初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

投資初心者が知っておくべきポートフォリオの作り方と注意点

投資初心者が知っておくべきポートフォリオの作り方と注意点

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資では、自分の投資方針や資産状況に応じて投資先を決めますが、どのように銘柄を組み合わせるかは安定した運用のためにも欠かせません。

今回は、ポートフォリオの重要性とその決め方、ポートフォリオを決めるときのポイントを詳しく見ていきましょう。

まずはアセットアロケーションを決める

ポートフォリオの前に、まずはどの資産クラスにどの割合で投資するかを決めるアセットアロケーションを決めることが重要です。

アセットアロケーションはリターンの九割を決めるとも言われるほど重要であり、アセットアロケーションのあとにポートフォリオを決めるのが基本となります。

アセットアロケーションを組むときには資産の把握が重要

アセットアロケーションとポートフォリオを組むときには、まず自分の資産状況をきちんと把握することです。

資産を殖やすための投資で資産を減らさないためには、常日頃から自分の資産の確認と、どれだけ投資に回せるかを把握しておくことは欠かせません。

ポートフォリオはどう決める

アセットアロケーションを決めたら、いよいよポートフォリオの決定に進みます。ポートフォリオを決めるには、自分のリスク許容度を把握することからはじめましょう。

リスクを取ってリターンを狙うなら、株式や投資信託を多めに組み入れましょう。市場の状況次第ですが、株式なら短期間で多額の利益を得られる可能性があります。反対に安定運用を重視するなら、銀行・郵便局の預貯金や高格付けの社債や日本国債に多めに配分して安定運用を狙うのも選択肢に入ります。

ポートフォリオを組むときの注意点

ポートフォリオに一定の個別銘柄を組み入れるなら、特定の銘柄に集中投資しないように注意しましょう。特に値動きの激しい銘柄は、大きなリターンが期待できる反面、リスクも大きくなることに注意が必要です。

個別銘柄への投資を考えるなら、リターンよりもリスクをとりすぎないかに注意して投資以上に利益を得られるか考えてから投資するようにしましょう。

個別銘柄よりも投資信託の活用を考えよう

ポートフォリオに株式を組み入れたくても、ある個別銘柄が投資に値するかわからなかったり、そもそも投資する銘柄が選べない、ということがあります。

個別銘柄の投資に迷ったときには株価指数(インデックス)に連動する投資信託(インデックスファンド)に投資することです。投資信託なら自分で銘柄選びをする必要がなく、先にあげたインデックスファンドか、特定の業種やテーマに投資する投資信託(アクティブファンド)のどちらかから選ぶだけで十分です。

投資信託の銘柄選びで気をつけること

投資信託は数百から数千の個別銘柄に投資をしているため、構成銘柄の一つが大きく値上がりしても、他の銘柄の値動きに乏しければ投資信託の価格がほとんど変わりません。売買手数料もかかるので、わずかな値上がりであわてて売却すると、手数料負けするリスクがあります。

投資信託は短期売買のツールではなく、中長期の資産形成のための資産であることを理解した上で投資しましょう。

まとめ

これまでフィーリングで投資していた人には、アセットアロケーションやポートフォリオを決めることは簡単ではありません。しかし、将来のお金の使い道や、いつまでにいくら貯めれば良いか決めていくと、自然とアセットアロケーションやポートフォリオが決まってくるはずです。

自分の収支を見直して、最適なアセットアロケーションやポートフォリオを組めるような見直しは欠かせません。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。