初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

インカムゲイン、キャピタルゲインとは?理解しておくべき2つの違い

インカムゲイン、キャピタルゲインとは?理解しておくべき2つの違い

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資で得られる利益は、インカムゲインとキャピタルゲインの二つにわけることができます。この違いは投資銘柄を選定するときに非常に重要であり、株式投資をはじめるにあたって必ず理解しておきたい基礎知識です。

インカムゲインとキャピタルゲイン、どちらを狙うかによって、投資方法も大きく異なってきます。今回は、インカムゲインとキャピタルゲインの違いについて見てみましょう。

インカムゲインとは配当益のこと

インカムゲインとは、株式投資で株式を保有することで発生する配当や投資信託の分配金、債券の利息といった、保有しているだけで継続的に発生する収入を指します。

資産運用でリスクを抑えた安定運用を目指すのであれば、高配当銘柄に集中投資をするなど、インカムゲイン狙った投資が一般的です。

債券のインカム収入は固定、株式の配当は企業業績に左右

厳密にいえば、銀行預金の利息もインカムゲインと言えますが、ほぼ金利がつかない現在、利息収入としてとらえることは現実的ではないでしょう。銀行の預金利息に匹敵する安定的なインカムゲインとしては、債券の利息があげられます。日本国債もかなりの低金利ですが、社債であればその限りではありません。誰もが知っているような企業でも、高金利社債を発行していることは珍しくありません。

これに対して、株式の配当は必ずしも保障されたものではなく、ベンチャー企業を中心に成長株(グロース株)では配当を出さない無配も珍しくありません。配当がある銘柄でも、その金額は企業業績に左右されることはインカムゲインを狙う投資のリスク要因と言えます。

キャピタルゲインとは、売却益のこと

キャピタルゲインとは、株式取引で利食うことができたときに発生する売却益のことをいいます。これに対して損切りしたときの損失はキャピタルロスです。

とまった利益を狙うためにはある程度の期間保有する必要があるインカムゲインに対して、キャピタルゲインは比較的早期に利益を狙えることから資金効率がよく、短期投資家の人気を集めています。短期投資家の多くは、キャピタルゲインを狙う投資が中心となるため、値動きの大きい低位株やボロ株に人気が集中する傾向があります。

キャピタルゲイン狙いの投資はハイリスクハイリターン

キャピタルゲインを狙う投資では、どうしてもハイリスクハイリターンになりがちです。円建て債券の金利は、高くても1%に満たず、株式の配当も3%を超えれば高配当銘柄と言われるのに対して、キャピタルゲインを狙う取引では単日で10%を超える利益を狙うこともできます。早めにまとまった利益を得るのであれば、キャピタルゲイン狙いの投資が適しています。

インカムゲインは事前にある程度配当を計算できるのに対して、キャピタルゲインの利益は事前に予測できません。そのため、保有資産下落時のリスクヘッジをしなければ、ハイリスクハイリターンの投資になる傾向があります。

投資初心者はインカムゲイン重視の投資から

短期投資で利益を上げることは、投資初心者にはハードルの高い運用と言えます。これに対してインカムゲインに軸足を置いた投資は、保有資産が値下がりしても、配当収入が損失を相殺してくれることから安定感のある投資が期待できます。

また、債券をはじめとする安全資産は、株式に比べて価格変動リスクが小さいことから、株式と債券の両方をポートフォリオに組み込むことで、ポートフォリオ全体の安全性を高めることが期待できます。

インカムゲインとキャピタルゲインのバランスが重要

インカムゲインだけではリターンが低くとどまり、キャピタルゲインだけハイリスクハイリターンの投資になってしまいます。リスクとリターンのバランスを取るためには、ポートフォリオのバランスによりインカムゲインとキャピタルゲインのバランスを取ることも重要です。

キャピタルゲイン狙いなら株式の割合を多くする、インカムゲイン狙いなら債券の割合を増やすといったように、組み入れ資産のバランスに気を配ったポートフォリオ作りが重要なのです。

まとめ

インカムゲインとキャピタルゲインでは、その性質は大きく異なります。どちらに偏りすぎる投資はリターンに比べてリスクが大きくなるため、それぞれの特性や投資対象となる資産が持つ特性を勘案して、投資戦略を練る必要があります。

まずは、インカムゲインとキャピタルゲインの基礎知識を確実に押さえること。そうすることで、投資の際の選択肢も広がるでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。