初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株式数比例配分方式ってどんな受取方法?

株式数比例配分方式ってどんな受取方法?

西岡容子
西岡容子
記事の難易度:★★★☆☆

現在、投資家が保有する上場株式などの配当金は、「株式数比例配分方式」「登録配当金受領口座方式」「配当領収書による受取方式」「個別銘柄指定方式」といった受け取り方法から選択できるようになっています。
では、株式数比例配分方式とはどんなものか、その他の受取方法の概要、そして株式数比例配分方式を利用した場合の特典などを確認してみましょう。

配当金の受け取り方法「株式数比例配分方式」

平成21年1月の「株券電子化」により、株式配当金の受取方法が選べるようになりました。その中の一つが「株式数比例配分方式」です。

株式数比例配分方式は複数の証券会社に銘柄を保有していても、それぞれの保有株式数に応じて各証券会社に配当金が入金されます。

株券を管理する「証券保管振替機構(ほふり)」

株式数比例配分方式では、証券会社から証券保管振替機構(ほふり)に連絡され、証券保管振替機構から発行会社・信託銀行に通知が行くという流れになります。

株券の名義自体は「証券保管振替機構」の名義ですが、ほふりが作成する台帳で、この銘柄の株券〇株は〇〇という株主のものである、という管理がされています。実際に会社に対する株主総会の出席権や株主優待を受ける権利などは、ほふりではなくその銘柄を購入した投資家が持つことになります。

その他の受取方法はどんなものがある?

株式数比例配分方式以外の配当金の受取方法には、「登録配当金受領口座方式」および「配当領収書による受取方式」「個別銘柄指定方式」(これら2つをまとめて「従来方式」という)があります。配当金の受取方法について何も指定していない場合、基本的に「配当領収書による受取方式」に自動設定されることが普通です。

「登録配当金受領口座方式」は、すべての配当金を一括して指摘した金融機関で受領する方法です。ただ、この方式ではゆうちょ銀行を受取口座に指定することはできません。ゆうちょ銀行または郵便局で受け取るときには、「配当領収書による受取方式」を選ぶことになります。この方式は「領収書」を持参してそれと引き換えに配当金を受領する方法です。

「個別銘柄指定方式」は、株式を発行した会社に対して保有銘柄ごとに金融機関を指定して受領する方式です。こちらも、銘柄によりゆうちょ銀行を受取口座として指定できない場合があります。

それぞれの方式にメリットがある

「登録配当金受領口座方式」であれば、すべての配当金をまとめて管理できるので確認・利用がしやすくなります。「配当領収書による受取方式」は郵便局が全国どこにでもあるという点に利便性を感じる人もいるでしょう。

また、「個別銘柄指定方式」は配当金を銘柄別に把握しておきたい人にとっては望ましい方法といえます。

非課税で配当金を受け取れるのは株式数比例配分方式

株式数比例配分方式と他の方式においては決定的に違うのが「税金」の面です。少額投資非課税制度(NISA)の非課税口座で取引した株式については、唯一「株式数比例配分方式」だけが非課税で配当金を受け取れることになります。その他の方式では通常の取引と同様に損益は課税対象になるため、実際の手取り額にかなりの差が出てきます。

他の方法を選択している場合でも変更できる

もし、NISA口座を持っている人が「株式数比例配分方式を使えば非課税で配当金が受け取れる」ことを知らなかった場合でも、後から受取方法の変更ができます。証券会社には配当金や株主の権利を確定する基準となる権利確定日が設定されているので、その日までに他の方法から株式数比例配分方式に変更の手続きをすればよいのです。

まとめ

株式投資の魅力である配当金は、自動的に振り込まれる方が楽でよい、自分で郵便局に受取に行って現金でもらいたい、銘柄ごとに管理したいなどニーズによって受け取り方はさまざまあるため、豊富な受け取り方法が設定されています。

受け取り方法によってはせっかくの非課税の恩恵もなくなってしまうので、その違いには十分に注意しましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。