初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

投資初心者がハマりやすい心理現象「ハーディング現象」とは?

投資初心者がハマりやすい心理現象「ハーディング現象」とは?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

週刊誌や投資専門誌が買いあおりしている銘柄を見ると、つい買いに走りたくなります。しかし、その銘柄を買うに値する理由はあるのでしょうか。

今回は、投資家心理に基づく行動経済学の考え方の一つである「ハーディング現象」について、詳しく見てみましょう。

群衆と同じ行動をすることで安心する「ハーディング現象」

マーケットの注目を集めるテーマ株や基準価額が上がっているファンドなどを見聞きすると、ついその銘柄に手を出したくなります。

これは、行動心理学でいう群衆と同じ動きをすることで安心感を得る「ハーディング現象」と呼ばれる現象です。

根拠がない投資は急落の餌食

テーマ株やファンドの値上がりの背景には根拠がないため、ちょっとしたきっかけで急落することは珍しくありません。ハーディング現象で人気を集めた銘柄に投資することは、ポートフォリオの急落リスクを大きくすることにもつながるのです。

ハーディング現象の典型例がバブル相場

ハーディング現象の典型例は、バブル相場です。値上がりする明確な根拠がないにも関わらず「市場参加者が多い」と言う理由で新たな市場参加者が増えて買い付けることで、株価が史上最高値を記録したのち、一気に下落して低迷しました。

バブル景気での値上がりとその後の値下がりは、株価指標や材料だけでは説明がつかない、まさにハーディング現象の典型例といえます。市場の動向を客観視して、上昇局面こそ冷静な投資判断が必要になるのです。

サブプライムローンもハーディング現象の一例

海外に目を向けると、2008年のリーマンショックを招いたサブプライムローンを取り巻く環境下でも、ハーディング現象が見られました。

2000年頃から住宅価格の上昇につれてローン利用者が増大して、サブプライム層までローン利用者がま拡大しました。2007年頃には住宅市場全体の15%を占めるまで拡大していった住宅バブルは、まさにハーディング現象と言えます。

マーケットは投資家心理で動く

マーケットの動きは投資家心理に大きく左右されます。行動経済学は株式投資でも非常に重要です。時としてマーケットは相場の材料を度外視して、過剰な値動きを見せることがあります。

市場の動きは必ずしも正しいとは言えません。自身の投資行動を第三者的な視点で見ることが重要です。

ハーディング現象にはどう対処する

ハーディング現象に対処するために効果的な投資方法としては、定時定額で買い付けをする積立投資があります。投資行動を自動化することは、リスク分散に大きな効果が期待できるのです。

まとめ

事象や用語の意味を知っているほど、しかるべきときに対策をとりやすくなります。ハーディング現象もその一つです。

この用語を知っているか否かではマーケットとの向き合い方も変わってきます。新たな知識として押さえておきましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。