初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

奈良時代からあった?「金利」の仕組みと成り立ち

奈良時代からあった?「金利」の仕組みと成り立ち

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資を含めて、金融商品には「金利」の仕組みが欠かせません。金利は私たちの生活の中で当たり前の存在となっています。しかし、なぜ金利が存在する理由や、その成り立ちや仕組みについてはあまり知られていない印象があります。

今回は金利がなぜ生まれたのか、その歴史や現在について見てみましょう。

金利はなぜ存在するのか

「利子」や「利息」などと呼ばれることもある金利とは、金銭などを借りたときに借り手が貸し手に対して支払う利息のことです。金利が存在することは借り手に不利と考えられますが、そうとも言い切れません。

借り手が資産を100万円しか持っていなければ100万円分のビジネスしかできませんが、100万円借りることができれば自己資金の2倍である200万円分のビジネスができるため、より大きな利益を得られるチャンスが生まれるのです。もちろん、損失もより大きくなる可能性があることには注意する必要があります。

金利が存在する理由には諸説ある

金利に関する一般的な説明として、「機会費用説」や「時差説」がありますが、どちらもマイナス金利の説明がつきません。そこで有力なのが、「リスク代償説」です。

これは、貸し手は借り手の状態次第でお金が返ってこないリスクがあるため、そのコストとして金利を要求するというものです。債券市場での金利がマイナスとなることもある世界では、この説が有力と言えるでしょう。

奈良時代から存在した日本の金利の概念

世界各地で生まれた金利の考えかたですが、日本では奈良時代から金利の原型となるアイデアがありました。当時は貨幣経済ではなかったため、物を借りたらそれを多くして返すという考え方です。

「出挙(スイコ)」という制度が、日本における金利の始まりだと言われ、農民に対して春に稲を貸し付け、秋の収穫後に返済させるものです。強制的に農民に貸し付けることから事実上の税金と言えますが、考えかたは金利そのものです。

西洋でも近世以降に金融が発展した

西洋ではキリスト教の影響で金融の発展は遅れていましたが、近世のルネサンス期や大航海時代など、15世紀から17世紀にかけて、金融がビジネスの世界と結びついたことで大きな飛躍を遂げました。

19世紀に入ると、金融に力を注いでいたイギリスが最も大きな影響力を持つようになり、金融の存在感がさらに増していくようになりました。

現在の経済では金融が大きな役割を果たしている

現在では、金融を中心に世界が回っていると言っても過言ではありません。投資家が持つ使われていないお金を、銀行や証券会社を通して、お金を必要としている人に貸し出すのが金融システムです。

金融システムが存在することで多くの人たちが新しい製品やサービスを生み出し、私たちの生活を高度なものにし、経済を発展させています。金融システムがお金を循環させることで、私たちは住宅ローンで家を購入したり、資産運用の一環で投資ができると言えます。

金融の発展が経済にひずみを起こしている

金利を支払って借り入れをすれば、より大きなビジネスをはじめることができますが、金利や担保、返済条件といった仕組みを理解し、計画的に利用できないことから借金に苦しんでいる人は少なくありません。

また、金融システムが発展しすぎたために、景気の好不調が増幅されて世界に波及しやすくなりました。2008年のリーマンショックとその後の世界金融危機などが具体例です。私たちは、金融システムに景気が大きく影響される環境で生活していることも理解しておくべきです。

まとめ

金利は、現在の金融システムを支える重要な概念です。金融システムの高度化による弊害はあるものの、今の経済発展に大きく貢献していることは事実です。

金利や金融は難しいと思う部分もあるかもしれませんが、避けて生活することはできません。最低限の知識をつけて、金融システムとうまく付き合うことが欠かせないと言えるでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。