初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

スクリーニングとは?冷静な目で効率よく銘柄を探す手法

スクリーニングとは?冷静な目で効率よく銘柄を探す手法

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

投資する銘柄を探すとき、「好きな銘柄」「有名な会社」などの基準で選んでも失敗することがあります。その理由は、業績や値動き、成長性をよく見ていないから。そこでおすすめしたいのが「スクリーニング」です。

スクリーニングとは「ふるいにかける」ことで、株式投資におけるスクリーニングとは、たくさんの銘柄から希望する株を見つける手法のことです。スクリーニングをすると的確に銘柄を探すことができます。

今回はスクリーニングとはどういうものか、そしてその活用法をご紹介します。

スクリーニングをすると何ができる?

スクリーニングをすると何ができる?

銘柄探しをする時に「有名な会社だから」と投資する人がいる反面、じっくり選んで投資先を選ぶ人もいます。

じっくり選ぶときには何を使って銘柄探しをすれば良いのでしょう?新聞を読んだり、投資専門雑誌を利用したりするという人もいるかもしれませんね。

その方法も銘柄探しの1つですが、非常に手間がかかる作業です。自分の目で見つけなければならず、見落としの恐れや本当に良い銘柄を探すことができないかもしれません。

その点、スクリーニングは違います。「割安型」「逆張り型」などの条件で検索すると、上場している株式全ての銘柄から該当するものを選んでくれます。1つ1つの銘柄をわざわざ見ていく必要がなくなるのです。

スクリーニングをすると何がわかる?

スクリーニングをすると何がわかる?

スクリーニングでは、いろいろな検索条件を設定することができます。例えば、SBI証券では以下の6つを指定することが可能です。

  • 条件なし
  • 大型優良株
  • 成長株
  • 割安優良株
  • 逆張り型
  • 値上がり追求型

上記に市場の指定(東証一部、東証二部、マザーズなど)や業種の指定もできます。様々な条件を組み合わせて投資したい銘柄を探すことができます。チャートの動きも検索条件にすることも可能です。

もし「優良銘柄」として選定されたとしても、チャートの動きを見ると今後の大幅な上昇は期待できない場合もあります。チャートを検索条件に入れておけば、そのような銘柄を投資検討の対象から除外することができるのです。

また、検索条件を「チャートのみ」にしておくと、業績等は関係なく値動きのみで銘柄を探してくれます。短期で売買して利益を得たい人にはピッタリの検索方法です。

スクリーニングをするには何を使う?

スクリーニングをするには何を使う?

スクリーニングは、証券会社の会員向けサイトから行うことができます。すでに証券口座を持っている方は、ぜひ試してみてください。

スクリーニングツールに定評がある証券会社は、先ほど紹介したSBI証券や、テーマ検索ができるマネックス証券松井証券などがあります。

まだ証券口座を持っていないという人は、スクリーニングツールの使いやすさから口座開設する証券会社を検討してみるのも良いでしょう。

スクリーニングでこれから伸びそうな銘柄を探そう

スクリーニングでこれから伸びそうな銘柄を探そう

スクリーニングをするいちばんの利点は、自分が目を付けていなかった思いがけない銘柄に出会えることです。特に株価が大幅に上がることが期待できる「テンバガー」を見つけたい人はぜひスクリーニングを利用してください。

テンバガーの候補になる銘柄は、株価が安定的に動きます。発行数の多い「大型株」より、発行数が少ない「中型株」「小型株」の中にある可能性が高くなります。

中型株・小型株の情報はアンテナを張り巡らさないとなかなか手に入りませんが、スクリーニングは中型株・小型株もカバーしているので、自力で探すよりも楽に期待銘柄を見つけることができるでしょう。

スクリーニングの結果だけを信じ込まないよう注意

スクリーニングの結果だけを信じ込まないよう注意

非常に便利なスクリーニングですが、結果として出た銘柄はさらに調べることをおすすめします。その理由は、スクリーニングに反映されない情報も確認する必要があるからです。

例えば、不祥事の心配や業績予想の下方修正のニュースはなかったでしょうか。少しでも悪い兆候が出るだけで株価は下がることが多いものです。

スクリーニングは銘柄探しの優秀なパートナーですが、あくまで過去の数字から導き出されたものだということを忘れないでください。信じすぎることなく自分の目でも情報を精査することを心がけましょう。

情報の鮮度も必ずチェックしよう

企業ニュースに目を配るのも大切ですが、スクリーニングに反映されている情報がいつのものなのか確認しておきましょう。

株価の分析やチャートの分析もしてくれますが、意外と古い情報を分析しているということもあります。当然ですが株式投資において古い情報は全く役に立ちません。

可能であれば、複数のスクリーニングツールを使って情報の比較を行うことをおすすめします。

まとめ

株式のスクリーニングを行うことで、効率よく銘柄を探すことが可能になります。もしこれから投資する銘柄に迷っているというのならば使わない手はありません。

自分なりの企業分析も大切ですが、冷静な目で分析してくれるツールとしてぜひ利用してみてください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。