初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

アクティブ型とパッシブ型、投資初心者はどちらの投資信託を選べばいい?

アクティブ型とパッシブ型、投資初心者はどちらの投資信託を選べばいい?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

数えきれないほどの本数がある投資信託は、投資初心者にとっては投資銘柄を選ぶことにも一苦労でしょう。特に運用方法の違いは重要で、アクティブ運用型とパッシブ運用型の違いを理解することが大切です。

今回は、運用方法の違いを把握することで、どちらの投資信託を購入すべきかを一緒に考えてみましょう。

アクティブ運用とはどのような投資手法?

アクティブ運用とは、積極的に値上がり益(キャピタルゲイン)を狙う運用方法です。また、アクティブ運用を採用しているファンドは、アクティブファンドと呼ばれます。

アクティブファンドは大きな値上がりが期待できそうな銘柄群に積極的に投資するため、比較的時価総額の小さい銘柄やマザーズ上場銘柄に投資することも多く、値動きが荒いことも事実です。しかし、マーケットの上昇局面では、インデックスを圧倒するパフォーマンスを見せることもあります。

アクティブファンドの代表格は中小型株ファンド

アクティブファンドは、中小型株ファンドやテーマ株ファンドが中心となっています。

時価総額の大きい"値がさ株"の株価を押し上げるには、それなりの買い圧力が必要ですが、中小型株ならそれほどの買い圧力を必要としません。積極的に上値を狙うには、中小型株が適しているのです。

また、人工知能(AI)やドローン、自動運転といった特定のテーマに関連する銘柄(テーマ株)は投資家からの人気も高く、買いが集中的に集まりやすいため、株価が上昇しやすくなります。

中小型株やテーマ株に投資するアクティブファンドは多少割高感があっても、成長性がある銘柄であれば積極的に投資することが特徴です。

市場平均への連動を目指すパッシブ運用とは?

パッシブ運用とは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)、新たに設けられたJPX日経400といった主要インデックスの値動きに連動することを目指す運用です。アクティブ運用と比べるとリターンは小さいものの、リスク管理も容易というメリットがあります。

パッシブ運用を取り入れた投資信託の代表格はインデックスファンドであり、指数に連動する運用を目指すことで低コストで低めのリスクとそれなりのリターンが期待できます。

インデックスファンドが手軽に売買できる上場投資信託(ETF)

一部のインデックスファンドは個別株式と同じように上場することで、通常の株式と同様に売買することができます。それが、上場投資信託(ETF)です。ETFは個別株式と同様にリアルタイムでの値動きがあり、取引時間中であれば自由に売買できるので、より機動的な運用が期待できます。

投資信託は1日1回しか価格が更新されませんが、ETFはリアルタイムで取引価格を知ることができます。インデックスファンドを購入するのであれば、ETFも検討範囲に入れるべきでしょう。

アクティブとパッシブではどちらを購入すると良い?

アクティブとパッシブ、どちらを購入すれば良いのでしょう?投資スタンスに合った銘柄選択をするべきですが、一般的に積極的に上値を狙うならアクティブファンドを、そうでないならインデックスファンドを選択すべきでしょう。

パッシブ運用では比較対象(ベンチマーク)とするインデックスを上回るリターンは期待できませんが、アクティブ運用では上昇時にインデックスを上回るリターンが期待できます。その反面、下落局面でのリスクはインデックスファンドよりアクティブファンドのほうが大きくなります。それぞれの投資スタンスに合わせた銘柄選びをしてみましょう。

資金の性質から運用タイプの別を選ぶ

株式投資の鉄則は、過度に利益を追い求めないことです。将来のキャピタルゲインだけを考えるとアクティブ運用は魅力的ですが、大きなリターンが期待できることはそれだけリスクがあることと裏表の関係にあります。過剰にリターンを求めると、それだけ大きなリスクを負う危険があるのです。

短期でのリターンを狙うのであればアクティブファンド、中長期での安定した資産形成を考えているのであればインデックスファンドを中心に、異なる性格のファンドを組み入れる(コア・サテライト戦略)ことで、より効率のよい運用が期待できます。

まとめ

アクティブ運用とパッシブ運用ではその性格は異なり、アクティブファンドとインデックスファンドの運用も異なるものとなります。

積極的に上値を追い求めるのにインデックスファンドを買い付けたり、リスクを抑えたいのにアクティブファンドを買い付けるなど、ちぐはぐな運用にならないように、自分の投資方針に沿ったファンドを買い付けることが重要です。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。