初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

確定拠出年金はどんな商品を運用できる?

確定拠出年金はどんな商品を運用できる?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

個人型確定拠出年金(iDeCo)は2017年1月から20歳以上60歳未満の成人なら、原則誰でも加入できるようになりました。話を聞いて運用を開始したいものの、どのような商品に投資できるのか分からない人もいるでしょう。

今回は、iDeCoでの投資可能商品と、ポートフォリオを作成するときのヒントについて確認してみましょう。

資産運用を強力にサポートする「iDeCo」

運用結果次第で受取額が増減するiDeCo

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは、現役時代に掛け金を確定して納めて、その資金を運用し損益が反映されたものを老後の受給額として受け取る仕組みです。

積立投資を低コストで実現できる仕組みであり、運用対象となる商品は、各金融機関が用意してあるラインナップに限られます。このラインナップから、資金の拠出先を選ぶ訳です。

では、どのようなラインナップが用意されているのでしょうか。具体的に確認して行きましょう。

iDeCoの投資対象となる資産は幅広い

iDeCo加入時に選択できる商品ラインナップは、株式や債券といった資産クラスはもちろん、国内外など投資対象の地域もさまざまであり、その組み合わせ(ポートフォリオ)は実に幅広いものになります。

例えば、株式メインに投資をするファンド一つとっても、海外株式ファンドもあれば、国内株式ファンドも存在します。積極的にリスクをとって上値を追いたい方は、新興国株ファンドに投資するのもいいでしょう。もちろん割安(バリュー)株に投資するファンドや成長(グロース)株を積極的に運用するファンドも存在します。

自身の目標とするリターンを得るための“ツール”はそろっていると言えるでしょう。

各金融機関によって取り扱いファンドが異なる

ラインナップから金融機関を選ぶ

iDeCoを利用する際の注意点は、各金融機関が持つ商品ラインナップが異なることです。あらかじめ、自身が投資したい商品に目星をつけてから金融機関を選ぶことをおすすめします。iDeCoを運用する金融機関の変更もできますが、煩雑な手続きがともないます。

また、ファンドに投資すると言うことは、信託報酬も掛かってきます。信託報酬も商品によって違うので、金融機関を選ぶときには、信託報酬は必ず意識したいポイントと言えるでしょう。

運用にかかる各種コストにも注意する

商品ごとに信託報酬が異なるのは上述した通りですが、iDeCoを運用するときにはこのほかにもさまざまなコストがかかります。iDeCoは一度契約すると、60歳まで原則引き出し不可。つまり、これらの費用についても60歳まで払い続けることになるのです。

商品ラインナップのみならず、コスト面にも注意して、金融機関選びをする必要があるのです。

商品選びのヒント。安全性を高めたければ債券で固める

リスクを抑えた運用は債券が肝心

ここからは各商品の有効活用法について確認して行きましょう。

将来自分が受け取る年金資金ですから、できるだけ安全な運用を心がけたいと考える方も多いでしょう。ポートフォリオの安全性を高めるためには、債券の割合を高めることが肝心です。債券は基本的に安全資産と定義されますが、為替リスクをともなう外国債はリスクが高いため、国内債券を中心に運用しましょう。

iDeCoのファンドの中には、新興国債に投資するエマージングファンドもあります。高利回り債券への投資は非常に魅力的ですが、基準価額の下落リスクがあることも事実。安全性を高めたければ、このような新興国債券に投資するファンドよりも先進国債券に投資するファンドを選ぶことが大切です。

上値を狙う場合には、新興国の株式ファンドへ投資する

iDeCoにおける運用責任者(ファンドマネージャー)は投資家自身です。通常の年金基金の運用ではありえないポートフォリオを作れるのも魅力の一つ。

金融機関によっては、ハイリスク・ハイリターンな新興国株式に投資するファンドを取り扱っていることも。ハイリターンを目指すのであれば、積極的にこれらのファンドに投資する必要があります。自身の目標とする投資リターンに則したポートフォリオ作りができるのもiDeCoの大きな魅力です。

おわりに

iDeCo利用時には各金融機関で投資可能な商品ラインナップを確認することが必要不可欠です。加入前に、自身の目標とする投資リターンを定める必要があります。

基本的に、iDeCo契約後の金融機関の変更は避ける方が無難です。煩雑な手続きが伴い、一定の労力を伴います。自身が投資したいファンドのラインナップがあるのかどうか。それを認識した上で、金融機関を決定しましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。