初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

オフショア市場とは?初心者にはおすすめできない自由市場

オフショア市場とは?初心者にはおすすめできない自由市場

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★★☆

オフショア市場とは、国をまたいで行われる資産運用などで、国内とは切り離した規制や税制が適用される、国外居住者のための市場です。オフショア市場は金融市場の活性化が期待できる反面、租税回避地(タックスヘイブン)や不正取引の温床になるといった負の側面も指摘されています。

今回は、オフショア市場がどのような金融市場であり、どのようなメリット・デメリットがあるのかを見てみましょう。

オフショア市場とはどのような金融市場なのか

オフショアとは「岸から離れた」という意味で、オフショア市場とは国内市場から切り離された市場です。取引にあたっての規制や課税方式が国内とは異なっており、源泉所得税が課されないのが一般的な特徴です。これによって、グローバル投資が活発になり、世界経済の発展に貢献している部分も少なくありません。

世界で有名なオフショア市場としては、イギリス、シンガポール、香港、バハマ、ケイマン諸島などが知られています。

日本のオフショア市場「JOM」とは

あまり知られていませんが、日本にもオフショア市場が開設されています。それが1986年に開設された東京オフショア市場(JOM)であり、原則として、取引する双方が海外の居住者でなければならず、外国資金同士の「外外取引」だけが認められています。

JOMで取引をする金融機関は、オフショア市場で取引している部分を明確にするために、通常の取引を処理する一般会計とは別に「オフショア勘定」を使って会計処理することが義務付けられています。

オフショア市場で投資するメリットは?

オフショア市場で取引できるのは、富裕層や機関投資家、グローバル企業といったごく一部の資産家に限られますが、オフショア市場では、税制優遇を存分に生かした大きなリターンが期待できる金融商品が少なくありません。また、投資先を分散させることができるため、リスクヘッジ効果も期待できます。さまざまな通貨で世界各国に投資していれば、特定の国家・エリアで深刻な事態が起きたとしても、リスクを限定することができるかもしれません。

オフショア市場で投資するリスクは?

しかし一方で、オフショア市場は、気軽に投資してリターンを得られるような簡単なものではありません。高いリターンを得られる可能性がある代わりに、極めて複雑な仕組みで運用する金融商品が数多く取引されています。しっかりとした投資に関する知識がないままに投資すると、何が何やらわからないうちに損失だけが積みあがるという結果になりかねません。

また、オフショア市場で発生した所得も国内市場の所得と同様に、居住地域の税務署に申告をする必要があります。普通の株式投資であれば、源泉徴収ありの特定口座を開設することで確定申告の手間を省くことができますが、オフショア市場の所得はすべて自分で計算して申告する必要があります。うっかりミスでも漏れがあると、それは「脱税」となってしまいます。

タックスヘイブンが不正の温床となることも

一部のオフショア市場では事実上無税となることから、一部の富裕層やグローバル企業が租税回避地(タックスヘイブン)して活用しているケースも少なくありません。

これだけなら課税回避として合法ではないが違法でもない脱法行為としてギリギリ認められていますが、反社会的勢力が資金洗浄(マネーロンダリング)の舞台としていることもあります。このような犯罪行為や行き過ぎた節税に疑惑の目が向けられていることから、各国の税務当局はオフショア市場に目を光らせています。

パナマ文書やパラダイス文書で問題視

近年、オフショア市場、なかでもタックスヘイブンでの機密文書がリークされるケースが相次いでいます。特に、2016年に流出した「パナマ文書」や2017年11月に公表された「パラダイス文書」をめぐる報道の過熱ぶりは記憶に新しいところです。

これらの文書に掲載されているのは、租税回避行動に関する内容です。租税回避行動は、あくまで合法な行為のリークであり、文書が犯罪行為の証拠となるわけではありませんが、そのような取引の中には、実際に不正行為に該当するものや、犯罪行為による収益が混ざっていることが考えられるため、大きな注目を集めたのです。

まとめ

オフショア市場は、普通に株式投資をしているだけでは縁がない世界だと言えます。しかし、オフショア市場での金融取引は非常に巨額です。しかし、それだけ巨大な取引の舞台になっていることは、そこでのトラブルなどが元になって世界の金融市場に大きな影響を与えることも考えられます。

同じ金融市場で取引をしているのですから、万が一の場合は対岸の火事ではすみません。何か報じられることがあったら、気をつけてチェックしておくのがよいでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。