初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
インカムゲイン、キャピタルゲインとは?理解しておくべき2つの違い

インカムゲイン、キャピタルゲインとは?理解しておくべき2つの違い

徳田陽太
このエントリーをはてなブックマークに追加
株の知識レベル:★★☆☆☆

株式の利益は大きく二つに大別することができます。インカムゲインとキャピタルゲインです。この両者の違いは、投資銘柄を選定する際にも非常に重要で、投資家は必ず理解しておくべき基礎知識です。

投資スタンスによっても、インカムゲイン狙いの投資を行うか、キャピタルゲイン狙いの投資を行うか異なります。ここからは、両者の違いについて詳しく確認して行きたいと思います。

インカムゲインとは配当益のこと

インカムゲインとは、配当益のことを指します。株式投資における配当がそれに当たります。投資信託の分配金や、債券購入時の利息収入もインカムゲインに当たります。

つまり、ある金融資産を保有することで、継続的に受け取ることのできる収入のことです。安定的な運用を目指す際には、インカムゲイン狙いの投資を行うことが一般的です。

債券のインカム収入は固定、株式の配当は企業業績に左右

銀行預金の利息もインカムゲインに当たりますが、金利が低すぎて利息収入と言うには現実的ではないでしょう。

銀行預金の利息に次いで安定的なインカムゲインは、債券の利息だと思います。日本国債ですと、金利はかなり低いと言えますが、社債であればその限りではありません。誰もが知っているような企業でも、銀行金利を凌駕する金利を出しているケースもあります。債券におけるインカムゲインは、一定期間は金利が保障されることもメリットです。

一方で、株式の配当は必ずしも保障されません。そもそも配当を行わない無配企業もあります。また、配当があったとしても、その額は企業業績に左右されることが一般的です。ここは基礎知識として押さえておきましょう。

キャピタルゲインとは、上値売却益のこと

キャピタルゲインとは、上値売却益のことをいいます。下値売却損はキャピタルロスです。キャピタルゲインとは、株のトレードで利食うことができたときに発生します。

短期投資家の多くは、キャピタルゲイン狙いの投資を行います。その他、債券、金や不動産で獲得することが出来た売却益もキャピタルゲインに含まれます。

キャピタルゲイン狙いの投資はハイリスクハイリターン

ある一定時期まで待たなければ利益を獲得することのできないインカムゲインに対して、キャピタルゲインは比較的早期に利益を獲得出来る可能性があります。

キャピタルゲイン狙いの投資は、ハイリスクハイリターンであることが特徴です。円建て債券の金利は、高くても1%に満たないケースがほとんどです。また、株式の配当も3%を超えれば優秀と言われます。

しかし、キャピタルゲイン狙いの株式のトレードでは、単日で10%を超える利益を上げられるケースもあります。つまり、早期に大きな利益を上げたい場合には、キャピタルゲイン狙いの投資が適しているわけです。

基本的に、インカムゲインは将来約束された配当を得られるのに対し、キャピタルゲインの利益は約束されていません。キャピタルゲイン狙いの投資は、保有資産下落時のリスクヘッジもなく、ハイリスクハイリターンの投資といえます。

投資初心者はインカムゲイン重視の投資から

投資初心者はインカムゲイン重視の投資から

短期投資で利益を上げることは、至難の業です。チャートを分析する、テクニカル分析を駆使しなければならないなど、投資初心者にはハードルの高い運用と言えます。

一方で、インカムゲインに軸足を置いた投資であれば、比較的安心感を持った投資が可能になります。仮に、保有資産が値下がりしたとしても、配当収入が損失を軽減してくれるからです。

また、債券をはじめとする安全資産は、株式に比べて価格変動リスクがありません。株式と債券の両方をポートフォリオに組み込んだ、ハイブリッド型の投資を行うことで、保有資産の安全性を高めることができるのです。

インカムゲインとキャピタルゲインのバランスが重要

上述したように、利益の種類を分散することは非常に重要です。キャピタルゲインにだけ頼りすぎても、ハイリスクハイリターンの投資になってしまいます。

しかし、インカムゲインに軸足を置きすぎると、思ったような利益を上げられないケースが出てきます。理想のリスクとリターンのバランスを築き上げるには、インカムゲインとキャピタルゲインのバランスが最も重要になります。

株式でキャピタルゲインの狙いをするのであれば債券の割合を多くする、インカムゲイン狙いの投資で配当収入を増やしたいのであれば外国債券や仕組債、といった選択肢もでてくるでしょう。組み入れ資産のバランスに気を配ったポートフォリオ作りが重要なのです。

まとめ

インカムゲインとキャピタルゲイン、同じ利益でもその性質はまるっきり異なります。どちらが多すぎても、少なすぎても良い訳ではありません。それぞれの特性や投資対象となる資産が持つ特性を勘案して、投資戦略を練る必要があります。

まずは、上述した基礎知識を確実に押さえること。そうすることで、投資の際の選択肢も広がるでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。