初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株式投資の勉強はどこで何をすればいい?

株式投資の勉強はどこで何をすればいい?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資は決してギャンブルではありません。その値動きには必ず理由があり、理由を知ることでリスクを抑えてリターンを追求することができます。そのためには、ポイントを押さえて基礎知識を学ぶ必要があります。

今回は、株式投資の勉強法と、その方法を見てみましょう。

一番の勉強は実際に株式投資をはじめること

本気で相場を学びたいなら、金額の大小は問わず、まずは投資家になってみることです。実際に取引をはじめると、保有銘柄の値動きに注目するようになり、売買のタイミングを見計らうようになります。この値動きを考える過程が株式投資の勉強において最も重要なのです。

値動きに注目することで値動きの背景や理由を知ることにより、投資精度も向上します。また、自身も投資家になれば利害に直結するので、勉強の本気度も変わります。

マーケットチェックを習慣にする

本気で株式投資の知識を学ぶのであれば、日々のマーケットチェックは欠かせません。株価は基礎的経済条件(ファンダメンタルズ)に大きく左右されるため、投資の勉強は市況を知ることと言っても過言ではありません。日々のマーケットチェックを続けることで、市況を読む知識を養うことができるのです。

マーケットチェックと株価の値動きを重ねることで、企業決算や重要統計の動向が株価の変動どう影響するのかが理解できます。

投資スクールやメルマガで情報収集するのも手段の一つ

最近では、投資スクールや投資情報を定期的に配信する有料メルマガなども存在します。何から初めて良いかわからないときには、これらを利用することも手段の一つです。

ただ、これらの有料ツールを使うのはあくまで最終手段。経験豊富な講師やアナリストであっても、相場の動きは読み切れないのは注意が必要です。

ブログやSNS、証券会社のホームページも有効活用する

インターネットの普及により、オンラインにはさまざまな投資情報があふれています。基本的な投資情報ならインターネットから無料で入手できるようになり、SNSで著名なトレーダーをフォローすれば、彼らの投資行動の一部を知ることもできます。

これらのネット上の情報を活用するだけでも、株式投資に必要な基礎知識を十分に学ぶことはできますが、オンラインの投資情報は玉石混合であることには注意が必要です。

最低限の金融政策の理解は必要。政府機関のリリースも活用

投資家であれば、少なくともどのような金融政策を採用しているかを理解することが必要です。為替や株価は金融政策を睨んで推移することも少なくないため、金融政策を分からずして、マーケットにエントリーすることは非常に危険です。

首相官邸や財務省、日本銀行のホームページを見れば、金融政策の知識を深めることができます。投資初心者こそ、公的機関のリリースを積極的に活用することを考えましょう。

日本取引所グループは市場参加者の資金フローを公開している

市場参加者の資金フローを知ることは、投資家にとって非常に重要な勉強です。日本取引所グループ(JPX)のホームページの中でも、投資部門別売買動向を定期的にチェックしてみましょう。

東京証券取引所(東証)の取引参加者の6割以上は外国人投資家が占めているため、その資金フローは市場のトレンドに大きく影響します。週次の市場参加者の動向をしることで、投資の精度も向上します。

まとめ

投資の勉強をはじめる環境がかつてなく整えられているため、意欲さえあれば誰でも投資の勉強をはじめることができます。

一方でその情報の内容は玉石混交であり、間違った情報や詐欺的な情報に引っかからないように気をつける必要があります。自分の投資レベルに合わせて、リスクを抑えた取引を実現するための知識を身につけることが欠かせません。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。