初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

金利スワップとか通貨スワップとか…。そもそもスワップってなんだ?

金利スワップとか通貨スワップとか…。そもそもスワップってなんだ?

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★★☆

株式に限らず金融取引全般で使われている取引で、どちらかというと企業や機関投資家が使う手法に、「スワップ取引」というものがあります。企業や機関投資家がスワップ取引を活用してどのような取引をしているかを知ると、今後の経済の動きや株式の動きも分かるかもしれません。

今回は、個人投資家にはあまりなじみのないスワップ取引と、その根幹となるスワップについて見てみましょう。

金融派生商品(デリバティブ)取引について

まず、金利や為替など金融派生商品(デリバティブ)を取引するデリバティブ取引から見ていきましょう。デリバティブ取引は「店頭デリバティブ」と市場で取引される「市場デリバティブ」がありますが、日本では「店頭デリバティブ」が主流を占めています。

主な店頭デリバティブの種類には、メジャーなデリバティブである金利デリバティブやクレジットデリバティブ、為替デリバティブと、マイナーなコモディティデリバティブやエクイティデリバティブ、天候・災害デリバティブなどがあります。

デリバティブ取引とスワップ取引の関係

デリバティブ取引で使われる手法の一つが、スワップ取引です。スワップ取引の中から、エクイティデリバティブに注目してみると、金融機関(投資家)と証券会社が変動金利と株価指数のパフォーマンスを交換する「エクイティスワップ」という取引が中心となります。

このような取引は、株式は取得しないけれど株式の値上がり益を得たい時に活発になります。

代表的なスワップの種類「金利スワップ」

「金利スワップ」はスワップ取引の中でも代表的なものですが、具体的にどのような取引になるのでしょうか。

例えば、固定金利で借入金の金利を払っているA社と、変動金利で借入金の金利を払っているB社があったとします。借り入れ契約の後にA社は変動金利にした方が得をする、B社は固定金利にした方が得をすると考えを変えても、契約を変更することはできません。そのような時に金利スワップを利用するのです。

A社の固定金利部分とB社の変動金利部分を交換(スワップ)して、A社が「B社の変動金利部分」、B社が「A社の固定金利部分」を支払うという契約を結びます。これが「金利スワップ」です。

代表的なスワップの種類「通貨スワップ」

「通貨スワップ」は異なる通貨同士でする取引です。金利スワップと違うのは、金利スワップが金利部分のみを交換するのに対し、通貨スワップでは元本部分も交換するところです。

例えば、ある企業が外国通貨建て社債を発行したときには、数年後の為替レートが大幅に円安・もしくは円高に振れることがリスクがあります。償還時の為替レートで投資家に返済する金額の見通しを立てることができません。通貨スワップを利用して、金利部分・元本部分を円建てに交換することで、将来の償還金額がいくらになるかが確定でき、見通しが立てやすくなるというわけです。

スワップ取引と一般の人の運用との関連性

金融機関や企業のスワップ取引の話を聞いていると、一般の人とはあまり関係がないと思われがちですが、実は身近な金融商品にもスワップ取引は利用されています。

例えば、社会人の大多数が加入している保険は、毎月・毎年支払っている保険料はそのままプールされているわけではなく、保険料を使って、株式や社債・国債等で運用しています。これは企業も同様であり、さらに運転資金として金融機関から借り入れをしています。

運用にも借り入れにもリスクが付きものです。もし失敗して大損失を出したとしたら、お金を預けている、もしくは株式投資をしている一般の人も損失を被る可能性も否定できません。そのため、リスク回避のためにスワップ取引をするのです。

スワップ取引の動向をどこで知る?

企業がどのようなスワップ取引をしているかを調べるには、各企業が公開している開示情報を参照することになります。

中でももっとも分かりやすく開示しているのが保険会社です。保険会社では定期的に運用報告書を作成しており、そこにスワップ取引の状況を記載していることがあります。かなり細かく読み込まなくてはいけませんが、運用報告は公開されていますので、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

まとめ

スワップ取引がどのようなものか、そして企業がどうして利用するのかがお分かりいただけたかと思います。直接的に一般の人には関係ないと思われるでしょうが、私たちが預けた、もしくは投資したお金がどのように運用されているかを知るのは大事なことではないでしょうか。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。