初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
先物取引とは?株初心者も知っておきたいポイントを確認しよう

先物取引とは?株初心者も知っておきたいポイントを確認しよう

横山研太郎
記事の難易度:★★★★☆

先物取引(さきものとりひき)とは、未来のある時点で売買することについて事前に約束する取引です。先物と言うと悪いイメージがついて回りがちですが、それは先物取引の中の一部に過ぎません。株式市場にも影響を与えるため、切っても切れない存在です。

先物取引の仕組みとプロがどのようにして活用しているのかを知り、自分の投資戦略にも役立てましょう。

先物取引はどのような仕組みの取引?

先物取引とは、「将来のあらかじめ定められた期日に、特定の商品を、現時点で取り決めた価格」で売買することを約束する取引です。先物取引には悪いイメージを持っている人がいますが、それは一部の不誠実な業者だけの話です。

商品を売買する商品先物取引以外に、日経平均株価などの指数を使って取引する指数先物取引があります。ここでは指数先物取引についてお話しします。

本来はリスクヘッジのための手段

先物取引は、本来はリスクヘッジのための手段として使われます。実際の売買金額よりも少額の「証拠金」を差し入れることで取引でき、将来の価格を事前に定めることができるためです。

また、「買ってから売る」だけではなく、「売っておいて買い戻す」ことも可能になっているため、値動きによるリターンを求めた投資手法としても使われているのです。

少額の証拠金で多額の取引を行うことができるため、レバレッジ効果が大きく非常にハイリスク・ハイリターンな取引です。差し入れている証拠金以上の損失を、あっという間に出してしまう可能性もあります。初心者が手を出すような投資ではありませんので注意しましょう。

指数先物と現物で行われる「裁定取引」とは?

先物取引と現物取引をミックスしてヘッジファンドなどが行っている取引に「裁定取引」があります。

本来、ある指数とその指数を元にした指数先物は、(取引期日までの金利分を除いて)同じ株価になるはずです。しかし、それぞれ取引されている場所が異なるため、株価に乖離が発生する場合があります。

指数先物取引では、将来の価格を使って取引していますが、その期日が来る前に反対売買をして決済することが可能です。

そのため、指数と指数先物に差が発生した場合、指数の方が指数先物よりも安くなっていれば、現物株を購入して指数先物を売却しておけば差がなくなった時に利益が得られるようになっています。

つまり、先物が買われて指数先物の株価が上昇した場合、現物にも買いが集まって指数も上昇する傾向にあると言えます。

また、指数先物の売買は、その指数を構成する全銘柄を売買しているのと同じ効果があると言えます。日経平均先物であれば225銘柄を、TOPIX先物であれば東証1部上場の全銘柄を売買しているのと同じです。

先物取引は、現物市場にも影響を与える

経済ニュースを見ていると、「今日の日経平均株価は、先物主導で上昇しました」といった表現を耳にすることがあるでしょう。実際に、先物取引(日経平均先物)の影響で現物市場(日経平均株価)が変動するということも少なくありません。

買いを入れたい投資家が日経平均先物に買いを入れた場合、先に先物価格が上昇します。そうなると、前述の裁定取引が入ったり、相対的に割安になった現物株に買いが集まったりして、日経平均株価自体も上昇することになります。

先物市場は取引時間が非常に長い

指数先物が取引できる時間は非常に長いのが特徴です。世界の取引所で日経平均先物などの指数先物が取引されているためですが、実質的にはほぼ24時間取引されています。

日本では、9:00~15:15と、16:30~翌5:30まで、シンガポールでは日本時間で8:45~15:30と16:15~翌3:00まで、アメリカ(シカゴ・マーカンタイル)では日本時間で8:00~翌7:15まで取引されています。

寄り付き前に市場動向を探ることができる

実際に取引することはなかったとしても、先物取引が現物の株価に影響を与えるため、先物価格はチェックしておくべきポイントになります。

そこで、9時から15時の証券取引所が開いている時間以外に取引をするときには、日経平均株価などをチェックすることができない代わりに、日経平均先物などの価格を確認しましょう。アメリカ・シンガポールの日経平均先物であれば、朝の8時から最新の株価をチェックすることができます。

朝、寄り付き前に注文を出す場合でも、日経平均先物が下落しているのであれば、安く寄り付く可能性が高いと想定することができます。そうすることで、日本の株式市場が空いていない時間にも、日本株の動向を探ったうえで、より正しい投資判断をすることができるようになるでしょう。

まとめ

先物取引はハイリスク・ハイリターンであるため、株式投資の初心者は参加するべきではありません。しかし、先物市場の動向は現物株の値動きとリンクしているので、先物市場のことも知ったうえで取引できるようにしておいた方がよいでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。