解して投資をすることが非常に重要と言えるのです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。