初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株式投資の成功率が高まる?相場の勢いを測る「モメンタム」とは

株式投資の成功率が高まる?相場の勢いを測る「モメンタム」とは

横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

株式投資では、相場の流れを読むことが大切です。どういった業種に将来性があり、投資資金が流れ込んでいるのかを理解していると、投資の成功率が高まるのです。

実は、相場の流れは簡単に計算することができ、テクニカル分析でも指標の一つとして利用されています。今回は、相場の強弱を測る指標「モメンタム」の使い方について確認してみましょう。

モメンタムとは?

モメンタムとは、相場の勢いや方向性を見ることができるものです。モメンタムを使うことで、今の相場状況をつかみ、投資判断に活かすことができます。

モメンタムには、株価を使って分析する「株価モメンタム」や、決算内容を使って分析する「業績モメンタム」があります。

簡単に使うことができる「株価モメンタム」

モメンタムは「0以上なら強気(上昇見通し)」「0以下なら弱気(下降見通し)」と判断する単純な仕組みです。株価モメンタムは、それを株価を使って計算するだけなので誰でも簡単に分析できます。

株価モメンタムは「当日の終値-○日前の終値」で求められ、これがプラスなら強気、マイナスなら弱気とします。ただ、これだけでは単純すぎて信用できにくいため、このモメンタムがどのように動いているかを見て以下のような投資判断をします。

  • プラスの値だったモメンタムが、さらに上昇した=上昇の勢いが増している
  • 株価は下落しているのに、モメンタムは下がっていない=下落の勢いが減少している

株価モメンタムの売買タイミング

株価モメンタムでは、次のような時が売買タイミングだと言われています。

【買いタイミング】

  • モメンタムがマイナスからプラスに転換した
  • プラスの値であるモメンタムがさらに上昇した
  • 株価が下落しているのにモメンタムが横ばいなら、下落相場からの転換点が近い

【売りタイミング】

  • モメンタムがプラスからマイナスに転落した
  • マイナスの値のモメンタムがさらに下落した
  • 株価が上昇しているのにモメンタムが横ばいなら、上昇相場の終わりが近い

株価モメンタムはダマシが多い?

株価モメンタムはとても単純な仕組みであることがわかりました。これにより売買タイミングのサインが頻繁に発生し、ダマしになるケースがとても多くなることを覚えておきましょう。

そこで、株価の移動平均線と同じように、モメンタムの移動平均線を引くことで、サインが発生するケースを減らし、ダマシのサインも減らすことが可能です。ここで注意しておきたいのは、自分なりの判断基準を持つこと。

株価モメンタムを使った投資判断は、いくらでも結果を調整することができてしまいます。何日前の株価と比較するのか、何日分のモメンタムを平均するのか、これらの2軸の組み合わせは非常に多いため、自分にとって都合の良い結果が出る組み合わせを見つけてしまうことがあるのです。

株価モメンタムで判断するときは、「○日前の株価と比較して△日分のモメンタム平均を使う」という基準を作って、その基準を使うように決めておきましょう。

「業績モメンタム」はどうやって使う?

業績モメンタムは、理論上は決算内容によって株価が変動する、ということを利用しています。

例えば、売上の増加率や利益の増加率、EPSやBPSの増加率などを用いて、その変動度合いから投資判断を行います。アナリストの予想や投資家の予想よりもよいモメンタムが出ているのであれば、買いだと判断されたりします。

業績モメンタムはデータ量が少なく判断が難しいのが難点

業績モメンタムは、株価モメンタムほどデータの調整ができないため、客観的な投資判断をすることができます。しかし、問題はデータ量が少なく投資判断に結びつけるのが難しいことです。

決算が発表されるのは年に4回の四半期決算ごとなので、投資判断できる機会が非常に少ないのです。また、EPSが2倍になったとしても実際に株価が上昇するかどうかわかりませんし、材料出尽くしで下落するケースもあります。

業績モメンタムだけで判断するのではなく、その他の情報なども含めて総合的に判断する必要があるのです。

まとめ

モメンタムは、簡単に投資判断をすることができる指標です。しかし、誰にでも簡単に使えるということは、うまくいかないケースもたくさんあるということを認識しておきましょう。

モメンタムだけで判断するのではなく、その結果が株価や業績の勢いにつながっているのか確認し、他の情報とも一緒に分析するための参考指標として活用するのがよいでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。