初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

株主総会って何をするところなの?

株主総会って何をするところなの?

株の知識レベル:★★☆☆☆

株主総会といえば、短時間で終了する「シャンシャン総会」や取締役の高額な報酬が決定したというニュースがよく取り上げられます。また、不祥事があった年の株主総会が大勢の参加者とマスコミでごった返している映像を見たことがある人も多いのではないでしょうか。
ところで、この「株主総会」、一体何をするところなのか知っているでしょうか。今回は株主総会で何が行われているか、そしてその役割についてご紹介します。

株主総会はどの時期に行われるの?

株主総会(定時株主総会)が行われる時期ですが、企業によって違います。それは、株主総会が「決算報告と承認」の場でもあることが理由です。決算時期は各企業によって違うため、株主総会開催時期も違ってきます。
日本の企業で一番多い決算期は3月です。決算日時点の株主が株主総会に出席することができますが、その株主に決算を承認(もしくは否認)してもらうには、決算日から3か月以内に株主総会を行う必要があります。そのため、株主総会が多く開かれるのは6月となるのです。さらに、6月の最終営業日の前営業日に最も多く開かれるため、この日は「株主総会集中日」と呼ばれています。

株主総会では何が決まる?

株主総会では何が行われているのかを確認してみましょう。株主総会は「定時株主総会」と「臨時株主総会」に分けられます。
「定時株主総会」では、決算など一年間の活動報告、取締役の選任や解任、取締役の報酬、決算等計算書類の承認が決議されます。定時株主総会は年一回、決まった時期に行われるものです。
「臨時株主総会」では、事業譲渡、合併、会社分割、資本金の減少、そして会社の解散・精算など、会社運営に重大な事案が発生した時に行われます。「特別決議」とは、この臨時株主総会で行われる決議のことです。また開催時期ですが、必要に応じて開催が決定し、株主が召集されることになります。

株主総会の決議とはどのようなものなのか

株主総会では「決議」が行われると述べましたが、一体どのようなものなのでしょうか。そのためにはまず、議決権について知っておきましょう。
株主総会の議決権は、決算期時点での株主に与えられます。原則として「1株1議決権(単元株の場合は1単元1議決権)」という決まりがあります。1株の保有者には1議決権(1票)、10株の保有者には10議決権(10票)あると考えれば分かりやすいのではないでしょうか。
通常決議は議決権総数の過半数を持つ株主の出席、そして出席株主が持つ、議決権の過半数の賛成で成立します。特別決議は議決権総数の過半数を持つ株主の出席、そして出席株主が持つ、議決権の3分の2以上の賛成で成立となります。
ただし、この議決権には制限もあります。会社が持っている自社の株式には議決権がありません。また、「会社Aが会社Bの議決権総数4分の1超の株式を保有していれば、会社Bが会社Aの株式を保有しても議決権を持たない」という規則もあります。企業間での株式の持ち合いを抑制するためです。

決議される議案はどうやって知る?

株主に議決権が与えられることは分かりましたが、株主総会当日に決議される議案を株主はどうやって知るのでしょうか。
議案は株主総会の招集通知に記載されています。招集通知は株主総会の2週間前までには発送しないといけません。この招集通知を見て、株主は株主総会に参加するかどうか決めるのです。
最近は自社のサイト上や電子メールで招集通知を送るところもあるようです。郵送物を見落としても、いつでも閲覧できるという便利な状況になっています。株主以外でも見ることが可能ですので、投資する時の参考資料にもできます。

株主総会に行くべき理由とは

株主総会に行くべき理由とは

株主総会は絶対に行かなければならないというものではありません。決議された内容はサイト上にも公開されますし、有名上場企業の決議や重大な内容ならば、ニュースでも見ることができるでしょう。しかし、株主総会に行った方がいい理由はたくさんあります。
まず、企業の雰囲気を知ることができます。サービス業ならば、店舗を見てどのような企業か知ることが可能です。しかし、法人間で取引をする「B to B」企業の場合、個人株主は利用する機会がほとんどないでしょう。株主総会で従業員・取締役の様子を見て企業風土も感じることができるかもしれません。
次に、企業側に直接質問・意見することができます。経営体制に疑問があっても普段はなかなか質問する機会はありません。現在、多くの株主総会では質問できる時間を設けています。日頃の疑問点や意見を伝える場として使ってもいいでしょう。
また、ひそかな楽しみとして、「お土産」を準備している株主総会もあります。こちらは準備している企業としていない企業が分かれますが、楽しみの一つではあります。

株主総会に出席できない場合はどうする?

株主総会に出席したくても、平日開催、地方在住のためどうしても出席できない場合があります。その時は、株主に送られてくる「議決権行使書」に議案の賛否を記入して送り返すと決議に参加できます。また、株主本人の出席ではなく、代理人に議決権を行使してもらうことも可能です。
近頃は、インターネットサイトで議決権行使ができる企業もあります。企業側が経営への株主参加を重視している証拠でしょう。郵送・代理人・インターネットで議決に参加しても、「議決権総数」にカウントされます。できるだけ参加することをおすすめします。

まとめ

株主総会は企業にとって重要なことを決定する大切な場です。企業の雰囲気を知ることもできます。企業の株主になったのならば、企業の動向・経営に詳しくなるためにも、ぜひ株主総会にも出席してみてはいかがでしょうか。

証券会社で営業・窓口職を4年ほど経験。
営業経験談・苦労話・面白話なども沢山持っています。4歳と1歳の子育て中です!
総合評価
(0)
Pocket