初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

お金がない大学生こそ投資をはじめるべき3つの理由

お金がない大学生こそ投資をはじめるべき3つの理由

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★☆☆☆☆

社会経験のない大学生が株式投資をするのは危険と言われています。しかし、大学生のうちから株式投資ををはじめることには、いくつかのメリットがあります。

今回は、お金がない大学生こそ株式投資をはじめたほうがよい理由について見てみましょう。

早くはじめるほど「複利効果」が大きくなる

資産形成の一環として株式投資をとらえると、投資で得た利益を再び投資に回すことで利益をより大きくする「複利効果」は無視できない要素です。

期間を長くとるほど複利効果は大きくなるので、早いうちから投資をはじめることは、資産形成の視点からきわめて重要です。

少額でも投資をはじめやすい環境が整った

現在では数万円から10万円程度で投資できる有名企業・優良企業も少なくなく、低コストで分散投資を実現できる投資信託や上場投資信託(ETF)のラインナップも、一昔前と比べて豊富になりました。

ネット専業証券のサービスも対面証券以上に充実してきているので、かつてと比べて株式投資をはじめやすくなっていることも見逃せません。

投資経験は就職活動にも役立つ

株式投資のために収集した情報は、就職活動にも役立ちます。

投資を続けることで社会人に求められる政治・経済ニュースへのアンテナが自然と磨かれるため、面接対策で付け焼き刃でテクニックを身につけるよりも効果的となり、面接の印象が良くなることが期待できます。

知識の仕入れ方を知ることにもつながる

政治・経済などのニュースは、株式投資のために収集したものをそのまま転用できます。学生のうちからニュースに敏感であることは、必然的に知識を手に入れる方法を知ることにつながるのです。

株式投資の経験と知識は社会人生活に役立つ

最新の情報を知らなければ株価を予測することはできず、投資対象なのかも判断できません。

株式投資ではさまざまな媒体から投資を検討している企業に関する情報を収集しますが、これは社会人として必須の素養とも言えます。

いつはじめても「初心者」に変わりはない

株式投資は政治・経済の影響を大きく受ける以上、政治・経済の知識はないよりもあるほうが望ましいものの、知識があれば確実に利益に直結するわけではありません。

仕事に忙しい社会人よりも、むしろ時間に余裕のある大学生の方が、投資について勉強する時間を多く取れて、より短期間で投資家として成長できる可能性すらあるのです。

まとめ

これからの時代、自分の力で資産形成ができるようになることが重要ですが、株式投資ばかりにのめりこまないことが大切です。

学生の本分は勉強であることを忘れず、勉強と投資が両立できるようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。