初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
保険業界をテクノロジーが変える。話題の「インシュアテック(InsurTech)」とは?

保険業界をテクノロジーが変える。話題の「インシュアテック(InsurTech)」とは?

徳田陽太
このエントリーをはてなブックマークに追加
株の知識レベル:★★☆☆☆

フィンテックやIoT、さらには、スマートホームや人工知能。近年、私たちの取り巻く生活環境は徐々に変わりつつあります。第四次産業革命の足音が、間近に聞こえ始めているのです。第四次産業革命の特徴は、テクノロジーとの融合にあります。

これらの例の特徴は、すべてテクノロジーと融合している点です。今回、解説するインシュアテックもテクノロジーと融合する新しい産業の形です。ここからは、インシュアテックの基礎知識と、その特徴について確認していきたいと思います。

インシュアテックは保険とテクノロジーを掛け合わせた造語

保険を英語で言うとインシュアランス(Insurance)。情報科学を英語で言うとテクノロジー(Technology)です。つまり、インシュアテック(InsurTech)は、インシュアランスとテクノロジーを掛け合わせた造語なのです。フィンテックの保険バージョンですね。

フィンテックは金融を意味するファイナンスと、テクノロジーを掛け合わせた造語です。より保険の領域に、テクノロジーの技術を落とし込んだ新産業や取り組みをインシュアテックと言うのです。

ペーパーやウェブを通した情報の正確性には限界がある

では、なぜインシュアテックの取り組みが進んでいるのでしょうか。それは、情報の精度を高めるためです。

例えば、自動車保険の契約のシーンを想像してみて下さい。どこの保険会社を選んでも、ヒアリングされる内容は変わりません。運転免許証の色や、年齢、運転歴を表す等級、現在の保有点数。この程度でしょう。しかし、これらの情報における正確性は、決して高いとは言えないのです。

確かに、安全運転をしている人の保有点数が高く、運転免許証の色もゴールドである可能性が高いと言えます。しかし、日常的に荒い運転をしている人でも、たまたま警察に捕まっていないケースもよくあるのです。

保険会社にとっては、なるべく支払い保険料を削減したい。インシュアテックは、この保険会社の思惑に合致したテクノロジーなのです。

損保会社は、実際の運転データから保険料を算出

では、具体的にどのようなアプローチでインシュアテックが応用されているのでしょう。

インシュアテックは、保険料算出の際に、非常に質の高い働きをします。例えば、被保険者の自動車に端末を取り付けることで、普段の走行状況を確認することができます。平均時速や、ブレーキの踏み方、さらには、運転の癖まで知ることができてしまいます。

当たり前ですが、急ブレーキを踏み、スピードを出した運転をするドライバーの方が、事故率が高くなります。このようなケースでは保険料が加算される、というわけです。

今までのペーパーやウェブ上の情報だけでは知り得ない、本質にアプローチした情報収集ができるため、保険会社は無駄な保険料支払いを大幅に軽減できるのです。

生命保険会社は、ウェアラブル端末で情報収集

生命保険業界においても、インシュアテックの動きが広がりつつあります。

生命保険会社における、インシュアテックでは、被保険者にウェラブル端末を取り付けることにより、心拍数や血圧等のデータを収集します。これらの情報を保険会社に継続的に送ることで、保険料算出の精度を高めていきます。

こちらも、保険会社側が無駄な保険料支払いリスクを避けられるため、収支改善に向けた有効な取り組みといえるでしょう。

被保険者には保険非加入リスクも

被保険者には保険非加入リスクも

ここまでは、インシュアテックが保険会社にもたらす、ポジティブな側面について解説しました。しかし、被保険者の立場に立ったときには、決してポジティブな側面ばかりではありません。インシュアテックにより、保険に入られなくなるリスクが出てくるのです。

自動車保険、生命保険、いずれにしても、将来支払い保険料リスクが感じられる被保険者には、多額の支払い保険料を課すことになります。あまりに合理的すぎるがゆえに、保険会社はリスクの高い被保険者とは契約したがらないのです。最悪の場合、そもそもの契約を断られるケースがあります。

このように、被保険者の観点から考えると、保険に加入できなくなるリスクがあるのです。

既往歴がある患者の救済策になる可能性も

ただし、生命保険の加入に関しては、既往歴がある患者の救済策になる可能性があります。従来の生命保険加入システムであれば、一度、重病を患ったがゆえに、たとえ完治していても保険加入が断られるケースがあります。

このようなケースでは、保険加入希望者の健康状態が良いことも散見され、既往歴が理由で保険勧誘が断られることには不公平感がありました。

しかし、上述したようなインシュアテックの取り組みを行うことで、これらの加入希望者が救済されるケースがあるのです。よって、生命保険の加入希望者にとっては救済策となる可能性も秘めているのです。

まとめ

インシュアテックを取り巻く環境は、保険会社と被保険者それぞれの思惑が交錯し、メリットとデメリット双方が存在します。いずれにせよ、今後、インシュアテックの取り組みは拡大して行く可能性が高いでしょう。

今後伸びていくであろう、インシュアテックに関連する株式銘柄を物色する上でも、これらの背景や両者の思惑を押さえることは非常に重要です。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。