初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

為替が株価にも影響する?「キャリートレード」の恐ろしさとは

為替が株価にも影響する?「キャリートレード」の恐ろしさとは

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

海外の政治・経済の動向に左右されて東京市場で円高・株安が進行することは珍しくありません。その一因としてあげられるのが為替市場の「キャリートレード」です。

海外の政治・経済が日本の円高・株安不思議に思えることかもしれませんが、これは金融市場がグローバルに絡み合っているからこそ起きることです。今回は、株価にも間接的に影響を与えるキャリートレードがどのようなものかを見てみましょう。

キャリートレードとはどんな投資方法?

キャリートレードとは、低金利通貨で調達した資金を、外国為替市場で高金利通貨に交換して、金利差収入等を稼ぐ投資方法です。高金利通貨に交換した後は、単にその通貨で持つだけではなく、さまざま資産に投資することでより高い利回りを狙うこともあります。

これにより、投資対象の地域でお金を借りるよりも低コストで資金調達できるため、より高い利益を得られるチャンスが期待できる反面、為替変動による損失が発生するリスクもある投資方法です。

低金利かつ値動きの安定している通貨が選考される

キャリートレードでは低金利通貨が好まれますが、為替リスクも抱えることになるため、為替レートの値動きが大きい通貨は好まれません。

結果として、低金利でかつ為替相場が安定していることが、キャリートレードで取引対象となる条件となります。いくら低金利でも、通貨の信頼性が低い国などの通貨は選ばれないのです。

日本円がキャリートレードに好まれる理由

日本円はキャリートレードで資金調達の対象として最も選ばれている通貨の一つであり、日本円が借り換えの対象となるキャリートレードを「円キャリートレード」と言います。

先進国は政治・経済が安定しているため、低金利となる傾向がありますが、その中でも特に低金利の通貨として知られています。そのため、キャリートレードの資金調達する通貨として最適なのです。

キャリートレードに影響されて為替が動く

キャリートレードで調達した資金は別の通貨に交換したうえで投資に充てられます。円キャリートレードでは海外投資に資金が使われるので、円キャリートレードが増える局面では、日本円が海外通貨に交換されます。

つまり、円キャリートレードが増えると「円が売られ、外貨が買われる」ことになり、円安が進行しやすくなります。反対に円キャリートレードを使った投資が減ると、調達した資金が返済されるため、「外貨を売って、円を買い戻す」動きになるため、円高が進行しやすくなるのです。

為替市場の動向が株価にも影響する?

日本の経済構造は「加工貿易」が主流であり、上場企業にも輸出依存型の企業が多く見られます。当然、これらの企業は材料の輸入額よりも製品の輸出額の方が多くなる傾向にあります。そのため、より有利な為替レートで輸出できるかどうかで業績が大きく変動します。

アメリカで製品やサービスを販売するときには、ドル建てで価格が決まるため、円高が進むと売上と利益の減少、円安が進むと売上と利益の増加を招きます。その結果、素材や製品を輸入する内需企業を除いて、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)は円高になると下落、円安になると上昇する傾向にあります。

「有事の円買い」はなぜ起こる?

地域的な政情不安や世界的な金融危機が顕在化したときに為替市場で日本円の人気が高まり円高が進む「有事の円買い」は、その一因として円キャリートレードがあると考えられます。

政情不安や金融危機が起きると、投資家は一時的に投資資金を引き揚げることがあります。その投資資金が円キャリートレードで調達されていれば、外貨を売って円を買い戻す動きにつながり、一時的に円の買い戻しが集中することで円高が進み、円高を理由に輸出関連株が売られることで、株安が進むのです。

まとめ

キャリートレードは多額の資金を使って運用する機関投資家が中心ですが、まわりまわって個人投資家が主戦場としている株式相場にも間接的に影響を与えています。

日本株だから日本のことだけ知っていればいいとは考えず、海外のことでも大きなニュースくらいは日常的にチェックするように心がけておくべきでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。