初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
株初心者でもわかりやすい「乖離率の使い方」を理解しよう

株初心者でもわかりやすい「乖離率の使い方」を理解しよう

横山研太郎
このエントリーをはてなブックマークに追加
株の知識レベル:★★★★☆

テクニカル分析の指標としてよく使われる「移動平均線」。移動平均線を活用する際に必要なのが、「乖離率」です。株価と移動平均線がどれくらい離れているかを、チャート上での距離ではなく定量的に見られるようになるため、株価の高低が判定しやすくなります。

今回は、移動平均線を使いこなせるようにするために、乖離率について理解しましょう。

移動平均線とあわせて使われる乖離率とは

乖離率は、株価と移動平均線の離れ具合を定量的に表したものです。

チャートで株価と移動平均線の差を見ても、どれだけ乖離しているのかを判断することはできません。銘柄ごとにチャートの目盛が異なるため、ほとんど離れていないように見えてもかなり乖離していたり、逆に、離れているようで大して乖離していなかったりということがあります。

そこで、株価と移動平均線の離れ具合をパーセント表示した乖離率が、移動平均線を使ったテクニカル分析で活躍するのです。

乖離率を計算できるようにしよう

現在では、どこの証券会社や株式ポータルサイトでも、チャート上に自動的に移動平均線を表示させることができます。また、乖離率を調べるのも簡単です。

しかし、乖離率がどのように変動しているのかを調べようとすると、自分で計算できるようになっておいた方がよいでしょう。

乖離率の計算方法は、次のようになります。

乖離率(%)=(株価-移動平均線)÷移動平均線×100

株価は、乖離率がプラスのときは移動平均線よりも高く、マイナスのときは移動平均線よりも安くなっています。

乖離率の使い方① 株価が乖離しすぎているかどうかを見る

移動平均線と乖離率の使い方を2つ紹介します。

1つ目は、株価が移動平均線から離れている場合の使い方です。移動平均線は、直近の一定期間における終値の平均をあらわしています。

株価が移動平均線よりも大きく離れている場合には、買われすぎ(売られすぎ)の状態になっている可能性があります。そのような状態になると、上昇(下落)が反転しやすい環境になっていると言えます。

また、すぐに反転するのではないにせよ、上昇(下落)が一段落し、移動平均線が株価に近づくのを待っているような状態になることもあります。このように、乖離率の値がゼロから大きく離れている場面では、相場展開が変わる可能性を示唆していることがあります。

乖離率の使い方② 株価のサポートラインなどに使う

もう1つは、株価のサポートラインなどとして使う方法です。こちらは、チャート上で見た目にもわかりやすいのですが、乖離率で正確な値を押さえておくことも大切です。

株価が移動平均線に近づいてきた場合、移動平均線がサポートライン(乖離率がプラス)または抵抗線(乖離率がマイナス)になることがあります。

乖離率の注意点① 乖離率を見るだけで売買の判定はできない

乖離率を見るだけで売買の判定はできない

乖離率を使って株式の売買の判断をしようとする場合には、注意が必要です。

1つは、乖離率がいくらになったら買い(売り)かという方程式は無いということです。どのような傾向で株価が上下するかは、それぞれの銘柄ごとに特性が異なります。

「ある銘柄では乖離率が+5%になると上昇が止まりやすい傾向にあるけれど、別の銘柄では+10%くらいまでは上昇が続きやすい」などといった違いがあります。そのため、各銘柄の過去の値動きを見ながら、それぞれの特徴を捉えなければなりません。

また、過去の特徴が今後も続く保証もないため、これまで通用した投資戦略が失敗ばかりになる可能性があることも忘れてはいけません。

このように、乖離率を使った売買は万能ではありません。移動平均線との乖離率だけでなく、他のテクニカル指標やファンダメンタルズ分析などもあわせて売買を決定できるようにしておきましょう。

乖離率の注意点② 自分のスタイルに合ったものを見つける

もう1つの注意点は、移動平均線はひとつだけではないということです。

投資期間が短期か長期か、日足を使うのか週足を使うのかなどの条件で、チャートに引かれる移動平均線は変化します。どんな移動平均線を引くかで乖離率の数値も変化してしまうため、同じ株価であっても、人によって乖離率がプラスになることもあればマイナスになることもあるのです。

そのため、乖離率を使って投資戦略を考えるのであれば、自分に合った移動平均線がどのようなものかを試行錯誤しながら、自分に合ったスタイルを確立するのが大切です。

短期投資をするのであれば日足を使って何日の移動平均線を使うのか、中長期投資をするのであれば週足や月足を使ってどれだけの期間の移動平均線にするのかを考えるようにしましょう。

まとめ

移動平均線と乖離率は、株価を分析するためのツールとしては、株式投資の初心者でも使いやすいものです。しかし、簡単に使える反面、万能のツールではありません。

さまざまな分析手法とあわせて、自分なりの投資判断ができるようになれば、株式投資の初心者を脱却したと言えるのではないでしょうか。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。