初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

株価の見極め用語:PBRとは

株価の見極め方用語:PBRとは

株の知識レベル:★★★★★

株価が高いか安いかを考えるとき、「会社が保有している財産」をベースにして評価することができます。
そのときに使うのが株価純資産倍率(PBR)です。PBRだけを投資判断に使うのはおすすめできませんが、会社の収益力を確認するひとつの要素にもなります。
今回は、PBRが何をあらわしている指標なのか、どうやって使うことができるのかを解説します。

PBRとはどんな指標で、何をあらわしているのか?

株価の見極め方用語:PBRとは

PBR(Price Book-value Ratio)とは、「株価純資産倍率」と呼ばれます。株価が1株あたりの純資産額の何倍になっているかをあらわすもので、次のような数式で求めます。

株価純資産倍率(PBR)=株価÷1株あたり株主資本(BPS)
1株あたりの株主資本(BPS)=株主資本÷発行済み株式数

PBRが1倍であるとき、株主資本と時価総額は同じ額であり、株価が解散価値に等しいと考えられます。
株主には「残余財産分配請求権」という権利があり、会社が解散するときに、銀行や取引先への債務を支払った後に残った財産を持ち株数に応じて分配を受けることができます。
PBRが1倍であれば、理論上、その分配額は株価と等しくなります。

PBRの高低と割高・割安の関係はどうなっているのか

PBRが1倍のときに会社が解散しても、株価と同じだけの財産が分配されることになります。しかし、PBRが2倍だとどうでしょうか。

1株あたりの純資産が100円で株価が200円の場合、会社が解散すると分配される残余財産は100円しかありません。
ここから、PBRが低い方が株価は割安、高い方が株価は割高だと言うことができます。

PBRはどれくらいで割高・割安なのか?

PBRはどれくらいで割高・割安なのか?

「PBRが低いと割安」とはいっても、「とにかくPBRが低ければ割安」というわけでもありません。PER同じ様に、PBRの水準も業種によって異なります。
日本取引所が公表している東証一部上場銘柄全体の加重平均PBRは、1.3倍(2017年1月末現在)となっています。
業種別に見ると、鉄鋼(0.8倍)やサービス業(1.2倍)などでは全体よりも低い一方、事業を維持・成長させるためには研究開発やシステムへの投資が不可欠な業種である医薬品(2.0倍)や情報・通信業(1.8倍)などでは、PBRが高くなる傾向にあります。

また、個別企業レベルで見ると、収益力が高い会社はPBRが高くなり、収益力に乏しい会社は低くなる傾向にあります。

その理由は、後述する会社の損益とPBRの関係から理解することができます。

会社の損益がPBRにどんな影響を与えるのか?

PBRを計算するときに使う1株あたりの純資産は、会社の損益によって変わっていきます。
会社が生み出した純利益(税引き後)は、株主への配当と会社をさらに発展させるための資金(内部留保)に分けられます。

このうち、内部留保が株主資本に加算されるため、大きな利益を出すと株主資本が大きくなる分だけPBRが低下することになります。
大きな利益をその後も継続して生み出すことができるのであれば、割安だと判断されて株価が上がりやすい状況といえます。

反対に赤字を計上した場合には、その分だけ株主資本が減少するので、1株あたり純資産も減少してPBRが上昇し、割高感が出てしまいます。
会社が何も対策をしなければ、株価は下がっていくことでしょう。

PBRで株価を判断するときの注意点

PBRで株価を判断するときの注意点

PBRが1倍を下回ると株価は割安だと判断できますが、割安だからといって必ず株価が上がるわけではありません。
上述の通り、会社の損益次第で、将来のPBRが変わってくるからです。PBRが1倍を下回っているにもかかわらず、株価が上がらない、株価が下がっているという場合には、その会社について何か起こっていないかどうかを調べましょう。

今期の損益が赤字になると考えている投資家が多い場合は、来年には株価がそのままでもPBRが上がってしまうと考えられて、株価が上がらないのかもしれません。
買収したグループ会社の業績悪化でのれんの減損損失が見込まれるなどの場合には、会社の資産そのものが減ってPBRが上昇すると予想されているかもしれません。

逆に、PBRが2倍、3倍といった高い数値になっていても、割高であるとは言い切れない場合もあります。
会社が高収益体質なのであれば、数年でPBRが大きく低下すると考えられて株価が上がっているだけなのかもしれません。PBRだけでなく、PERや業績予想などと合わせた投資判断が欠かせません。

PBRが低い銘柄は買収対象になることも

PBRが低い会社は、他の企業から買収されたりTOB(株式公開買付)の対象になったりしやすいことがあります。
上述の通り、会社の資産を比較的安く買うことができるからです。

その場合には、直近の株価よりも高い株価で株を買い取ると発表されます。
直近の株価に上乗せされる部分を「プレミアム」と言います。PBRが低い会社は、「会社の資産を効率的に使って利益を出すことができていない」と市場から評価されているのと同じです。

しかし、高い技術力や強いブランド力を持っている会社であれば、上手に経営すれば業績が上向くはずです。
そこで、別の会社が「自分の会社と一緒にビジネスをすれば、この会社はもっと売上が伸び、利益も出せるはずだ」とシナジー効果があると判断すれば、買収提案をしてくる場合があるのです。

まとめ

PBRは、会社の純資産に対して株価がどれくらいの水準にあるかを見ることができる指標です。
債務超過にでもならない限り、PBRがマイナスになることはまずないため、いろいろな企業での比較がしやすいのは確かです。

しかし、一方で、それだけで投資判断するのは難しい指標でもあります。PERや会社のビジネスモデルや業績も意識しながら活用するのがよいでしょう。

大阪でファイナンシャルプランナーとして活動。
資産運用に関する記事やビジネス関連の記事を多数執筆。
総合評価
(0)
Pocket