初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

自社株買いは株式にどう影響する?

自社株買いは株式にどう影響する?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★★☆

株価は基本的に需給で決まるため、企業業績が良い企業、これから成長が見込めそうな企業には買いが集まりやすく、人気銘柄ほど株価は上昇する傾向にあります。これは、株価以外の物の価格の決まり方と同様、人気になると買いたい人が殺到して、プレミアがつくことで価格が引き上げられる好循環がはじまるからです。

こうした需要増の要因の一つに、発行済み株式を買い戻す「自社株買い」があります。企業が自社株買いを実施することは、株主にとってポジティブな材料になります。今回は、自社株買いにまつわる基礎知識を再確認してみましょう。

自社株買いは企業側の自信の表れ

自社株買いとは、企業が発行した自社株式を市場価格で買い戻すことをいいます。買い戻した株式は消却することで発行済み株式数を減らすことができるので、一株当たり純利益(EPS)や資産価値を向上させて、経営指標の改善が期待できます。

自社株買いは自社の企業業績に持つ自信の表れであり、株主だけではなく企業も少なからず恩恵を受けることを狙うものです。

企業側には敵対的買収(敵対的TOB)防止の側面もある

自社株買いは株価上昇の期待を高めますが、企業側にとっては、この株価上昇と自社の持ち株比率を高めることで、敵対的買収(敵対的TOB)の予防策としての効果も期待できます。

敵対的TOBの予防はあくまで企業側から見たメリットですが、自社株買いの背景を知ることが重要です。背景を知った上で投資をすることが、いざという時のリスクヘッジにつながります。

株価低迷時の下支え効果として機能するケースも

自社株買いは発行済み株数を減少させるため、株価の下支え効果も期待できることから、株主還元策の代表的な手段としても知られています。

株価低迷時に大規模な自社株買いを発表することは、株主などのステークホルダーを意識した強力なアピールとしての側面もあるのです。

JPX日経400が誕生。今後も自社株買いが増える?

2014年に算出・公表がはじまったJPX日経インデックス400(JPX日経400)は、日本でも高まりつつあるコーポレートガバナンス・コードを満たした新しい株価指数です。

JPX日経400に連動する投資信託や上場投資信託(ETF)を買い付けすることで、間接的に高ROE銘柄に投資できるため、個人投資家の新たな投資手段として注目を集めているJPX日経400は、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)に続く株価指数として注目を集めています。

自社株買いは株主資本利益率(ROE)改善につながる

自社株買いは自己資本利益率(ROE)の改善が期待できて、高ROE銘柄ほど株価上昇も期待しやすくなります。特に近年では、スチュワードシップ・コードの高まりにより、ROEを重視した投資をするファンド等も多く出てきています。

このような視点からも、自社株買いは現代のマーケットにもマッチした企業戦略とも言えるのです。

一株当たり利益(EPS)の向上にアプローチできる

自社株買いをすることで、企業側は一株当たり利益(EPS)の向上にアプローチすることができます。自社株買いをすることで発行済み株数を減らすことができるため、EPSの改善に大きな効果が期待できるのです。

EPSの改善は利回りの改善につながるため、これも株価上昇を下支えする材料の一つとなるのです。

まとめ

自社株買いは、株価上昇の期待が大きい材料の一つであり、個人投資家には朗報と言えます。ROEとEPSの改善が期待できることから、実際に値上がりしやすい施策としても知られています。

ある銘柄に投資するかを判断するときには、自社株買いの予定やROE、EPSに注目することで、リターンを期待できるかもしれません。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。