初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

よく聞く「時価総額」とは何なのか?企業規模や信頼度を株式投資に活かす

よく聞く「時価総額」とは何なのか?企業規模や信頼度を株式投資に活かす

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★☆☆☆☆

テレビなどで企業のニュースが取り上げられる時に、「時価総額」という言葉が出ることがあります。株式投資と時価総額の関係とは一体どのようなものなのでしょうか。そして、私たち一般投資家の株式投資にも活かすことができるのでしょうか。

今回は、時価総額について掘り下げて見ていきましょう。

時価総額から何が分かるのか?

時価総額は以下の計算で算出できます。

時価総額 = 株価 × 発行済み株式総数

日本には多くの上場企業がありますが、2017年12月時点での時価総額上位の企業を見てみると、「トヨタ自動車(7203)」「NTT(9432)」「三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)」「NTTドコモ(9437)」「ソフトバンクグループ(9984)」となります。

誰もが聞いたこと・利用したことのあるグローバル企業がズラリと並んでいることから分かるように、時価総額の大きさは、そのまま企業の大きさを表す参考になるのです。

時価総額が大きいと何が有利なのか?

時価総額の大きさが企業に有利に働く場合として、「企業買収の対象になりにくくなる」点があります。買収する側もあまりにも買収価格が高くなると手を出しにくくなるのです。

また、時価総額の高さは信用にも繋がり、より資金が集めやすくなり、ますます時価総額が大きくなるという利点もあります。資金が集めやすいということは投資対象とする投資家も増えることにつながり、株式の流動性が高まることを期待する投資家もいるようです。

時価総額が大きい企業に投資した方がいい理由

時価総額が伸びている企業は「株価が上昇している」「総株式数が増えている」企業であり、将来・成長が期待できる企業と見て間違いないでしょう。安心感もあり、成長もしている企業ならば、投資対象として魅力的と言えます。

時価総額が大きい企業は倒産リスクも小さく、投資初心者には魅力的な投資先になります。個別銘柄への投資をはじめるならば、時価総額が大きく、信頼度も高い企業の株式からはじめるのがいいでしょう。流動性もあるため、もし株価が下落して損切りをしたくなったとしても、すぐに売却できる可能性も高くなります。

時価総額が大きいことのデメリットはある?

時価総額が大きさがデメリットとなる場面として、値動きが鈍いことがあげられます。流動性が高く、すぐに売買できる反面、総発行株式数が非常に多いことから、個人投資家の数百株、数千株程度の売買では、値動きにはほとんど影響しません。

また、企業によっては、目先の時価総額を増やすために株価をつり上げるような経営をしているところがあります。このような企業に投資をすることは中長期的に大きなリスクとなるので、できるだけ避けたいところです。

投資をする時は、業績や株価が継続して伸びている企業なのかを確認してください。さらに経営計画等が発表されているのならば、必ず目を通しておくようにしましょう。

時価総額が小さい企業の株式は買ってもいい?

時価総額が小さい企業は相応に株価も低く、少ない資金で株式を買いたいという場合には最適の投資先です。

このような企業は流動性が低く取引量も少ないため、機関投資家の資金が入ってくることもほとんどありません。つまり、個人投資家の売買のみで株価が大きく動くことが期待できるので、短期的な売買を考えるなら最適な投資先と言えます。

時価総額が小さい株式で気を付けないといけないこと

時価総額が小さい株式は値動きの大きさが魅力ですが、その反面、時価総額が大きい株式に比べてどうしても信用と流動性が低いというデメリットがあります。特に流動性の低さは、売買したいタイミングで取引が成立しないリスクにもつながります。

特に短期売買をしたい人は、毎日の株価とあわせてどの程度の取引が成立しているのかも見ておいた方がいいでしょう。

まとめ

時価総額は企業規模や信用度を見る上でとても大切なもの。ただ、投資先選定という目線でのみ見る場合は、時価総額の大小どちらかが有利とは決まっていません。

少々金額が高くても時価総額が大きい株を買うか、流動性に疑問はあっても値動きが良い時価総額が小さい株を買うかは人それぞれです。自分が何を優先するか決めてから投資すると良いでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。