初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

ナンピン買いとは?株価下落に有効な株の買い方を知っておこう

ナンピン買いとは?株価下落に有効な株の買い方を知っておこう

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★☆☆

ナンピン買いとは、持っている株の価格が下がった時に買い増しをすること。ナンピンを漢字で書くと難平、株価が下がるという"難"を平均化するのです。

持っている株の値段が下がったら、そのまま持っていて株価上昇を待つか、あきらめてすぐに売ることが多いと思いますが、「待つ」「売る」以外の対応方法があることも知っておきましょう。

今回は、株価下落の対応方法であるナンピン買いについて解説します。

ナンピン買いは株の取得価格を下げることができる

ナンピン買いをすると、保有株式の1株当たりの取得価格を下げることができます。具体的にナンピン買いの例を挙げて説明していきましょう。

  1. ① 株価300円の株を100株買った
  2. ② 株価が200円に下がったのでもう100株買い増した

上記の例では、株価が200円に下がった時点で1株当たり100円の損失がでています。しかし、100株をナンピン買いしたことで、保有している株全体で見ると取得単価は250円になり、損失は1株当たり50円と見ることができます。

株価 株数 購入額 平均取得単価
300円 100株 30,000円 300円
200円 100株 20,000円 200円
合計 - 200株 50,000円 250円

保有株数は200株に増えますが、平均取得株価を下げることにより損失を軽減することができるのです。

ナンピン買いはどういう時に使う?

ナンピン買いが効果を発揮するのは、一時的に株価が下落している時です。市場の影響で株価が下がってしまったけど、これから盛り返していきそうな場合に使いましょう。

先ほどの例では平均取得単価は250円まで下げることはできましたが、実質的な損は発生していました。もし株価が250円以上まで戻ると損失は無くなります。①の時点での購入株価300円まで株価上昇を待たなくて済むのです。もちろん、さらに株価が上昇すれば、もっと利益を得られます。

ナンピン買いには下落リスクを抑える効果もある

ナンピン買いには下落に備えられるというメリットもあります。先ほどの例で、株価が上昇せず150円まで下落してしまったらどうなるでしょう。

  • 取得株価300円のままの場合 → 損失150円
  • 取得株価250円にした場合 → 損失100円

このように、損失金額が抑えられていることがわかります。ナンピン買いは保有株式の下落リスクにも対応することができるのです。

ナンピン買いで注意することとは?

ナンピン買いで注意すること

ナンピン買いは、株価が下がったら買い増しをするというものですが、株価が下がるたびに買い増していくのはやめましょう。下落した株価が必ず戻ってくるとは限らないのです。株価が戻らなければそのまま塩漬けになる可能性もあります。

また、ナンピン買いをするタイミングも重要です。ナンピン買いを最大限に有効化できるのは株価が下がりきった底値のとき。株価は、これ以上下がらないだろうと思ってもまだ下がるものです。普段以上に相場を注意深く見る必要が出てきます。

そして、買い増しには資金がかかります。1銘柄だけに集中すると資金がかかり、分散投資が難しくなります。市場が好調でも保有している株式だけが下落しているような状況では利益は得られません。

株の格言に「下手なナンピン、スカンピン」というものがあります。ナンピン買いを失敗すればスカンピン(貧乏・お金がないこと)になってしまうかもしれません。ナンピン買いは損失を抑えるために有効な手段ですが、上記のように注意すべき点があることをよく理解しておきましょう。

ナンピン買いは計画的に行おう

ナンピン買いはハイリスク・ハイリターンになりがちな手法です。実際に取り組む場合は計画的に行うようにしましょう。

特に、事前に何回まで買い増しをするかは決めておいたほうが良いでしょう。いくら資金が潤沢にあっても株価が下がるたびに買い増しをしていけば保有株数は膨れ上がります。株価が上がれば良いのですが、停滞したり下がり続けても大量の同一銘柄をそのまま保有することになります。これは投資をする上で大きなリスクになります。

1.株価の下落が一時的なものか見極めること、2.ナンピン買いするなら何回までするか、という2点は必ず決めておきましょう。

また、損切り(ロスカット)のタイミングも考えておいたほうが良いでしょう。いつか上がるはずだと保有していても下がり続ける場合があります。○○円まで下がったら必ず売却する、と決めておくことが大切です。

売り時を探るために相場に張り付くよりも、損切りして新たな株に切り替えたほうが良い場合もあるのです。

まとめ

ナンピン買いは「売る」「待つ」だけではない、株価下落時の対応法として有効な手段です。平均取得価格を下げることができるため、株価上昇により利益を得る可能性も出てきます。

しかし、タイミングを間違えると大きな損失を抱えることにもつながります。使いどころや損切りのタイミングに注意して利用しましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。