初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

投資初心者の銘柄探しは取引のしやすさを表す「流動性」に注目

投資初心者の銘柄探しは取引のしやすさを表す「流動性」に注目

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資で重要視すべきことにある銘柄が市場に出回っている度合い「流動性」があります。いくら株価が低く買いやすい銘柄があっても、が低かったら投資に値しないといわれています。流動性の高低は、株式取引にどう影響するのでしょうか。

今回は、流動性の見方や実際の取引にどう活かすのかを見てみましょう。

取引の成立のしやすさに影響する「流動性」

流動性が高い銘柄はいつでも売買できるため、取引が成立しやすくなります。反対に流動性が低い銘柄は、取引相手が見つけにくく、取引が成立しにくくなります。

流動性が低く売買が成立しないと、利益確定や損切りがうまくいかなくなるリスクが大きくなります、そのため、流動性が高い銘柄は人気銘柄となるので値上がりしやすく、流動性が低い銘柄は不人気銘柄となって、さらに値下がりする傾向があります。

流動性が高い銘柄には機関投資家も積極的に参加する

流動性が高い銘柄には、個人投資家だけではなくヘッジファンドや金融機関、年金基金など積極的に取引に参加するようになります。機関投資家が積極的に取引に参加することで、流動性を高水準を維持するのに貢献します。

流動性の高い銘柄の特徴

流動性の高い銘柄の特徴として、時価総額が大きく、発行株数の多い銘柄であることは外せない条件です。

ジャスダックやマザーズ上場銘柄よりも、東証一部・二部上場銘柄の方が高い流動性を期待できます。

流動性はどこで確認することができる?

流動性を確認するもっとも簡単な方法は、新聞の株価欄を確認することです。全ての上場銘柄の前日の出来高が一覧で掲載されているので、どの銘柄の出来高が多かったのかが一目瞭然です。また、ヤフーファイナンスでも出来高ランキングは毎日発表されています。

流動性が高い銘柄を選ぶのが肝心

銘柄選びで迷っているなら、流動性の高さを基準に選んでください。流動性が高い銘柄は売買が成立しやすいだけではなく、時価総額が大きいので、個人投資家の取引が株価に影響することは極めてまれです。

また、流動性が高い銘柄は知名度が高い銘柄であることが多く、投資情報の収集もしやすいので、投資判断を下しやすくなるのも見逃せないポイントです。

流動性が高くても注意しないといけない場合

流動性が高い銘柄は取引のリスクを低くできますが、流動性の高さによっては注意が必要なケースもあります。

例えば、とくに材料もないのにそれまで低い水準で推移していた銘柄の流動性が高まったような場合は、仕手筋が参入していることが考えられます。仕手筋が参加している銘柄は仕手株となりやすく、取引を続けるリスクは大きく高まります。

まとめ

出来高が大きく流動性が高い銘柄は、売買が成立しやすいことや株価が安定的に推移する傾向があることから、投資初心者が参加するには最適な銘柄と言えます。

新たに銘柄探しと投資をはじめるなら、流動性は注目したいポイントの一つといえるでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。