初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

アクティブ型とパッシブ型、株初心者はどちらの投資信託を選べばいい?

アクティブ型とパッシブ型、株初心者はどちらの投資信託を選べばいい?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

投資信託には様々な種類が存在します。数えきれないほどの本数があり、投資初心者にとっては投資銘柄を選ぶことにも一苦労でしょう。特に、運用方法の違いは重要で、アクティブ運用型とパッシブ運用型の違いを理解することが大切です。

今回は、運用方法の違いを確認し、どちらの投資信託を購入すべきかを一緒に考えてみましょう。

アクティブ運用とはどのような投資手法?

アクティブ運用とは、積極的にキャピタルゲインを狙いに行く運用方法を言います。キャピタルゲインとは上昇益のことです。成長が期待できそうな銘柄群に積極的に投資を行うことで、上昇益を追求します。

マザーズ上場銘柄や、比較的時価総額の小さい銘柄に投資することも多く、値動きが荒いことも事実です。しかし、マーケットの上昇局面では、インデックスファンドを凌駕するパフォーマンスを見せることもあります。

アクティブ型投資信託の代表格は中小型株ファンド

アクティブ型投資信託が多い銘柄には、中小型株ファンドや、テーマ株関連株ファンドがあります。

時価総額の大きい"値がさ株"の株価を押し上げるには、それなりの買い圧力が必要になりますが、中小型株ならそれほどの買い圧力を必要としません。よって、積極的に上値を狙うには、中小型株が適しているのです。

また、テーマ株関連の投資信託にもアクティブ型の投資信託が多いと言えます。人工知能やドローン、民泊、自動運転。これらのテーマ株は投資家からの人気も高く、買いが集中的に集まりやすいため、株価が上昇しやすくなります。

アクティブ型投資信託は、多少その銘柄に割高感があっても、成長性がある銘柄であれば積極的にその銘柄に投資することが特徴です。

パッシブ型投資信託とは?

パッシブ型投資信託とは、主要インデックスの値動きに連動することを目指した投資信託のことで、いわゆるインデックスファンドがそれに当たります。

インデックスとは株価指数のことですから、日経225ファンドやTOPIX連動ファンド、JPX400連動型ファンド等がパッシブ型投資信託の代表格になります。ちなみにアクティブとは積極的、パッシブとは消極的を意味します。日経平均等のインデックスをそっくりそのまま買うイメージですね。

インデックスファンドはETFで手軽に売買出来る

上述したようにパッシブ型投資信託の代表格はインデックスファンドです。実は、インデックスファンドは市場で、通常の株式と同様に売買することができます。それが、ETFです。

ETFとは上場投資信託のことで、その名の通り市場で売買することが出来ます。株式同様にリアルタイムでの値動きがあり、取引時間中であれば自由に売買することができます。

投資信託は取引時間中の値動きが目に見えませんが、ETF であればその限りではありません。パッシブ型の投資信託を購入するのであれば、ETFも検討範囲に入れるべきでしょう。

アクティブ型とパッシブ型、どちらを購入すると良い?

アクティブ型とパッシブ型、どちらを購入すれば良いのでしょう?もちろん、自身の投資スタンスに合った銘柄選択を行うべきですので答えは人それぞれですが、リスクを抑えた運用を行いたい場合にはパッシブ運用、積極的に上値を狙いたい場合にはアクティブ型を選択すべきでしょう。

パッシブ型では、良きも悪きも目標とする株価指数の値動きを超えることはありません。一方、アクティブ型では上昇時のインパクトが大きい分、下落時のリスクも高くなってしまいます。それぞれの投資スタンスに合わせた銘柄選びをしてみましょう。

資金の性質から運用タイプの別を選ぶ

株式投資の鉄則は、過度に利益を追い求めないことです。投資初心者であれば、将来の上昇益を考えてアクティブ運用に手を出しがちですが、投資信託の選定は資金の性質にも気を配る必要があります。

余剰資金と老後資金では運用スタイルも異なります。基本的に、余剰資金で投資する場合にはアクティブ型、将来の資金準備での運用はパッシブ型が適していると言えます。銘柄選びでは資金の性質から逆算することも大切なのです。

まとめ

アクティブ型、パッシブ型、それぞれ特徴をしっかりと把握した上で、投資信託の銘柄選定を進めましょう。

積極的に上値を追い求めようとしているのに、パッシブ型投資信託を購入しては、思ったような投資成果は上げられません。また、リスクを抑えた運用をしたいのにアクティブ型投資信託を購入しても、整合性は合いません。自身の投資方針に沿った銘柄選びが最も重要なのです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。