初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

投資初心者のための「ロボットアドバイザー」とは

投資初心者のための「ロボットアドバイザー」とは

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

金融と情報通信技術(IT)の融合による「フィンテック」により、既存の金融サービスよりも利便性を増したサービスが続々と登場しています。

中でも注目を集めているのが、人工知能(AI)がポートフォリオの提案や運用代行まで担当する「ロボアドバイザー」です。今回は、投資初心者から投資にかける手間を極力省きたい人まで、さまざまな人に利便性を提供するロボアドバイザーの魅力と、実際に利用するときのメリット・デメリットを見てみましょう。

ロボアドバイザー(ロボアド)では何ができる?

ロボアドバイザー(ロボアド)とは、人工知能(AI)が、投資家のリスク許容度に応じた最適なポートフォリオを最新の金融工学に基づいて提案するサービスです。

ロボアドによってはその後の運用も代行するなど、投資に掛ける手間を省力化することにも役立ちます。自分の投資手法に自信がない人や、リスクを抑えた投資を考えている人に最適なツールの一つと言えるでしょう。

リスク許容度に合わせたポートフォリオの提案が魅力

自分の年齢や収入・支出などの資産状況に応じて、投資でどれだけリスクを取れるかどうかは人それぞれ。自分がどこまでリスクを許容できるのかを把握していない人も少なくありません。

リスク許容度がよく分からないという人に向けて、診断ツールを用意しているロボアドもあります。性格や現在の生活、資産状況などについての質問に答えることで、自分に最適なポートフォリオを提案してくれるのが魅力です。

ロボットアドバイザーを利用するメリット

本来は投資に回すべきではない資金を、ハイリスクな金融商品に投資して大損をして投資から撤退した例を耳にすることは珍しくありません。ロボアドはリスクを抑えたポートフォリオを提案してくれるので、リスクを取りすぎた投資の予防が期待できます。

また、一部ロボアドではポートフォリオ提案にとどまらず、運用まで代行してくれるので、投資に多くの時間を割く必要がなくなるのも魅力です。自分のお金を投資する以上、最低限の知識は欠かせませんが、踏み込んだ知識がいらないのは大きな魅力といえます。

ロボットアドバイザーのデメリット

勉強に時間を取られなくて済むのはメリットですが、自分の投資先や経済動向に全く興味を持たないことはおすすめできません。ある程度は把握しておくようにしましょう。

また、ロボットアドバイザーに運用までおまかせするのはいいのですが、運用成績には注意を払ってください。知らぬ間に大損していたという事態は避けたいものです。毎日とはいかなくとも、定期的に運用成績はチェックするのが無難です。

投資方法に合わせたロボットアドバイザーの見つけ方

ポートフォリオの提案だけではなく運用も代行するロボアドなら、どのような金融商品に投資するかは気を付けたいポイントです。運用対象は国内外の株式や債券といった伝統的資産に限らず、不動産や商品先物に代表される代替資産(オルタナティブ資産)も含まれることがあります。

ただし、どのような投資になるのかイメージできないままロボアドに一任するのはNG。使いやすさや提供される投資情報の内容にも注目しながら、自分の投資スタイルに合わせたロボアドを選ぶようにしましょう。

おすすめのロボットアドバイザーはWealthNavi

数あるロボアドの中でも、株の教科書.com編集部ではWealthNavi(ウェルスナビ)をおすすめします。

ウェルスナビは6つの質問に答えるだけで、世界の富裕層が利用する最先端の金融工学を反映したアルゴリズムに沿ったポートフォリオを提案して全自動で運用するロボアドバイザーであり、国内最大級のロボアドサービスとして知られています。

まとめ

投資初心者や投資に時間を掛けたくない人に最適なサービスと言えるロボアドですが、自己資金を運用する以上、最低限の知識を身に着けることは不可欠です。便利なサービスだからと言って任せきりにするのではなく、投資をサポートするツールとして利用することを心がけてください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。