初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

レンジ相場とは?株価の動きからトレンドシグナルを見つけよう

レンジ相場とは?

株の知識レベル:★★★☆☆

マーケットの形成にも様々な種類が存在します。狭い値動きに終始するレンジ相場もあれば、一方向の値動きに終始するトレンド相場もあります。さらには、政策期待相場、業績相場等様々なマーケットトレンドが存在します。

ここからは、レンジ相場にフォーカスして、知っておきたいポイントと、その特徴について確認していければと思います。

レンジ相場とはボックス相場とイコール。

そもそも、レンジ相場とはどのようなマーケットのことを示唆するのでしょうか。結論から言うと、ある一定範囲内での値動きに終始する相場を言います。つまり、レンジ相場とボックス相場はイコールなのです。

レンジ相場とはすなわち、ボックス圏での値動きに終始するマーケットのことを言います。ローソク足の陰線と陽線が交互に出現し、持ち合いの様相を呈している相場のことを示唆します。まずは、レンジ相場が持つ、そもそもの意味について確認しておきましょう。

レンジ相場は、判断に迷う投資家心理の表れ。

基本的に、レンジの幅が狭ければ狭いほど、投資家が判断に迷っている状況を示唆します。レンジの幅が狭いと言うことは、商いが活発に行われていない証拠です。つまり、市場参加者が少ない状況です。

あまりにも、ボックスのレンジが狭い場合は、新たな投資を行なわない方が無難と言えるでしょう。特に、ビッグイベントやFRB議長等の要人の発言を控えた前には、このようなボックス相場を形成する可能性が高いと言えます。

レンジ相場の裏付けを行う際には、重要イベントのタイムテーブルを確認することも重要です。

レンジ相場は、下限でのエントリーが鉄則。

上述したように、あまりにもレンジが狭い場合は除きますが、基本的には、ボックスの下限で買い注文を入れることがセオリーです。結論から言うと、出来高が急激に減っていない場合は、ボックスの下限で買いに行っても問題ないでしょう。出来高がそれなりにあるということは、市場参加者がそれなりにいることの表れなのです。

マーケットで活発に売買が行われ、マーケットにエネルギーがある状態であれば、たとえ下値で買いに行っても反発する可能性は十分にあります。よって、レンジ相場では下限で購入することが鉄則と言えるのです。

出来高を伴いボックスの上限を上抜けた場合は上昇シグナル。

ここからは、ボックスの上限付近での値動きについて確認して行きましょう。基本的に、出来高を伴いボックスの上限を上抜けた場合は、上昇トレンド入りと考えることが出来ます。レンジ相場とは、ボックス圏での値動きに終始する相場のことでした。

つまり、レンジ相場の形成期間は、ボックスの上限越えにチャレンジするものの、ことごとく抵抗線に跳ね返らされてきた状況を意味するのです。

この抵抗線を出来高を伴って上抜けると言うことは、マーケットのトレンドが変わる強力なシグナルになるのです。よって、ボックス上限の上抜けは、上昇シグナルと捉えることが出来るのです。

レンジ相場の代表格は三角持ち合い。

レンジ相場の代表格は三角持ち合い。

レンジ相場とは、広義の意味で持ち合い相場と言うことも出来ます。このことは、上述した通りです。ここからは、持ち合い相場の代表格である、三角持ち合いについて確認して行ければと思います。

三角持ち合いとは、その名の通り、相場の進行方向に三角形を形成するマーケットを言います。日が進むにつれ、値動きがどんどん少なくなって行く状況ですね。

三角持ち合いの終盤では、ほとんど値動きがなくなってしまいます。まずは、三角持ち合いの形をイメージ出来るようになることが重要です。

持ち合いを上放れれば上昇、下放れれば下落トレンド。

結論から言うと、三角持ち合い後の値動きが非常に重要です。持ち合いの終盤で、もみ合い状態から上放れれば上昇トレンド、一方で、下放れれば下落トレンド入りのシグナルと言うことが出来ます。

商いが細っていた状態から、急激にトレンドが形成される状態ですから、投資家心理もいずれかの方向に向かい出すきっかけになると言えるのです。よって、三角持ち合い後の値動きは、強力なトレンドシグナルとして重宝されています。

チャートの形状も非常にわかりやすく、初心者でも使いやすいテクニカル分析です。こちらも、レンジ相場で知っておくべきポイントのひとつと言えるでしょう。

まとめ

レンジ相場は、特徴もわかりやすく、値動きも比較的少ないため、投資初心者にもエントリーしやすいマーケットです。唯一注意しなければならない点は、トレンドの転換点です。つまり、ボックスの下限と上限付近での値動きです。下限を下抜ければ、下落トレンドの入り口になりやすい点は再確認しておきましょう。

また、ボックスの上限を上抜けられなかった場合にも注意が必要です。レジスタンスラインを超えられなかった訳ですから、買いのエネルギーが少なかったことを示唆します。このような局面では、機動的な投資判断が下せるように準備しておきましょう。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。