初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

総資産利益率(ROA)とは?総資産で測るROEとの違い

総資産利益率(ROA)とは?総資産で測るROEとの違い

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★★☆

スチュワード・シップコードの高まりやJPX日経400指数の誕生を背景に、投資効率を考える指標が重要視されるようになってきました。総資産利益率(ROA)もよく活用される投資指標の一つです。株主資本利益率(ROE)と混同されがちなROAですが、実は似て非なるもの。

今回は、ROEとの違いを交えながら、ROAの意義や算出方法、活用の仕方を見てみましょう。

総資産に対する利益の割合を表すROA

総資産利益率(ROA)とは、その名の通り総資産に対する利益の割合を表します。計算式は当期純利益を総資産で割ることで求められます。

ROA = 当期純利益 ÷ 総資産 × 100

総資産に対して生み出した利益の割合を確認すれば、どれくらい効率よく利益を上げられているかが分かります。ROAが高ければ高いほど、効率的に経営されていると判断できるのです。

ROAを求めるうえでの総資産の考え方

ROAを正しく理解するには、総資産の考え方が重要です。総資産には返却を要する資産も返却を要しない資産も含まれます。ここでの総資産には株主資本も含まれるのです。

ROAを求めるときに注意すべきポイントは、あくまで分母は総資産であるということ。自己資本も他人資本もひっくるめて計算する必要があります。

ROAとROEの違いとは?

資本には自己資本と他人資本が存在していて、総資産利益率(ROA)と株主資本利益率(ROE)では、資本の考え方が異なります。

株主資本は株主が拠出した資金であり、自己資本となります。安定した企業経営には非常に重要な資本です。対して総資産は、株主資本だけでなく借入金など他人資本も含めた値です。

ROAとROEの分母になる株主資本と総資産の違いを知れば、投資指標の意味を正確に理解できるようになります。

ROA・ROEはともに経営の効率性を測る指標

純粋な自己資本に対する収益性を調べるROEと、返却を要する他人資本を含めた総資産からのリターンを確認するROAは、どちらも経営の効率性を測る指標という点で共通しています。

しかし、企業経営の状態を包括的に判断するときには、ROAが重宝されるケースがあります。たとえ上場企業でも、有利子負債を抱えているケースがほとんどだからです。

ROAとROEは使い分けが肝心

仮にROEが同じA社とB社があったときに、企業の財務状況を見るためにはROAを比較するのが効果的です。ROAが高いと他人資本が少ないことを意味するため、借入が少ないことを示唆しているのです。

では、ROAが同じ値の場合はどうでしょう?この場合はROEが高いほうが資本を活用して利益を生み出していると考えられます。

ROAとROEはどちらかだけではなく、両方の値を見比べて判断することが重要なのです。

ROAに頼りすぎた分析は避ける

ROAが高いほど経営は効率的であり、高ROA銘柄投資をするのがセオリーですが、必要以上にROAに頼った投資判断は避けるべきです。なぜなら、ROAだけでは借入金の状況がつかめないからです。

借金が多くても経営が順調であれば問題ないという考え方もありますが、株価急落のリスクも内包しています。上場企業の多くが有利子負債を抱えていることを考えると、ROAを信頼しすぎるのではなく、銘柄分析の手がかりとして活用することを考えましょう。

まとめ

銘柄分析では投資効率性を測る指標が非常に重要視されているため、個人投資家もその意味と使い方を知っておく必要があります。

これらの指標が悪化すると投資対象から除外されやすく、ますます指標が悪化する悪循環に陥るので、企業も投資指標改善に必死です。指標が改善傾向の企業には、投資チャンスがあるかもしれませんね。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。