初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

貸株の仕組みと注意したい逆日歩の関係

貸株の仕組みと注意したい逆日歩の関係

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

信用取引で空売りをするときに借りてくる株式を「貸株(かしかぶ)」といいます。個人投資家にとって、貸株は空売りをするときに借りるだけではなく、貸しだすこともできます。

今回は、貸株の仕組みや個人投資家が貸株を利用するときの注意点を見てみましょう。

投資家から証券会社に株式を貸し出す「貸株」

貸株とは、個人投資家が保有している株式を証券会社に貸し出すことで、利息を受け取れるサービスです。このときに受け取る利息を貸株金利と言います。

証券会社に貸し出された株式は、証券会社が機関投資家などに貸し出すので、証券会社も貸出金利を受け取れます。

貸し出し中は株主の権利に制限がかかる

証券会社に株を貸出している間は、株式保有者の名義人は証券会社になります。証券会社の口座設定によって配当や優待は受け取れますが、長期保有の継続特典を失うなど、株主の権利に一部制限がかかります。

貸株不足になると逆日歩が発生することも

貸株は有限なので、仮に空売りが殺到すると貸株を準備しきれず、株式を保有している機関投資家などから、不足分を追加で借りてくる必要が生じます。

このときに証券会社が投資家から株式を借りるコスト(逆日歩)が発生します。貸株不足になると逆日歩が発生するのですが、空売りをするタイミングでは逆日歩がつくのか、いくらになるのかはわかりません。

逆日歩が発生するかは事前にはわからない

翌日には、1株・1日あたりの「前日分の逆日歩」がいくらになるかが公表されます。決済日は週をまたぐと、3日分の逆日歩の支払いが発生します。なお、このときには貸株料と異なり、決済日当日を含みません。

例えば、100株空売りして逆日歩が10円だと、3日分であれば3,000円になります。このように、逆日歩が高額になると空売りでの損益が一気に悪化するリスクがあります。

貸株がどれくらいあるかは毎日公表される

個別銘柄の制度信用取引では、どれだけの信用買い・空売りが行われているかを表す「信用残高」が毎日公表されています。買残よりも売残が少ない場合は「貸株が不足していない状態」と言えます。反対に売残の方が多ければ、その状態が解消されないと貸株不足になり、逆日歩が発生する可能性があります。

ただし、売残の方が多い(貸借倍率が1未満)場合でも、証券会社などが保有する株式で貸株を確保できる場合には、逆日歩は発生しません。

貸株の多寡で値動きを予測できる?

貸株が多くなっているということは、株価が下がると予想している人が多いと言えますが、その一方で、将来に買い戻しが入ることは決まっています。

貸株と逆日歩の多寡は先々の株高要因の一つとして注目を集め、逆日歩が発生したことをきっかけに、株価が上昇するケースも見られます。

まとめ

貸株は有限であるため、空売りの状況によっては貸株料に加えて逆日歩が加算されて、思わぬコストが発生することも珍しくありません。

貸株のメリットとデメリット将来には買い戻されることも理解しておきましょう。貸株の状況を見て、買い時や売り時を見計らうことも可能です。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。