初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

差金決済取引(CFD)はどういった取引のことなの?

差金決済取引(CFD)はどういった取引のことなの?

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★★☆

株式投資の投資方法の一つに、差金決済取引(CFD)があります。CFDとはどのような投資方法なのでしょうか?誰でも簡単にできるものか、リスクはあるのかも気になるところです。

今回は、CFDがどのようなものなのか、その内容を見てみましょう。

少ない資金で始められる差金決済取引(CFD)

通常の株式取引(現物取引)で100万円分の株式を購入するときには、証券口座に100万円入金してから注文を出します。当然、注文するときには100万円プラス手数料を必ず証券会社の口座に入金しておく必要があり、資金がなければ注文を出すこともできません。

ですが、差金決済取引(CFD)で取引をするとしたら、必要資金の100万円を全額自分で準備する必要がなくなります。その秘密は、CFDの特徴である「レバレッジ」を生かして取引できるという点が大きく関係しています。

レバレッジ効果を活用するCFD

「レバレッジ」とは「てこ」のことです。レバレッジがあるからこそ、自己資金以上の取引が可能になります。レバレッジ取引では、契約者は証券会社に証拠金を差し入れることで、証拠金の数倍の注文を取引できるようになります。

証拠金の何倍まで取引できるかは証券会社によって違いますが、CFDでは証拠金の数十倍から数百倍の金額が取引できるのが魅力です。また、CFDは現物取引と違って売り取引から入ることもできるので、取引の幅を広げることができます。

CFDと信用取引の違いとは?

「証拠金の数倍の注文を出せる」「売り取引から入ることができる」と聞くと、「信用取引」と同じではないか?と思われます。しかし、CFDと信用取引は似て異なるものです。どのような点が違うのかを見てみましょう。

一点目は、CFDには決済の期限がないことです。取引所が認めた銘柄が対象の制度信用取引では、6カ月以内の反対売買が必要となります。これに対してCFDでは、反対売買をしないといけないという制限は設けていません。(※一部、決済期限を設けている取引もあります。)

また、急激な値動きで許容範囲を大幅に超える損失が予想されるときには、証券会社の独自基準により、ロスカット(損切り)が実行されることもあります。

レバレッジの余裕が大きい

二点目は、レバレッジについてです。信用取引では証拠金の3倍までの取引ができますが、CFDでは証拠金の数十倍から数百倍の金額を取引することができます。また、信用取引で発生することがある調達コスト(逆日歩)がないこともCFDの魅力として数えられます。

CFD取引は全ての商品でできる?

レバレッジ効果により必要な自己資金が少なくて済むCFDですが、CFDはどの銘柄でも取引可能というものではありません。取扱商品や銘柄が限られているだけではなく、どの商品・銘柄を扱っているかは、証券会社によって違います。普段利用している証券会社で取引した商品・銘柄を扱っていないという場合もあり得るので気を付けましょう。

証券会社によってCFDの取扱量は数銘柄から数千銘柄まで大きく違い、取引したい銘柄の取り扱いがあるかは事前に確認したいポイントです。

CFD取引の口座開設に必要なものとは

CFD取引をはじめるためには専用口座の開設が必要であり、口座開設には一定額以上の金融資産や年齢制限、過去の取引経験などの条件があります。

比較的開設しやすい現物株式の口座開設とは違ってハードルが高くなりますが、自己資金以上の取引をすることになりますので、当然かもしれません。

まとめ

CFDがどのような取引なのか、お分かりいただけましたでしょうか?証券会社が誰にでも積極的にお勧めしている取引方法というわけではなく、あまり身近に感じられないかもしれません。とはいえ、このような取引も市場動向に影響を及ぼす場合があります。

企業に材料がないのに急激な株価変動があったという時は、CFD取引も影響しているのかもしれません。さまざまな取引方法があることを覚えて、投資判断に生かすようにしてみてはいかがでしょうか?

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。