初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

初心者が初めて株を買う時はなにを選べばいいの?

初心者が初めて株を買う時はなにを選べばいいの?

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部
記事の難易度:★★☆☆☆

株を買うと言っても、手慣れたトレーダーならともかく、最初の一歩を踏み出そうとしている人にとっては何を買ったらいいかわからない、というのはよくある話です。

もちろん誰でも儲けたいという心理は持っているので、わざわざ値下がりする株を買おうとする人はいません。しかし、株で勝ちたいという気持ちが働くが故に二の足を踏んでしまうのではないでしょうか。今回は最初の株選びのポイントを見てみましょう。

まずは「銘柄」という言葉を覚えよう

「銘柄」は市場で取引される有価証券や商品の総称

株を始める前に少し用語も理解しておく必要があります。株選び、株式選びでも通じない事もありませんが、購入する対象を選ぶ事を「銘柄選び」と言います。

証券会社を通じて、売買取引の対象となる有価証券の名称のこと。株式公開し、証券取引所で売買されている会社の株式を指す。銘柄には、上場銘柄、信用取引銘柄、貸借銘柄、注意銘柄、規制銘柄、マーケットメイク銘柄、オークション銘柄がある。

辞書には上記のように書いてありますが、銘柄は株式市場で取引されている会社の名称が使われています。国内企業であればトヨタやカルビー、海外企業ならAmazon、Facebookといったものになります。

銘柄ごとに設定されている銘柄コード・ティッカーシンボル

また取引のときに国内市場であれば「銘柄コード」、アメリカ市場なら「ティッカーシンボル」という固有の数字やアルファベットが銘柄ごとに割り振られています。実際の取引では、この銘柄コードやティッカーシンボルを使うことは珍しくありません。

はじめての銘柄選び。そのポイントとは

知ってる業界、なじみのある業界や会社を探す。

上場企業だと広告で見かけたり、街中で見かけたりする機会は少なくありません。ある会社の製品が好きだ、この位の軽い気持ちで選んでしまうのも良いのですが、銘柄選びは利益に直結しますので、慎重に選びたいものです。

まずは、勤務先や取引先など、自分が詳しい業界や会社からピックアップすることをお勧めします。業界の動きを肌で感じ取れますし、もしかするとほかの投資家が知らない情報を持ってるかもしれません。

例えば百貨店、小売業などはボーナス商戦の影響を受けます。ボーナス商戦はおおむね7月と12月であることから、そのひと月前から株価は上昇傾向になるかも?と考えることができます。単純な例で拍子抜けするかもしれませんが、値動きの理由がわかる銘柄ほど有利な面が見えてきます。

また、購入時期も業界特有の売り上げ変動や、客数の動向など自分で気付ける要素、雰囲気などを検討要素に加えても良いと思います。ただ幾ら動向が分かると言っても業績が低迷している銘柄は除外したほうが懸命でしょう。

株価をチェックする習慣を身に着けよう

証券会社に口座開設をしてら、すぐに株を買わないといけないわけではありません。はじめての銘柄選びと購入なら、まずは株価をチェックする習慣を身につけるところからスタートしましょう。

ネット証券であれば、そのサイト上でチャートを含めた情報で株価を確認することができますし、大手ポータルサイトでもそうしたサービスは行っています。もし新聞を取っているということであれば、証券面を確認すれば株価を追うことができます。

自分が買おうと思った株は、ある程度の時間をかけて世の中の動向や関連するニュースを確認しながらチャートを追ってみてください。最初は何をやっているのかわからなくとも、株価を追うという習慣は身につくはずです。

どうしても銘柄を選べない・・・そんな時のための銘柄

迷ったときには「市場全体」を購入する

先述の通り、株の売買は株式を公開している会社の銘柄を購入すると述べました。数千ある企業から選ぶわけですから、業界に差があれ、どれがもうかっていて、どこが損をしているのか、なかなか見えてこないこともあります。

しかしあなたの理解に関わらず、市場は常に動いています。そんな市場全体(正確には違いますが、後ほど説明いたします)の指標として参考になるのが、「日経平均」です。毎日のニュースや新聞で「今日の日経平均は~」という感じで報道されているのを見聞きしていない人はいないでしょう。

日経平均は、正確に言えば東京証券取引所(東証)第一部に上場する銘柄のうち、流動性の高い225銘柄をピックアップして選んだ指標です。市場に影響を大きく与えている銘柄を集めて出した指標、と考えてもいいかもしれません。

日経平均を買う「インデックスファンド」

実はこの日経平均は、投資信託を活用して買うことができます。株価指標は景気の良い・悪いに影響されて値動きするので、わざわざ一企業のことを考える必要はなく、全体を見通して投資できるのです。
日経平均に連動する値動きをする投資し信託は数多く販売されていますが、主な投資信託としては

  • eMAXIS(三菱UFJ国際投信)
  • Funds-i(野村アセットマネジメント)
  • SMT(三井住友トラスト・アセットマネジメント)
  • 購入・換金手数料なしシリーズ(ニッセイアセットマネジメント)
  • iFree(大和証券投資信託委託)
  • たわらノーロード(アセットマネジメントOne)
  • smart-i(りそなアセットマネジメント)

など、低コストで売買できるインデックスファンドシリーズが多数販売されています。

個々の銘柄の値動きの予測は簡単ではありませんが、日経平均の値動きに連動するインデックスファンドであれば、大まかな値動きで高いのか低いのかで購入の判断ができます。

まとめ

はじめての株取引のときには、自分が詳しい業界や会社などからピックアップした上で、業績が把握しやすい銘柄を選ぶことがポイントとなります。
また、得意とする業界や会社がなく、決め手を欠くときには、日本経済の値動きに連動する「日経平均」に連動するインデックスファンドを購入するのも選択肢の1つです。

» 初心者にもわかる株の買い方

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。