初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

為替への影響が株価にも波及する?キャリートレードとは

為替への影響が株価にも波及する?キャリートレードとは

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

経済ニュースを見ていると、日本とは直接関係のないニュースがもとで円高が進行するケースがよく見られます。この一因が「キャリートレード」なのです。株式投資の初心者には不思議に思えることかもしれませんが、これは金融市場がグローバルに絡み合っているからこそ起きることです。

そこで今回は、株価にも間接的に影響を与えるキャリートレードについてお話しします。

キャリートレードとはどんな投資方法?

キャリートレードとは、ある通貨を借りてその資金で投資をする方法です。その際、わざわざ高い金利を求めてお金を借りる人はいませんから、借入される通貨は低金利通貨となります。その資金を使って、金利が高いエリア、結果として成長性が高くなるエリアで投資を行います。

これにより、投資する地域でお金を借りるよりも安いコストで資金調達するため、より高い利益を得られるチャンスがあることになります。ただ、その代わりに為替変動による損失が発生するリスクもあるため、簡単な投資ではありません。

低金利でかつ安定している通貨が好まれる

キャリートレードでは低金利通貨が好まれると言いましたが、それだけが条件ではありません。前述の通り、為替変動によるリスクも抱えることになるため、為替相場が激しく変動する通貨は好まれません。

結果として、低金利でかつ為替相場が安定していることが、キャリートレードを行うための条件となります。いくら金利が安くても、政情不安などで通貨の信頼性が低い国などの通貨は選ばれないのです。

日本円がキャリートレードに好まれる理由とは?

日本円は、キャリートレードをする際に最も選ばれている通貨のひとつです。なお、日本円を借りて投資を行うキャリートレードを「円キャリートレード」と言います。

日本は、世界的にも金利が低い国として知られています。先進国では金利が低くなりますが、その中でも特に金利が低く、政治・経済も非常に安定しています。そのため、日本が原因で為替相場が乱高下する可能性は非常に低く、キャリートレードするときの資金調達する通貨として最適なのです。

キャリートレードの増減で為替が動く

キャリートレードで調達された資金は、別の通貨に交換したうえで投資にあてられます。つまり、円キャリートレードでは、日本ではない海外での投資に資金が使われています。

そのため、円キャリートレードが増える局面では、日本円が海外の通貨に交換されます。「円が売られ、外貨が買われる」ことになり、円安が進行しやすくなります。

逆に、円キャリートレードを使った投資が減る場合、調達した資金が返済されます。その際、「外貨を売って、円を買い戻す」ため、円が買われて円高が進行しやすくなります。

為替への影響が株価にも波及する?

日本は、海外から原材料を調達して、それを製品にして海外に輸出している「加工貿易」をしている国です。そのため、上場企業の中でも、輸出依存型の企業が多く見られます。

当然ですが、これらの企業は材料の輸入額よりも製品の輸出額の方が多くなる傾向にあります。そのため、より有利な為替レートで輸出できるかどうかで業績が大きく変動します。

アメリカで販売する際は、ドル建てで価格が決まっています。1$=115円から1$=110円に円高が進むと、その分だけ売上と利益が減少し、逆に、1$=120円に円安が進行した場合は、売上と利益が増加します。

その結果、日経平均株価やTOPIXは円高になると下落、円安になると上昇する傾向にあります(※海外から材料や商品を仕入れるだけの内需型企業は逆の動きをすることもありますが、株式市場全体では円高=株安、円安=株高という傾向となっています。)

「有事の円買い」が起きるのはなぜ?

では最後に、円キャリートレードとの関係で、どうして「有事の円買い」が起きて日本株が下落することがあるのかを考えてみましょう。

海外で紛争が起きた場合や、金融危機や政情不安が顕在化した場合に「有事の円買い」が起きます。これは日本が直接関係なさそうに感じるのですが、その一因が円キャリートレードだと考えられます。

海外で何かが起きた場合、現地に資産に投資している投資家は、一時的に投資資金を引き揚げることがあります。その投資資金が円キャリートレードによって調達されている場合は資金を返済します。その際、外貨を売って円を買い戻すことになりますので、一時的に円の買い戻しが集中して円高が進むのです。

そして、円高が進行したことを理由として輸出関連株が売却されて、日本株にもマイナスの影響が出てくるのです。

まとめ

通常、キャリートレードは多額の資金を使って運用する投資家だけが行うものですが、まわりまわって個人投資家が主戦場としている株式相場にも間接的に影響を与えています。

そのため、日本株だから日本のことだけ知っていればいいとは考えず、海外のことでも大きなニュースくらいは日常的にチェックするように心がけておくべきでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。