初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

IPO投資とは?新規上場する株式銘柄で高い利益をあげよう

IPO投資とは?新規上場する株式銘柄で高い利益をあげよう

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

新規株式公開(IPO)で売り出される株式をIPO株といい、IPO株を購入して売却益を得る投資方法をIPO投資やIPO株投資法といいます。IPO投資は高い確率で大きな利益を望める投資法として人気ですが、その仕組みをしっかりと理解しておく必要があります。

今回は、IPO投資の方法と成果を出すためのコツを解説します。

IPO投資とはどんな投資方法なのか

まずはIPO投資がどんな投資方法なのか確認していきましょう。もっとも単純で利益を上げやすいのが、「公募買い、初値売り」でのIPO投資です。

IPOでは、上場前に売り出す株式の購入希望者を公募します。その公募に応募して当選するとIPO株を手に入れることができます。公募で購入できる価格を公募価格といい、機関投資家などに調査をした上で、証券会社と上場する企業が決定します。p>

上場初日に初めて取引が成立する株価を初値といい、初値が公募価格より高くなったタイミングで売ることで売却益を得ることができます。公募価格は購入希望者を集めるため、予想される初値よりも安い金額で設定されるのが一般的です。

IPO投資では、公募での購入申し込みに当選した時点で、かなりの確率で利益が出ると言われています。実際、2017年1月から3月までに29社が上場しましたが、そのうち26社が公募価格を上回る初値を付けています。

なぜIPO株は値上がりする?

「株価は半年先や1年先を反映している」という言葉もある通り、ある企業は将来成長するとみなされれば、その企業の発行する株式に需要が集まり株価が高くなります。

そもそも株式上場は、株式公開によって集めた資金を使ってさらに会社を成長させるためのもの。IPO株の初値が高くなるのも納得できるでしょう。

また、新規上場する会社は、まだ成長過程のため大きな会社ではない場合がほとんどです。時価総額や発行済み株式数も少なく、ちょっと人気になるだけで大きく株価が上がりやすいという特徴もあります。

すべてのIPO株が値上がりするとは限らない

IPO株の初値はかなりの確率で公募価格を上回りますが、上場後に株価が低迷するケースもあります。また、初値が高くなりすぎたり、上場前の株主が株式を売却しようとすると、株価が下落するケースもあるので、上場後もIPO株を保有する場合は、その点に注意しておきましょう。

また、"上場ゴール"と呼ばれるような、上場後の成長よりも公募価格を高くすることを目的にしているような会社もあります。そのような会社の株価は、初値や上場直後に高値を付け、長期にわたって株価が低迷し続けるため、長期投資には向いていません。

市場や景気の動きもIPO投資に影響を与える

IPO投資は株式市場全体の動きにも左右されます。市場全体に勢いがあるときは、初値が公募価格を大きく上回るケースが増えます。初値が高くなると上場後の価格変動も大きくなるため、取引タイミングには注意が必要です。

逆に、市場に勢いがない場面は、初値が公募価格を下回るケースが増加します。将来的に成長が期待できる会社なら株価が低迷しているときに買付け、後の株価上昇を狙うという方法もあります。

景気に全く左右されない会社は無いため、市場全体の値動きに左右されるのは当然と言えば当然です。IPO投資なら必ずもうかると思い込んで、過剰なリスクをとらないようにしましょう。

IPO投資がうまくいかない場合は?

IPO投資で利益が出にくいのは、どういった場合でしょうか?次のようなことが考えられます。

  • 市場に勢いがない(直近のIPO株の初値があまり高くなっていない)
  • 公募価格が仮条件の上限に決まらなかった(人気がなさそうだと思われている)
  • 上場するときの資金調達価格が大きすぎる
  • 数日違いで人気のある会社が上場する

このような場合には、初値が公募価格を大きく上回る可能性は低くなる傾向があり、場合によっては公募価格を下回ることになります。必ず低くなると言い切れるものではありませんが、IPO投資で利益が出せないという方は参考にしてみてください。

まとめ

IPO投資は公募で株を手に入れられる可能性は低いですが、うまくいけばかなりの確率で大きなリターンを得ることができます。「当たればラッキー」くらいの気持ちで、何度も挑戦してみるのが良いでしょう。

ただし、なんでもかんでも申し込むのではなく、初値が公募価格を上回りそうなIPO株に申し込むのが利益を出すためのコツです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。