初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

あなたも参加できる?株主総会とは一体何なのか

あなたも参加できる?株主総会とは一体何なのか

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

毎年、株主総会が多く開催されるシーズンになると、各企業の総会の様子を取り上げる報道が見られますが、その中で何が行われているかを知っている人は、それほど多くないのではないでしょうか。

今回は、上場企業の株主総会で何が行われているかをご紹介します。現在、株式投資をしている人や、まだ検討段階の人など、株式に興味がある人は必見です。

そもそも「株主総会」ってどのようなもの?

そもそも、株主総会とは一体どのようなものなのでしょうか。上場企業・非上場企業に関わらず、株式会社は株主総会を開催する決まりとなっています。

株主総会は「定時株主総会」と「臨時株主総会」の2つに分かれます。それぞれの株主総会で決定されることは以下の通りです。

定時株主総会

  • 年1回開催
  • 決算の報告と承認
  • 余剰金の分配報告と承認
  • 事業内容報告

臨時株主総会

  • 必要に応じて開催(開催しない年もある)
  • 合併や会社の分割についての決議
  • 組織変更の報告・承認
  • 新株予約権の発行

株主総会の決議に必要な条件とは?

株主総会では経営に関することの報告と決議(承認)を行いますが、行われるのに条件はあるのでしょうか。

決算の報告と承認のような「普通決議」の場合は、議決権総数の過半数の出席、そして出席している株主の議決権の過半数以上の賛成が必要です。合併や会社分割の決議等の「特別決議」では議決権総数の過半数の出席、そして出席している株主の議決権の3分の2以上の賛成が必要になります。

「議決権」とは、株主の数ではなく投入している金額に応じて与えられます。例えば、1株持っている人には1票しか与えられませんが、100株持っている人には100票です。重大な事案がある株主総会のニュースの中で、大株主や機関投資家の動向を報じるのはそのためです。

難しい話だけではない!株主総会の魅力とは?

株主総会では、報告や決議だけが行われているのではありません。出席する株主側にメリットになることは他にもあります。

まずは、会社に意見や質問を直接伝えることができるというメリットがあります。自分の保有する株式の発行企業に疑問や不満があるという人もいるでしょう。多くの株主総会では質疑応答の時間を設けています。ぜひこの機会を使って伝えてみてください。

出席者に「お土産」を準備している企業もあることも魅力の一つです。自社商品やサービスの提供が多いようですが、中にはお弁当やお菓子などを提供する企業もあります。また、ゲーム機器・ゲームソフト関連の企業では、別室で実際にプレイできるようにしているところもあるようです。株主総会に出席する大人だけでなく、同伴した子どもたちも喜ぶこと間違いなしです。

株主総会の情報はどこで見ると分かるの?

株主総会ではお楽しみもあることはお分かりいただけたかと思いますが、何を提供しているかなどの具体的な情報はどこで手に入れればいいのでしょうか?

企業側が告知をしている場合もありますが、多くの上場企業を一つひとつ見ていくのは数も多く不可能かと思われます。そのような時は、投資専門の雑誌やサイトを見てください。各企業の株主総会で提供されるお土産やサービスの情報を一覧にしているところもあります。

また、個人投資家のブログ等で株主総会レポートが読めることもあります。内容を詳しく知りたい人は参考にするといいでしょう。

株主総会に出席できない!内容を知ることはできるの?

株主総会は主に平日開催であるため、地方に住んでいる人や会社員では出席することができない場合もあるでしょう。しかし、自分が投資している企業の株主総会でどのような決議がされたのかは気になるポイントです。

全てではないのですが、株主総会をライブ中継している企業もあります。このようなツールを利用すれば、株主総会に行かずとも何が報告・決議されているか、質疑応答ではどのような質問が出ているかもリアルタイムで知ることができます。

情報の速さ、詳細さという点では劣りますが、株主総会が終了すると総会の内容をまとめたレポートが発行されます。最近では自社サイト上で公開している企業もありますので、株主はもちろん、これから投資をしたい人の参考にもなるのではないでしょうか。

株主総会に参加するにはどうすればいい?

最後に、株主総会に参加するにはどうすればいいのかを見てみましょう。株主総会が行われる2週間前までに株主の元へ通知が送られます。株主は出欠をハガキで返信するのが基本的な流れです。しかし、近頃は自社サイトで株主総会のお知らせが公開され、出欠連絡もサイト上でできるところも増えています。

また、出席者は必ずしも株主本人である必要はなく、代理人の出席も許可されています。会場に行けず代理人参加もできないという場合も、株主総会開催のお知らせには議案も記載されているため、欠席の場合は「議決権行使書」に賛否を記載して返信すればいいのです。

株主総会への参加は株主の権利です。現地に行けても行けなくても、何が決められるのかは把握しておくことをおすすめします。

まとめ

株主総会で何が行なわれているかをご紹介しました。企業にとって重要なことを決める場であるのと同時にお土産やイベントの提供など楽しめるところでもあります。時間が許されるならば、ぜひ参加して企業の社風を感じ取ってください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。