初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
よく聞く言葉「ストップ高・ストップ安」の意味を知っておこう

よく聞く言葉「ストップ高・ストップ安」の意味を知っておこう

土居 亮規
このエントリーをはてなブックマークに追加
株の知識レベル:★★☆☆☆

日本の株式市場において「ストップ高」「ストップ安」という言葉をよく聞きます。これらはマーケットの安定および投機の防止につながっています。

今回はストップ高とストップ安の2つの概念について紹介します。(※株価に関する見解および見識は相場の商況および概況によって変わるため、価格変動分析に関してはあくまで参考程度にとどめるようにしてください。)

「ストップ高」と「ストップ安」の基本的概念

「ストップ高」と「ストップ安」の基本的概念

日本の株式市場には「日中の取引制限価格帯」というものがあります。

1日のうちに「A銘柄は◯円まで下がったら(◯円まで上がったら)その日の取引を停止し、売買できないようにする」というように制限を設けていて、上値で取引が終わった状況を「ストップ高」、下値で取引が止まった状況を「ストップ安」と呼びます。

これは、日中の価格変動幅を限定し、急変に歯止めをかけるためです。例えば、恐慌などで株式の投げ売りが始まった場合、ストップ安が存在しないと「1日で株価が一気に落ち続けること」になります。

ストップ安を設定することにより一定範囲で下げ止まりが発生し、その間に政府・中央銀行などが「市場に対する対策」を行う時間を稼ぐことができます。ストップ安はマーケットの安定化のために取引制限価格帯が設定されています。

「値幅制限」はスタンダードではない

日本の株式市場においてはこういった値幅制限の導入により株価の安定が図られていますが、アメリカやイギリス・ドイツなどの先進国には、このような値幅制限は無く、「ストップ高・ストップ安」といった概念も存在しません。

そのため、金融危機が発生した場合は株価が一気に下落し、それが世界的規模につながることが問題視されています。

値幅制限を導入していない国では「制度の導入により、公平な価格決定機能をゆがめるのは害悪である」という見解もあり、一概にどちらが正しいと判断するのは難しいのです。

ストップ高はなぜ発生するのか?

ストップ高は、何らかの画期的開発などにより業績が「市場想定以上」に上がる見込みがあり、注目された場合に発生します。株価が高値どまりする=買われている、という状態であり、基本的にポジティブな反応ととらえて良いでしょう。

ただし、「ストップ高=よい要因があった」とはいえない状況もあります。例えば、市場で売買されている株式数が少ない新興市場銘柄の場合、「仕手筋」が買いをいれて株価をつり上げ、それにつられた素人が購入したところで売却する、といった取引を行うことがあります。

こういった行為を少し古い証券用語で「提灯をつける」と呼び、こういった動きが発生する銘柄を「仕手銘柄」と呼びます。もちろん株価操縦は違法行為ですので罰則が発生しますが、厳密に取り締まるのが難しく、今日までこういった悪習が残っています。

「ストップ高」で損をしないための方法

このような状況に対応できるよう、ストップ高が発生した場合は「なぜ株価が上がっているのか」というニュース元を収集するようにしましょう。

もし情報がないのにストップ高が発生しているのであれば、それは「仕手」による仕掛けか、ITバブルのように「◯◯銘柄だから上がる!」という一過性のパターンである可能性が高いです。急激な価格変動に踊らされず、変動が大きいときにこそ冷静な判断を下しましょう。

ストップ安の解説と発生要因

ストップ安の解説と発生要因

ストップ安は株式が売られている状態、つまり何らかのネガティブな要因が発生したときの反応です。

発生する主な理由としては、事故や訴訟、もしくは急速な業績悪化・見通しの下方修正などが挙げられます。「ストップ安銘柄=ネガティブ銘柄」ととらえて問題ありません。

また、株式には「空売り」と呼ばれる、株価が下がることで利益が上がる取引が存在します。空売りを仕掛けられることにより、相対的に株価がどんどん下がり、さらにそれを見た保有者が株式を売る、という悪循環も発生します。

そのため、ストップ安は長期化することも多く、もし保有銘柄がストップ安になった場合は「即座に撤退する判断を下せるか否か」が重要な要素となります。

「ストップ安」は踏み上げに要注意!

他人から借りてきた株を市場で売り、価格が下がったところで買戻すことで、その差額から収益を上げる手法を「空売り」と呼びます。空売りは「借りてきて打った株」を必ず「買い戻さなければならない」というところにリスク要因があります。

「ストップ安だから売ろう!」と極端な価格まで売り進め、割安株投資家が「適正価格よりも安いので買おう!」と方向転換すると、株価が急上昇し、さらに空売りの解消によりもう一段株価が上昇する、という値動きが発生することがあります。

これを「踏み上げ」とよびます。ストップ安に便乗して空売りで利益を上げようと欲張ると、大やけどをする可能性がありますので、くれぐれもご注意ください。

記事まとめ

ストップ安・ストップ高は値幅制限による株式の売買停止と、それが「高値で止まった」のか「安値で止まった」のかを指します。

用語の意味自体は簡単ですが、マーケットにおいては上記のように非常に複雑な動きをするため、決して簡単に利益を上げられるチャンスではありません。くれぐれもご注意ください。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。