初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

ROI(投資利益率)とは?投資効率を重視した株式投資をしよう

ROI(投資利益率)とは?投資効率を重視した株式投資をしよう

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

投資における基本は、ファンダメンタルズ分析です。企業業績や各企業が収益を上げる力、経済環境や需給要因、これらはマーケットが変動する上で大きな材料になります。言い方を変えれば、ほとんどのマーケットの値動きの根拠は、ファンダメンタルズ分析により説明できるのです。

特に、長期投資においてはファンダメンタルズ分析は必要不可欠。今回は、ファンダメンタルズ分析における重要用語である、ROI(投資利益率)について確認していきます。

ROI(投資利益率)とは?

ROI(アール・オー・アイ、投資利益率)とは、投下した資本に対して各企業がどれだけ効率的に収益を上げているかを見る指標です。投資家資本に対するリターンを意味する、Return On Investment(リターン・オン・インベストメント)の略です。

ROIのイメージは費用対効果。実際にマーケティングや広告の世界でも頻繁に使われる言葉です。投資においてもこの考え方は非常に重要ですので覚えておきましょう。

投資対効果がある企業には、誰もが投資したいと思います。高ROIは株式投資においても買い材料と判断されるのです。

ROIが高い企業へ投資するのは合理的

投資利益率の求め方について確認してみましょう。売上から投資額を差し引いた数値「事業利益(EBIT)」を「投下資本(全投資額)」で割ると投資利益率が求められます。資本金、社債、借入金等も投下資本に分類される点に注意するようにしましょう。

ROI = 事業利益 ÷ 投下資本 × 100

この計算式からもわかるように、ROIの値が大きければ大きいほど収益性が高いビジネスをできていると言えます。

欧米では投資効率を重視した投資が行われている

欧米では以前より、ROI(投資利益率)やROE(株主資本利益率)を重視した投資が行われてきました。欧米諸国は投資の世界でも費用対効果にシビアで、これらの指標が日々厳密にチェックされています。ファンドの中には、ROIやROEが一定水準を満たさなければ買わないというルールを設けている運用主体もあります。

日本でも徐々に投資効率を求めた運用が行われるようになってきています。代表例が、2014年から公表が始まったJPX日経400指数でしょう。いまや、投資対効果を求める風潮は世界のトレンドと言っても過言ではないのです。

高ROI銘柄は長期投資にも最適

ROIが高い会社は、利益を出すことが上手い会社ということです。効率的な経営を行い、経営環境も比較的スリムであることが想定されるため、今後も持続可能な成長が期待できるのです。

経営の効率化が実現されれば、企業業績と同様に株価の上昇も継続される可能性が高まります。つまり、ROIの高い企業は、長期投資にも最適の銘柄なのです。

ROIが高い銘柄は海外に多い?

上述したように、ROIが高い銘柄は持続可能な成長を遂げることが多いのですが、日本市場を見渡してみて、力強い成長を複数年に渡り繰り返している企業は何社あるでしょうか。具体的な企業名までイメージできる方は少ないと思います。

一方、米国であれば複数の企業名が浮かんでくると思います。時価総額が数十兆円を超える企業になっても成長し続けるフェイスブックアマゾン、連続増配を続けるコカ・コーラプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)などなど。投資の対象は国内資産だけではありません。投資効率を上げるには、ときに海外市場に目を向けることも重要なのです。

投資の神様もROIを重視している?

投資の神様で知られるウォーレン・バフェット氏もROIを意識した投資を行っていると想定されます。

バフェット氏の信条は超長期投資。つまり、投資対効果が高くて持続可能な成長を遂げることのできる企業に投資しなければ、しかるべきリターンを得られないわけです。

実際に、バフェット氏は長きに渡り、上述したコカ・コーラやプロクター・アンド・ギャンブルに投資してきました。投資対効果の高い銘柄に投資して、継続的に利益を上げてきたのです。その投資行動こそが、バフェット氏がROIを意識した投資を行っている何よりの証明なのです。

まとめ

ROI(投資利益率)やROE(株主資本利益率)、これらを意識した投資に効率を求める考え方が、現在のマーケットのトレンドです。これらの用語を知ると知らないでは、株式投資における戦略も変わってきます。

特に、バフェット氏の長期投資は、初心者でも比較的参考にしやすい投資手法です。話題の用語を確認し、適切な投資判断を下せるようになりましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。