初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株主なら誰でも参加できる?株主総会とは一体何なのか

株主なら誰でも参加できる?株主総会とは一体何なのか

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

毎年、株主総会が集中開催される季節になると、各企業の株主総会の模様を取り上げた報道が見られます。

しかし、総会で何が決められているかまで興味を持って追いかけたり、ましてや株主総会に参加している人は、それほど多くないのではないでしょうか。今回は、株主総会がどのようなものかを掘り下げてみましょう。

そもそも「株主総会」ってどのようなもの?

株主総会とはstrong class="text-alert text-marker">株式会社の最高意思決定機関であり、<上場企業・非上場企業に関わらず開催することが法律で決められています。

株主総会は定期開催される「定時株主総会」と、不定期開催の「臨時株主総会」があり、どちらも提案と議案の採決と決議することは共通しています。定時株主総会では決算承認と剰余金分配決議と役員の選任決議、臨時株主総会では合併や会社分割、株式交換などの重大な決定事項が発生したときに開かれます。

株主総会の決議に必要な条件とは?

決算報告と承認のような「普通決議」では、議決権総数の過半数の出席、そして出席している株主の議決権の過半数以上の賛成が必要です。合併や会社分割の決議等の「特別決議」では、議決権総数の過半数の出席、そして出席している株主の議決権の3分の2以上の賛成が必要になります。

「議決権」とは、株主の数ではなく投入している金額に応じて与えられます。例えば、1株持っている人には1票しか与えられませんが、100株持っている人には100票です。重大な事案がある株主総会のニュースの中で、大株主や機関投資家の動向を報じるのはそのためです。

難しい話だけではない!株主総会の魅力とは?

株主総会では、報告や決議だけではありません。出席する株主側にもメリットがあります。株主総会の参加者に限定のおみやげもあるので、それを目当てに株主総会に参加する人もいます。

何よりも重要なのが、会社に意見や質問を直接伝える機会であることです。自分が投資している企業の経営に不満や疑問があるなら、株主総会の質疑応答の時間はその不満や疑問を伝える機会です。

株主総会の情報はどこで見られるのか

株主であれば議案や決議案が送付されてきますが、企業側が告知をしていることもあります。複数の企業の株主総会をまとめて確認するには、投資専門誌や投資情報サイトを参考にするとよいでしょう。

出席できなかった総会の決議を知ることはできる?

オンライン化が進んだことで、IT企業を中心に株主総会をライブ中継する企業も登場しています。現地で直接参加しなくても報告・決議の内容や、質疑応答ではどのような質問が出たのかもリアルタイムで知ることができます。

また、情報の速さという点では劣りますが、総会終了後には決算発表・報告や質疑応答をまとめたレポートが発表されます。最近ではこれらの資料をインターネットで公開している企業もありますので、株主はもちろん、これから投資をしたい人の参考資料ともなります。

株主総会に参加するにはどうすればいい?

株主総会の2週間前までに株主の元へ通知はがきが送られてきて、返信するのが基本的な流れです。しかし、近頃は自社サイトで株主総会のお知らせが公開されて、出欠もオンラインで完了する例も珍しくなくなってきました。

また、基本的には代理人の出席も許可されています。代理人参加もできないときにも、株主総会開催のお知らせには議案も記載されているため、欠席の場合は「議決権行使書」に賛否を記載して返信すればいいのです。

まとめ

株主総会への参加は株主の権利であり、現地に行けても行けなくても、何が決定されたのかは株主として把握することをおすすめします。

株主総会は企業にとって重要なことを決定する場であるだけではなく、株主が楽しめるところでもあります。時間が許されるならば、ぜひ参加して企業の社風を感じ取ってください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。