初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

テクニカル分析とは?過去の値動きから先行きを判断する方法

テクニカル分析とは?過去の値動きから先行きを判断する方法

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

投資手法は大きくマーケット環境や企業業績、あるいは需給、基礎的経済条件(ファンダメンタルズ)をベースに分析を進める「ファンダメンタルズ分析」と、主にチャートの形状から投資判断を下す「テクニカル分析」に分けられます。どちらの手法も投資判断には有効ですが、短期取引を主体とする投資家にとって役立つのがテクニカル分析です。

今回は、テクニカル分析について押さえておきたい基礎知識を見てみましょう。

テクニカル分析は短期取引向き

テクニカル分析は、基本的には過去の経験則をもとに、チャートの形状をみて短期の先行きを判断するのに向く分析手法です。

長期投資でもテクニカル分析を活用することはありますが、期間が長いほどマーケットイベントも多くなり、テクニカル分析だけでは長期投資は語りにくくなります。過去の経験則より、その時々の個別材料に株価が左右されるケースが多いことから、短期取引に向いていると言われています。

出来高を確認すれば、よりテクニカル分析の精度が上がる

短期投資で重要なことは、その銘柄における「出来高」を把握することです。「出来高」とは、その銘柄の取引がどの程度行われたかを測るための指標であり、その銘柄がもつエネルギーを知ることができるのです。

株価の値上がりは資金流入なくして起こらないため、出来高に乏しい銘柄は株価上昇の可能性も低いのです。テクニカル分析と合わせて時系列で投資したい銘柄の出来高を確認することで、さらなる効果が期待できるのです。

一目均衡表と移動平均線は最低限理解すべし

テクニカル分析を利用するのであれば、利用頻度の高い指標である「一目均衡表」と「移動平均線は抑えておきたいポイント。この二つを理解することで、実際に投資をする際の分析の精度も格段に向上します。

一目均衡表は時間の概念を導入。移動平均線はEMA利用がおすすめ

一目均衡表で重要な判断材料は雲。先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分のことを言います。強気相場であれば、ローソク足は雲の上にできて、雲の上限が先行スパン1、下限が先行スパン2の形になります。逆に、弱気相場のときはローソク足が雲の下に存在します。先行スパン2が上限、先行スパン1が下限の形になります。すなわち雲は抵抗帯であり、トレンドのサインとして活用できるのです。

次に移動平均線を見てみましょう。移動平均線には採録する期間によりさまざまな種類がありますが、主に使用されるのは25日平均線と75日平均線です。より長期のトレンドを把握したい場合には、200日移動平均線が利用されます。

また、指数平滑移動平均線(EMA)も非常に有用なテクニカル指標の一つです。ダマしであるケースもありますが、直近のトレンドにビビッドに反応してくれます。

過度にテクニカル分析を信用するのは禁物

投資判断においてテクニカル分析は非常に重要な判断材料ですが、頼りすぎてしまうのも危険です。

テクニカル分析はチャートの形状で判断する投資手法であり、ファンダメンタルズによる裏付けはないのです。過去の経験則をメインに先行きを判断する予想法なので、過度に信用することは避けるべきでしょう。

ファンダメンタルズ分析も織り交ぜて投資精度を高める

一般的に、株価を決める最大のファクターは業績であり、企業や銘柄の決算動向。つまり、ファンダメンタルズを知ることが投資の大前提となります。

仕手筋が手を出している仕手株であれば、わざと悪材料を出た企業を買って、株価を吊り上げるケースもありますが、投資初心者はこのようなリスクの高い銘柄は避けるべきです。

ファンダメンタルズがしっかりしている企業に投資をする。その上で、テクニカル分析を織り交ぜる。このように取引を行うことで、投資のリターンは格段に向上することが期待できます。

まとめ

テクニカル分析は、株式投資において欠かせない判断材料です。特に、短期取引主体に投資を行う際には、テクニカル投資をメインに行うべきです。

また、テクニカル分析だけに頼り切らず、ファンダメンタルズ分析を併用することも考慮しましょう。テクニカルは盤石なファンダメンタルズがあってこそ、その機能を発揮するのです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。