初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

クオンツとは?金融工学による分析が株式市場を動かす

クオンツとは?金融工学による分析が株式市場を動かす

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

金融工学を使った市場分析や予測により、市場で大きな存在感を示しているのが「クオンツ」です。クオンツが開発した投資法が活用される場面が増えたこともあり、個人投資家がその恩恵や悪影響を受けることも珍しくなくなりつつあります。

クオンツとはどのような人々であり、その分析や予測が個人投資家にどう影響するのかをみてみましょう。

量子力学の考えを金融業界に導入した「クオンツ」

クオンツ(Quants)とは、高度な金融工学の手法を用い、マーケット(市場)の動向などに対して分析や予測をする業務や、その専門家です。金融派生商品(デリバティブ)取引やリスクマネジメントなど分野で盛んに用いられています。

クオンツは1980年代のアメリカで、アメリカ航空宇宙局(NASA)でロケット工学を専攻した科学者や数学者が金融業界に転職して量子力学等の考えかたを金融工学に導入したことで誕生しました。

過去のデータを使って市場の未来を読もうとする手法

クオンツによる分析では、株価や企業業績、市場環境など過去のさまざまなデータを定量化し、それを分析して市場の先読みすることを目指します。

イメージしやすく言うならば、各種テクニカル指標を駆使するテクニカル分析を、より精緻にしたものと言えます。もちろん、実際の分析ではより膨大なデータをより高度な方法で分析するため、個人投資家がテクニカル指標を使うよりもより確実な相場予測が期待されています。

存在感を増すクオンツによる分析と運用

クオンツによる分析とそれを活用した運用手法は、コンピュータの能力が高まるとともに分析スピードも飛躍的に改善して、より精密な予測ができるようになることで存在感を増してきました。

より高いリターンを確保できる取引の確率も高くなったことで、年金基金やヘッジファンドなどの機関投資家や個人投資家を問わず、クオンツの分析やクオンツ運用を取り入れるケースは少なくありません。

結果と取引内容が似通うのが弱点

クオンツによる分析は、過去の株価データや企業業績を活用しますが、これらは誰が見ても同じ数値であり、企業業績や市場環境の変化、ある時期の株価の変動が、その後の株価変動にどんな影響を与えるかを分析するだけでは、取引手法まで落とし込むとあまり差がなくなってしまうのです。

また、クオンツ運用は高頻度取引(HFT)と不可分であるため、似通った分析と取引が集中することで株価の急落と急回復(フラッシュクラッシュ)を招く要因ともみなされています。

想定外の事態でのボラティリティに注意

2008年のリーマンショックとその後の世界金融危機では、金融システムに対して不安が広がりました。金融業界はそれに対して、リーマンショックを超える金融危機が起きても耐えられるとするクオンツを開発するなどの対策を講じています。しかし、これらの対策がどこまで実効性があるのかは疑問符が付けられています。

クオンツの台頭が相場の変動要因になる

クオンツの台頭は市場のフラッシュクラッシュのリスクの高まりや、市場のボラティリティの高まりの原因になることも指摘されています。

個人投資家も、クオンツ運用を取り入れるだけではなく、クオンツ運用による市場への影響に備えた運用方針の決定が必要になってきているといえるでしょう。

まとめ

株式市場に対するクオンツとクオンツ運用の影響力は大きく、近年の乱高下の裏にはクオンツが大きく関わっているとのうわさは絶えません。

個人投資家がその激しい値動きに巻き込まれて想定外の損失をこうむらないためには、余裕資金で投資をする、時間や資産などの分散を心がけることが欠かせません。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。