初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

利益確定はいつがベスト?投資初心者が売りのタイミングを見極めるには

利益確定はいつがベスト?投資初心者が売りのタイミングを見極めるには

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資をしていると、保有銘柄の値動きには一喜一憂するもの。投資で利益を手に入れるには、株価が上がっている状況で売却して利益を確定させる必要があります。

悩ましいのが、利益確定のタイミング。今回は、利食い・利確とも呼ばれる、利益確定に最適なタイミングを見てみましょう。

利益確定に関わる相場格言「利食い千人力」

"どれだけ含み益が出ていても売らなければ利益を得たことにはならない。売って利益を確定することが重要"ということを意味する「利食い千人力」という言葉があります。格言ができるくらい、利益確定は株式投資における大事なポイントなのです。

もう少し待てばさらに株価が上がるかもしれないと期待するのもいいですが、永遠に上昇し続けることはできないため、ある程度の株価をつけたら売却するのが基本となります。

利益確定の大切さを説いた相場格言は少なくない

「利食い千人力」の他の売りに関係する投資格言は数多くあります。「もうはまだなり、まだはもうなり」は、"株価がもっとも高くなったと思ったらまだ上がることもあるし、まだ高くなると思ってもそこが天井かもしれない"ことを意味します。

株式を保有していれば、高値で売りたいと思うことは共通しています。しかし、どこが最高値かは誰も当てることはできません。いつ来るか分からないタイミングを待たずに、頃合いを見て売却して利益を得ることが欠かせないのです。

利益が出る水準で売るためには?

売りのタイミングは利益が出るラインまで値上がりしたときですが、一度上がった株価も売りに出すときには下がっているかもしれません。売りのタイミングを逃したくないなら、自分の希望価格で売り注文を出す指値注文を活用しましょう。

注文を出すときには、値幅制限や注文の有効期限は要確認。一度注文を出したら、注文が成立するまでは間を開けて確認することも欠かせません。

証券会社が提供しているサービスを活用する

指値注文にも注文期限や値幅制限があることはすでに述べましたが、株価を見る習慣がない人が注文のタイミングをつかむにはどうすればいいでしょうか。

証券会社によっては、一定の価格に達した時点で通知メールやアラートを設定できるサービスを提供しています。これらを適切に利用すれば、売りタイミングを逃すことがありません。アラートは株を買うときにも利用することができるのでぜひ活用しましょう。

売るタイミングは何を見れば分かる?

利益確定で売るタイミングを見極めるためには、株価チャートの読み方を覚えましょう。

チャートの読み方を理解して、株式の売り時・買い時が自分でも分かるようになれば、満足できる利益確定もやりやすくなります。チャートの読み方は豊富にありますが、特に有名なのが江戸時代の米相場で編み出された酒田五法(さかたごほう)です。

企業業績のチェックも忘れてはいけない

利益確定できる銘柄は値上がりしている銘柄であり、株価上昇には企業業績の改善が必要です。毎日売買して利益を得る投資スタイルでは、業績はあまり重視されませんが、長期保有してゆっくりと株価が上昇するのを待つスタイルでは、業績に期待できる企業、成長企業を探す必要があります。投資銘柄を新しく探す時には、成長期待の大きい企業を探してみてください。

すでに発表されている業績だけでなく、業績予想や新商品開発等のニュースでも株価が動く可能性があるので、経済全体にも目を配っておきましょう。思わぬニュースで株価が大きく上昇し、大きな利益を得られる可能性もあるかもしれません。

まとめ

短期投資と長期投資のどちらが利益を上げやすいかは、自分の投資スタイルによって変わります。大きな利益を狙いすぎて、売りタイミングを逃すことだけは避けたいものです。

含み益を見て満足することなく、頃合いをみて利益確定をすることを心がけるようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。