初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

高配当銘柄と無配当銘柄、初心者が投資するならどっち?

高配当銘柄と無配当銘柄、初心者が投資するならどっち?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

インカムゲインを重視する投資家とキャピタルゲインを重視する投資家では、投資戦略が異なります。インカムとは主に配当収入のことで、キャピタルとは上昇益のことを意味します。

個別企業で見ても、配当の方針には違いがあります。配当での株主還元を重視する企業もあれば、成長による株価上昇で株主還元しようとする企業もあります。

では、個人投資家は配当を出す企業と配当を出さない企業、どちらに投資すべきなのでしょうか。

投資方針にあった銘柄選びをする

株初心者に意識してほしいことは、自身の投資方針を確立することです。投資においては、判断を下すための軸が非常に重要です。軸がなければ投資銘柄にもブレが生じます。

例えば、成長性が高い銘柄を買って積極的に上値を狙う投資方針であれば、配当を意識しすぎる必要はありません。新興市場の成長銘柄に高配当の銘柄は少ないのです。

逆に、財務基盤が安定している高配当の銘柄を買っても、上値はそれほど狙えないためいくら資金を注ぎ込んでも得られるリターンは少ない、というわけです。

基本的にはポートフォリオに両方を組み込むのがベター

高リターンが期待できるからといって高成長銘柄だけでポートフォリオを構成すると、値動きの荒い銘柄が占める割合が高くなってしまい危険です。

相場が大きく値下がりしたときに配当収入だけでも得られるよう、あらかじめリスクヘッジをしておきましょう。上値を積極的に狙うポートフォリオでは分散投資を心がけることで、ポートフォリオの安全性を高めることができるのです。

高配当銘柄には高配当の理由がある

配当を出す企業には、証券会社や商社、大手メーカーや銀行など誰もが知っている大手企業が多いことにお気づきでしょうか。配当を出すには内部留保も豊富で、すでにそれなりに成熟した企業ばかりです。財務の安定性を背景に、高配当を可能にしているのです。

無配当銘柄には配当を出さない理由がある

配当を出さない企業には、企業が成熟しきっていない新興銘柄がほとんどです。

ベンチャー企業などでは、研究開発費がかさむかもしれませんし今後の成長戦略にさらなる資金の振り分けが必要です。企業が成熟しきっていない分、内部留保も十分に確保できません。語弊を恐れず言うならば、配当を出す余裕がないのです。

無配銘柄も高配当銘柄も、株式投資をする場合はこのような財務の背景を知ることも非常に大切な作業です。

高配当と無配当では銘柄の性質が違う

高配当と無配当の銘柄では、そもそもの性質が違います。投資方針によっては、ポートフォリオにおけるそれぞれの構成比率もまるで異なるのです。

貸借対照表や損益計算書をはじめとする決算書を眺めても、その資本構成や損益状況も大きく異なるでしょう。高配当を可能にする理由、無配の背景にある理由、それぞれを理解した上で投資戦略を練ることが重要です。

株の初心者は高配当銘柄を中心に

株の初心者は高配当銘柄を中心に

安定したリターンを狙うのであれば、高配当銘柄を厚めにポートフォリオへ組み入れることが鉄則です。値動きの安定性が高く、配当が株価下落時のリスクヘッジとして機能するからです。

思ったようなリターンは生まないかもしれませんが、ハイリスク・ハイリターンの銘柄を組み入れると損失リスクがともないますし、値動きが荒いため意思決定の回数も増加します。

株初心者や日々の相場をチェックする時間がない方は、高配当銘柄を中心に中長期で腰を据えた投資をすることをおすすめします。

まとめ

ポートフォリオの構成、高配当銘柄と無配銘柄のバランス、これらはすべて個人の投資方針によります。よって、株の初心者には自身の投資方針の確立が先決事項です。

基本的には高配当銘柄を厚めに保有すべきですが、どうしてもリターンを求めたい場合は積立投資をおすすめします。毎月一定時期に一定額を投資することで、単価が平準化されます。ぜひ、ご参考いただければと思います。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。