初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

株の勉強はどこで何をすればいい?

株の勉強はどこで何をすればいい?

株の知識レベル:★★☆☆☆

株式投資は決してギャンブルではありません。株の上がり下がりには必ず理由があります。個人投資家はその理由を知ることが重要と言えるのです。基礎を押さえてしっかり勉強すれば、高い確率でリターンを獲得できます。一方で、どこで何を勉強すれば良いか分からない人も多いでしょう。今回は、株の勉強法とその方法を見てみましょう。

一番の勉強は実際に投資をはじめること

結論から言うと、一番の勉強は自分で株式投資をはじめることです。株主として相場を学ぶのと、そうでないのとでは、得られる知識量に大きな差があります。自分も株式を保有することで、日々の値動きに注目するようになります。保有株の値動きにより、買い時と売り時も考えるでしょう。この値動きを考える作業が株式投資の勉強において最も重要なのです。株の上下動の背景や理由を知ることにより、投資の精度も高まります。また、自身も投資家になることで、利害が直結します。もちろん、勉強の本気度も変わってくるでしょう。本気で相場を学びたいなら、まずは投資家になってみること。金額の大小は問いません。実際に株式投資をはじめることで、真剣に相場に関わるようになります。

日々のマーケットチェックを習慣にする

本気で株を勉強したいのであれば、日々のマーケットチェックは欠かせません。株価は基礎的経済条件(ファンダメンタルズ)に大きく左右されます。株の勉強は市況を知る勉強と言っても過言ではありません。日々のマーケットチェックにより、市況を読む知識を身につけることができます。日々マーケットをチェックしていると、企業決算や重要統計の動向によって、株価が変動することがよく理解できます。それぞれの統計が相場に与える影響や、マーケットへのインパクトを学ぶことで投資の精度も格段に高まります。

投資スクールやメルマガで情報収集するのも手段の一つ

最近では、投資スクールや投資情報を定期的に配信する有料メルマガなども存在します。何から初めて良いかわからないときには、これらを利用することも手段のひとつでしょう。ただ、これらの有料ツールを使うのはあくまで最終手段。銘柄選択はプロのアナリストやファンドマネージャーでも見極めるのは不可能だからです。実際にリスクテイカーとして運用に携わってきた腕利きの講師でも、相場は読み切れないという点に注意する必要があります。

ブログやSNS、証券会社のホームページも有効活用する

インターネットの普及により、ブログやSNSには玉石混交でさまざまな投資情報があふれています。基本的な投資情報であればインターネットから無料で入手することができて、ツイッターで著名なトレーダーをフォローすれば、彼らの投資行動を知ることもできます。また、投資に関する基礎知識であれば、各証券会社に用語解説が掲載されています。上述した、ブログ、ツイッター、証券各社のホームページは無料のツールです。これらを有効活用するだけでも、十分投資の基礎知識を学ぶことができるでしょう。

最低限の金融政策の理解は必要。政府機関のホームページも活用

最低限の金融政策の理解は必要。政府機関のホームページも活用

投資家であれば、最低限金融政策を理解することが必要です。為替や株価は金融政策見合いで推移することも多く、金融政策を分からずして、マーケットにエントリーすることは非常に危険です。日本の主力産業は製造業。輸出関連企業も多く、為替動向にマーケットの動きも左右されます。首相官邸や財務省、日本銀行のホームページを参考にすれば、金融政策の知識を深めることができます。現状の金融政策の動向はもちろんのこと、金融政策がもたらす効果にも言及があります。投資初心者のかたも、日銀のホームページを閲覧することで、金融政策の知識を深めることができます。

日本取引所グループのホームページを見れば市場参加者の資金フローがわかる

ある程度、知識が深まったら、日本取引所グループのホームページを見てみましょう。結論から言うと、投資部門別売買動向を知ることは非常に重要になります。市場参加者の資金フローを知ることは、投資家にとって非常に重要な勉強です。例えば、日本市場の取引参加者の6割以上は外国人投資家が占めています。海外勢の資金フローを知らずして、利益を上げることは不可能です。もちろん、個人の売買動向も重要です。毎週第四営業日に最新データが公表されます。週次の市場参加者の動向をしることで、投資の精度も向上します。

まとめ

以前に比べ、投資の勉強は非常にしやすくなっていると言えます。意向があれば、スクールに通って専門的な勉強をすることも可能です。一方で、ネット上でも非常に多くの情報があふれていることも事実です。証券各社のホームページを見ると、著名アナリスト陣のレポートを無料で見ることもできます。意向に合わせて、自身のスキルアップにつながる勉強方法を選択しましょう。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。