初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

THEO(テオ)はどんなロボアドバイザー?WealthNaviとの違いも

THEO(テオ)はどんなロボアドバイザー?WealthNaviとの違いも

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

自動で投資先を決定し、売買を行ってくれるロボットアドバイザー忙しくて市況を見る時間が取れない、投資のことは何も分からないという人にとても便利な投資ツールです。

しかし、どのような商品に投資するのか、また他のロボットアドバイザーサービスとの違いなど、気になる点は多くあります。

今回はこのロボットアドバイザーサービスの1つ「THEO(テオ)」について詳しくご紹介します。今は投資をしていないけれど、今後やってみたいと考える人はぜひ参考にしてください。

THEOで実現!ほったらかし投資で利益を得る

従来、個人投資家が投資を行う際、自分で投資先を決めて資金を投入する方法しかありませんでした。

しかしロボットアドバイザーを使ったTHEOなら自動で投資先を決定、その後の売買まで自動で行ってくれるのです。そのため、投資家が「商品Aに10万円、商品Bに20万円」などポートフォリオを決める必要もありません。

リスク回避のためには分散投資が良いとは知っていても、実行するのは非常に難しいものです。そこで、THEOを利用することにより理想的な分散投資が可能になるのです。

分散投資といえば、証券会社に出向き、投資アドバイザーと相談して投資先を決めるという方法があります。しかし、人間が判断するとどうしても感情が入り、冷静な判断ができない場合があります。その点、ロボットアドバイザーを使うと感情が入らないため、公平に分散投資ができるというわけなのです。

なぜ長期分散投資をおすすめするのか?

なぜ長期分散投資をおすすめするのか?

短期間で売買を繰り返して利益を取るスタイルだけが「投資」と思っているのなら、それは間違いです。THEOでは長期分散投資をおすすめしています。

「給与が出たら○万円を定期預金に回す」という人も多いでしょう。しかし、現在の日本は超低金利状態です。現状では銀行口座に何十年置いていてもほとんど増えることはないと予想されます。

しかし、世界に目を向けてみると違います。まだまだ金利が高い国はたくさんあるのです。また、現在も株価が上昇している国があります。万が一、将来それらの国が低金利・低株価状態に陥ったとしても、日本が高金利・高株価に転じる可能性があるでしょう。

グローバル社会では、1つの国に全てを預けてしまうと高いリスクを負ってしまいます。そのため、国際的な分散投資をおすすめしているのです。

そして、リスクが軽減されることも長期投資の利点です。短期的に市場を見ると、どうしても上下がありますので、その結果に一喜一憂してしまいます。しかし10年ほどの長いスパンで見ると、成長銘柄に投資している場合、値上がりしている可能性が非常に高くなります。

THEOはロボットアドバイザーが自動的に成長の期待できる商品を探し売買してくれるため、長期投資に最適なツールといえます。

THEOを始めるには?

THEOの始め方は非常に簡単です。公式サイトから申し込みができます。口座開設後、運用開始となりますが、運用方針については「THEOにおまかせ」と「自分でカスタマイズ」の2通りから選べます。

「THEOにおまかせ」を選ぶと、投資家の年齢等からTHEOが最適な方針を決め運用してくれます。「自分でカスタマイズ」を選ぶと、投資家自身で運用方針を設定しなくてはいけません。自分の選択眼に自信がない、投資の勉強をまだ始めていないという人は「THEOにおまかせ」を選ぶと良いでしょう。

THEOはいくらから始められる?

THEOは1万円から始めることができます。また、積み立て投資も行えます。こちらも1万円から1,000円単位で可能です。毎月定期的に預貯金をしている人ならば抵抗ない金額なのではないでしょうか。

ロボットアドバイザーの運用というと、比較的高額で行うものというイメージもあったと思いますが、THEOは1万円からのため、申し込みのハードルも非常に低く感じることでしょう。

THEOとWealthNaviの違いとは?

THEOとWealthNaviの違いとは?

ロボットアドバイザーでの運用といえば、THEOの他にもWealthNaviがあります。この2つのサービスに何か違いがあるのでしょうか。

まず、最低投資額はTHEOが1万円からに対し、WealthNaviは10万円からです。なお、積み立てに関しては両社とも1万円からとなっています。

運用方針決定までのプロセスにも違いがあります。両社とも年齢等いくつかの質問に答える必要がありますが、WealthNaviの方が「株価が下がった時どういう行動をとるか」等の少し高度な設問があります。投資を全くしたことがない人にはTHEOの質問の方が答えやすいかと思われます。

ただTHEOにも、ある程度自分で運用方針をコントロールできる「自分でカスタマイズ」という選択肢も用意されていますので、投資に慣れた人でもTHEOに物足りなさを感じることはないでしょう。

まとめ

ロボットアドバイザーを使った投資は投資経験者から初心者まで広がっていくことが予想されます。自分が考えもつかなかった成長分野に投資できるのも魅力です。

投資先に迷っている、どのように分散投資していいか分からないという場合はTHEOなどロボットアドバイザーでの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。