初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

出遅れ銘柄が狙い目?今後が期待できる優良出遅れ株の探し方とは

出遅れ銘柄が狙い目?今後が期待できる優良出遅れ株の探し方とは

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資をしていると、大きな値上がりを期待できる銘柄として「出遅れ銘柄」という言葉をしばしば聞きます。他の銘柄よりも株価が低くお買い得に見えますが、本当にすぐに買っても大丈夫な銘柄なのでしょうか?

今回はそんな出遅れ銘柄がどのようなものか、また、実際に出遅れ銘柄に投資をするときのメリット・デメリットを見てみましょう。

出遅れ銘柄とはこんな銘柄

出遅れ銘柄とは、他の銘柄の株価が上昇しているのに株価が停滞している銘柄のこと。相場全体もしくは同業種の株価が上がっているのに、出遅れ銘柄は株価の動きが鈍いことから、この名前で呼ばれています。

株価の上昇局面で最初に投資家に目をつけられるのは大規模企業であり、そこから中規模企業、小規模企業へと移っていきます。大規模企業の株価のみが上昇している時期は、中規模・小規模企業は出遅れ状態といえるでしょう。

企業規模とも通じる部分がありますが、取引数が少ないという理由から出遅れることもあります。投資家は取引が成立しやすい出来高が多い銘柄を好むので、出来高の多寡が出遅れの理由になることは珍しくありません。

また、市場全体が値上がりしているのに業種全体が遅れている業種の出遅れ銘柄は、業種そのものに問題があると考えられるため、業種そのものが出遅れ銘柄となっているなら、投資対象としてリスクが高いと言えます。

株価が低い出遅れ銘柄はお買い得と言えるのか?

新たに投資先を探す時、なるべく株価が低い銘柄から選びたいと考えている人も多いでしょう。しかし、株価が低いだけではお買い得とは言えません。どうして株価が低いのか、今後の株価予想はどうなっているのかを必ず確認してから買うようにしましょう。

特に、相場全体が上昇しているのに全く値動きのない銘柄は何らかのリスクを抱えている可能性があるため、手を出さないのが賢明であることは珍しくありません。

優良出遅れ銘柄を探す方法とは?

では、出遅れ銘柄の中でも今後が期待できる優良株を探すことはできるのでしょうか?もっとも簡単な方法は投資雑誌や投資情報サイトを参照することです。ただし、投資情報は意外に古いものもありますので、いつ書かれた情報なのかを確認してから参考にしましょう。

また、直接的に銘柄を勧めていなくても、「投資信託」の組み入れ銘柄が参考にできることがあります。投資信託の組み入れ銘柄は企業分析のプロ(アナリスト)が選ぶので、出遅れ銘柄でも今後の値上がりが期待できる銘柄が組み入れられていることは少なくありません。「割安株(バリュー株)」「低位株」ファンド等が参考になるはずです。

証券会社の情報も見逃さない

投資雑誌やサイトの影に隠れがちですが、証券会社の情報も侮ってはいけません。証券会社には専属アナリストが日頃から情報を分析していて、その結果を発表しているので使わない手はありません。

証券会社によっては定期的にアナリストの投資判断や出遅れ銘柄の洗い出しをしていることがあるので、見逃せません。これらの情報は口座開設者に限定して公開されている情報も珍しくないので、証券会社を選ぶときには情報の豊富さも参考にしましょう。

出遅れ銘柄投資にメリットはある?

出遅れ銘柄に投資するメリットは何といっても「割安水準である企業に投資できる」ことです。複数の銘柄を持ちたい場合、1株あたりの株価の低さは重要です。また、優良出遅れ銘柄なら今後の株価上昇にも期待が持てることもポイントです。

万が一、予想に反して株価が動かなかったとしても、低価格で購入しているため損失が少なくて済むのもメリットでしょう。

出遅れ銘柄投資のデメリットとは?

読みが外れて株価が下落するとき、特に複数の銘柄を持っている場合は注意が必要です。株式市場全体が下落すると、出遅れ銘柄もその影響を受けることになります。購入時より安値水準で株価が落ちついてしまえば、売るに売れない「塩漬け株」になることもあります。

出来高が少ない銘柄に投資をするときには、売買リスクがあることに注意して取引しましょう。

まとめ

ここまで見てきたように、出遅れ銘柄への投資は、大きなリターンが期待できるものの、相応のリスクがある投資と言えます。出遅れ銘柄を投資対象とするときには、出遅れている理由をしっかりと分析してから投資をすることが欠かせないと言えそうです。

出遅れ銘柄は当たれば大きな利益が出ることもあります。投資する価値は十分あるため、日頃から投資に値する銘柄を探探してみるのも良いのではないでしょうか。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。