初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

投資リスクをランクづけ?格付け会社とは

投資リスクをランクづけ?格付け会社とは

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

株価は時々、格付けの引き上げや引き下げによって上下することがあります。そして、その格付けをするのが格付け会社です。格付けは高い方がいいということはわかっていると思いますが、格付けが何を意味するのか正確に理解している人はあまり多くないでしょう。

今回は、格付け会社と格付けについて簡単に説明してみます。

格付けとは何?どうやって決められるの?

格付けとは、政府や企業、金融商品などの信用状態に関する評価を簡単な記号または数字で表示した等級であり、貸し付けをしたお金(出資金)がどれだけ確実に帰ってくるかを判定する判断材料の一つとなります。

投資家は格付けがあれば投資判断がしやすくなるため、格付けが上下することで株価が変動することがあるのです。ただし、格付け自体が株式の売買を推奨しているものではない点には注意しましょう。

第三者として格付けをする格付け会社

格付け会社は、格付けされる会社とは直接の関係がない民間企業であり、格付けの対象となる政府・企業の財務状況や業界の状況などを分析し、総合的に判断して格付けを付与します。

世界的に有名なところでは、ムーディーズやスタンダード&プアーズ(S&P)、フィッチが知られています。また、日本の格付け会社としては日本格付研究所(JCR)が有名です。

格付けの疑問:格付けの方法には2種類ある

格付けには、企業が格付け会社に格付けを依頼する「依頼格付け」と、格付け会社が独自に実施する「勝手格付け」があります。依頼格付けは企業が依頼しているため、格付けに必要な費用をその企業が支払うため、格付け会社にとって、その企業が「お客さま」となり、有利な格付けをするリスクがあります。

実際にサブプライム問題の原因となった金融商品で不透明な格付けがされていたのではないかといった声や、破綻寸前の企業に高い格付けがなされていたケースがあったことも事実です。

ただ、格付け会社は、高い格付けをした企業が次々破綻してしまうと信頼を失ってしまうため、安易に甘い格付けはしないはずと考えられています。

格付けランクの表示は各社で異なる

こういった格付け会社が格付けをしますが、ランクの表示方法は各社で異なります。「トリプルA」と呼ばれる最高位では、「AAA」と表示されることが多いですが、ムーディーズでは「Aaa」と表示されます。また、各ランクの中でもさらに細かく分けられていて、その違いを「1・2・3」と数字で表したり、「+・-」と記号で表したりするものがあります。

細かい違いこそあるものの、「投機的要素がある」と判断される境目は「ダブルB(BBまたはBb)」で共通しています。どの会社の格付けであっても、「トリプルB以上は投資適格級、ダブルB以下は投資不適格級」と判断することができます。

格付けの基準も各社で異なる

格付けを付与する基準も、格付け会社ごとに異なります。非常に複雑な基準を用いていて、その基準を公表している格付け会社もあります。しかし、明確な基準までは公表されていません。ただ、さまざまな角度から分析した結果、その政府や企業が債務不履行(デフォルト)におちいる確率を求め、それを格付けに反映させています。

格付けの疑問:同じ企業でも複数の格付けが存在する

格付けは投資判断の参考にできますが、格付けを見ていると不思議に思う点もあります。

ある企業の格付けを確認しようとすると、複数の格付けが存在する場合があります。企業の信用状態は変わっていくうえ、債券を発行するたびに「債券ごとのデフォルト率を表した格付け」が公表されることがあるためです。債券の購入を検討しているのであればその債券に関する格付けを、株式の購入を考えているのであれば最新の格付けが参考になります。

しかし、前述の通り、格付けはその政府や企業が破綻しないことを保証するものではありません。格付けのランクが変わることで株価などが上下することはありますが、あくまで参考程度に考えるようにしましょう。

まとめ

格付けは、投資判断をする際の参考にしやすい簡単な記号で表示されています。けれども、格付け会社は「安全性」に重点を置いた分析をしているだけに過ぎません。

株式投資では、安全性以外に収益性や成長性も重視する必要があります。そのため、格付けを参考にしながら、他の側面でも投資をする魅力があるかを判定するようにすると良いでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。