初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

投資期間はどれくらい?投資初心者におすすめの投資スタイル

投資期間はどれくらい?投資初心者におすすめの投資スタイル

西岡容子
西岡容子
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資をはじめたはいいけれど、どれだけの期間を持ち続けて、どのタイミングで売却するべきかは悩ましいポイントと言えます。最も適切な売り時がいつなのかというのは、常に投資家を悩ませるテーマです。

今回は、株式投資の投資期間について短期型・中期型・長期型それぞれの特徴を見て、初心者にとって最善な投資スタイルを考えていきます。

資金の回転を早める短期投資

株式の短期投資とは、ある会社の株式を買い付けたら、わずかな利ザヤを得たらその日のうちに売却するような投資方法です。短期投資での株式の保有期間は当日~長くても数週間となります。短期投資は投資資金の回転をはやめたい人にとっては向いていると言えるでしょう。

この手法では毎日株式の取引をすることになるので、世の中の景気や経済の流れを肌で感じながら投資している実感が得られ、株式の売買をより楽しむことができるものといえます。

ハイリスク・ハイリターンな短期投資

株価の値動きが大きいときに上手に取引ができるなら、大きな売買益を出すこともできますが、反対に短期間で大きな損失をこうむる、ハイリスク・ハイリターンの投資手法と言えます。また、四六時中、株価を気にする必要があるので、会社勤めの人には時間的に厳しいかもしれません。

比較的長期間保有する中期投資

株式の中期投資とは、1カ月から1年程度保有する投資手法です。デイトレードのように、四六時中株価を気にする必要もないので、会社勤めの方もトライしやすい手法と言えます。

株価は日々変動していくものですが、中期投資は短期的な株価の上下にはそこまで影響されず、短期投資に比べて精神的な余裕を残しながらできる投資方法といえます。

中期投資方法はどのようにする

代表的な中期投資として、企業の本来の実力や価値に対して株価が割安な銘柄を狙うバリュー株投資があげられます。

また、優れた技術やビジネスモデル等に着目して、将来の成長が見込める銘柄に投資をするグロース株投資もよく知られた中期投資の投資方法の一つです。バリュー株投資もグロース株投資も1回の取引で大きな値上がり益が期待できる反面、投資している間はまとまった資金が拘束されるので、短期投資と比べると資金効率が落ちるというデメリットがあります。

資産形成を目的とする長期投資

株式の長期投資とは、5年以上保有する投資スタイルです。この投資手法は、じっくりと腰を落ち着けて株式を運用するものとなります。日々の値動きにはこだわらず、長い目で考えて利益を狙うものですから、余裕を持って投資できます。

また、保有期間も長期にわたるので、値上がり益だけではなく配当利益や株主優待の恩恵を受けることができます。

長期投資でも主流はバリュー株投資・グロース株投資

長期投資の投資方法としては、中期投資で説明したバリュー株投資やグロース株投資がより適していると言えます。保有期間が長くなればなるほど配当利益や株主優待の受け取り金額が大きくなるのも、長期投資のメリットと言えます。

値上がり益だけではなく、配当や株主優待も期待できる長期投資ですが、投資期間がもっとも長くなるので、資金効率にもっとも劣り、投資する銘柄を間違えると損失を被るだけになるリスクがあります。

まとめ

短期投資と中期投資、そして長期投資と、それぞれの投資方法のポイントとメリット・デメリットを見てきましたが、いずれの投資方法も一長一短であることがわかります。

投資初心者にとってどの投資方法が最も向いているのかは、個人の性質や置かれた環境などに影響されますが、難易度という点では短期投資よりも中期投資や長期投資が向いているといえるでしょう。

» 株式投資の基本をもっと学ぶ
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。