初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

情報を制する者が株式投資を制する?投資家たちはどうやって投資判断をしているのか

情報を制する者が株式投資を制する?投資家たちはどうやって投資判断をしているのか

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

ネットで情報を集めることができる時代になり、個人投資家でもさまざまな情報を投資判断に利用できるようになった反面、手に入る情報が多くなりすぎているのも事実です。株式投資のためには、どんな情報を、いつ、どれくらい入手すれば良いのでしょうか?

今回は、投資家たちがどのようにして必要な情報を集めているのかを見てみましょう。

投資では情報の取捨選択が重要

情報量をどれだけ持っているかで変わる投資判断。景気や企業の先行きを予測できるだけの情報を持つことが株式投資の成否を左右します。

情報を制する者が投資を制するのです。しかし、情報は何でもかんでも集めればいいのではなく、役に立つ情報を仕入れ、それを元に考えることが欠かせません。

個人投資家でもプロが見る情報を集めることができる

かつての機関投資家と個人投資家では、集められる情報の質や量に大きな差がありましたが、ネットの普及により誰でもさまざまな情報をリアルタイムで入手できるようになりました。個人投資家でも機関投資家並みの投資戦略を立てることができるようになったのです。

ここで重要になるのは、どんな情報を集めるかということです。どんなに優れた分析ができる人でも、集める情報の質や量が劣れば投資戦略を立てることはできません。では、どんな情報を集めるべきなのでしょうか?

ポータルサイトや四季報はチェックしておく

株式投資は言わば情報戦。簡単にアクセスできるような情報は最低限手に入れておきましょう。当サイトのような株式投資の情報サイトや、Yahoo!ファイナンスのような投資ポータルサイトはある程度チェックしておきたいところです。

そして、投資家なら会社四季報もいつでも見られる環境にしておくべきです。SBI証券などの証券会社では、口座開設をすることで無料で見ることができます。

投資の掲示板で繰り広げられているウワサや、意味がなさそうな議論を参考にする必要はあまりありませんが、相場環境や他の投資家の考えは把握できるようにしておきましょう。

経済全体の大きな流れをつかむ

マクロ経済の情報も、投資戦略を考える上では欠かせません。日本や世界経済の先行きは、個別企業の株価推移にも少なからず影響を与えるのです。

重要指標はもちろん、官公庁が発表しているデータも必要に応じて有効活用すると良いでしょう。民間企業や団体が公表している情報でも、三鬼商事が定期的に調査・公表している「オフィス空室率」のように、特定の業種で重要視される指標があります。

個別企業の情報は、将来像の推測に役立つ

個別企業の情報収集は必ずするようにしましょう。個人投資家は決算発表だけに気を取られてしまう傾向がありますが、それだけではなく経営計画やニュースリリースにも気を配るようにしましょう。

経営計画には企業の今後の中長期的な展望が書かれていて、ニュースリリースで計画実行のための新製品発表や新規事業への進出などが公表されるため、計画の進捗状況を推測する材料にもなります。

関連が薄そうな情報からの連想力も重要

情報が集まったら、情報を投資判断に活かしていきましょう。景気が上向いていきそうなのか、業界が成長しそうなのか、その企業が勝ち残っていくことができそうなのか判断しましょう。この判断力が投資の成果につながるのです。

投資判断で役に立つのが、肌感覚や連想する力です。個人投資家は、機関投資家やファンドマネージャーのように各企業にインタビューすることはできません。実際に世間の動きを肌で感じて、投資を考えている企業にとって良い状況かどうかを考えるのです。

天気の長期予想から清涼飲料水の売り上げを考えたり、農業関連銘柄の業績を予想したりするのも良いでしょう。結局のところ、株価を動かす要因である企業業績は、日々の人々の動きによってもたらされるのです。

まとめ

投資判断では大量の情報から必要なものをピックアップする必要があります。正しい取捨選択のためにも最低限の情報は必ずチェックし、日常生活の感覚も活かしながら判断することが欠かせません。

初心者のうちはどうすれば良いのかわからないのが当たり前です。意識して情報に接すれば、情報を見極める力も養われてきます。気長に腰を据えて、情報収集力を高めるように努力していきましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。