株の教科書.com

0

資金力がない大学生でも投資はしておいたほうがいい理由

資金力がない大学生でも投資はしておいたほうがいい理由

株の知識レベル:★☆☆☆☆

「大学生には投資はまだ早い」と思っていませんか? 確かに、社会経験がない大学生が株式投資をするのは危険だと考えるのも無理はありません。しかし、大学生が株式投資をすることには、大きなメリットがあります。なぜ、大学生でも投資をしておくべきなのか、また、どうすれば比較的安全に投資をすることができるのかについて解説します。

早く投資をはじめるほど「複利効果」は大きくなる

株式投資などの資産運用では、「複利効果」は無視できない要素です。投資で得た利益をさらに投資に回すことで、成果をより大きくすることができるというものです。早いうちから投資をはじめると、複利効果もとても大きなものになります。10万円投資して、毎年2%の利益を出すことができたとしましょう。30歳から投資を始めた場合、60歳では18.1万円になります。20歳から投資を始めた場合は、60歳で22万円にまで増やすことができます。毎年少しずつ投資資金を積み立てていけば、その差はもっと大きくなります。

資産運用はいつはじめても「初心者」に変わりはない

「社会経験もないうちに投資をはじめてもうまくできるはずはない。危険すぎる」と思う人は少なくないでしょう。しかし、本当にそうでしょうか?30歳から始めれば、始めから株式投資のルールを熟知した上で、失敗しにくくなるのでしょうか? 定年退職してから始めれば、株式投資で必ず大きな利益を出すことができるのでしょうか?株式投資は特殊な世界です。社会経験があればうまくいく保証はありません。はじめは誰もが初心者で、実際に取引をしながら学ぶこともたくさんあります。これは何歳から投資を始めても同じことです。社会人経験を通して政治経済について理解していることは望ましいことですが、そのことが利益に直結するわけではありません。時間に余裕のある大学生の方が、株式投資について勉強する時間が多く、より短い期間で投資家として成長できる可能性もあります。

株式投資に必要な知識は、社会人になった時にも役に立つ

株式投資では、最新の情報に敏感であることが重要です。最新の情報を知らなければ、今後の株価の動きを予測することもできません。そのため、新聞や投資を検討している企業のホームページなどで情報を収集します。ただこれは、ビジネスパーソンとしても必須のことではないでしょうか。景気の動向や、自分が仕事をしている業界の最新情報を仕入れることで、効率よく仕事をしてより大きな成果を出すことができます。政治経済や景気の動向などの情報は、株式投資のために収集した情報をそのまま活用することができて一石二鳥です。学生のうちからこのような情報に敏感であることで、社会人としてスタートダッシュをかけることができるでしょう。

社会人になる前に、就職活動でも役に立つ

さらに、株式投資のために収集した情報は、就職活動でも力を発揮します。就活対策として時事問題に触れておくべきだと言われます。前述の通り、ニュースを知っていることが社会人として必要だからなのですが、その対策のために、就活直前にだけ新聞を読む学生がほとんどです。しかし、それでは付け焼き刃の知識に過ぎません。表面的なことしか知らない学生よりも、株式投資を通じて長い間、深くニュースを読み込んできた学生の方が、面接などでの印象は格段に良くなるでしょう。

資金力がない人でも投資できる環境が整っている

資金力がない大学生でも投資はしておいたほうがいい理由

今では、株式投資を始めるハードルが非常に低くなっています。数十年前のように、何百万円もの資金がないとまともな銘柄が買えないという「株式投資=お金持ちがすること」という投資環境ではありません。1単元あたりの投資金額を引き下げられてきたため、10万円までで買える有名企業・優良企業もたくさんあります。また、インターネットで、コストをかけずに、非常に多くの情報を手に入れることができます。取引のためのツールの充実しており、昔はプロの投資家しか使えなかった機能以上のものが提供されています。

ネット証券を利用して、コスト抑えて投資しよう

このような理由で、大学生でも投資をしておいた方がいいと言えます。ただ、投資資金が少ない大学生は、コストを抑えて投資することも重要です。手数料などのコストが高ければ、1回の取引で出せる利益が少なくなってしまいます。そこで、ネット証券で口座を開設し、売買手数料を抑えましょう。また、NISA口座を使って、税負担を減らすことも重要です。NISA口座での株式売買手数料が安くなるキャンペーンをおこなっている証券会社もあるため、フル活用しましょう。

まとめ

大学生でも投資はしておくべきです。これからの時代、自分の力で資産形成ができるようになることが重要です。しかし、株式投資ばかりにのめりこまないようにし、投資資金も少しだけにとどめておくことが大切です。学生の本分は勉強であることを忘れないで、勉強と投資が両立できるようにしましょう。

大阪でファイナンシャルプランナーとして活動。
資産運用に関する記事やビジネス関連の記事を多数執筆。
総合評価
(0)
Pocket