初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

企業の解散価値を測る?一株当たり純資産(BPS)を活用しよう

企業の解散価値を測る?一株当たり純資産(BPS)を活用しよう

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

一株あたり純資産(BPS)とは、株式会社の純資産を発行している株式一株あたりの金額に直したものです。企業の健全性を示す指標であり、株価純資産倍率(PBR)を求めるための数値にもなっています。

有名な指標の一つですが、BPSの見方・使い方をしっかりと理解しないまま活用している人も少なくありません。

今回は、BPSとはどんな指標で、どんな点に注意しながら使うべきなのか解説します。

一株あたり純資産(BPS)とは?

一株あたり純資産(BPS)とは、企業の貸借対照表に表された株主の資産(純資産)を元にして一株あたりの持ち分を計算したものであり、次の計算式で求めることができます。

一株あたり純資産(BPS) = 純資産 ÷ 発行済株式総数

純資産は貸借対照表上の純資産の項目からその企業の株主の持ち分ではない「新株予約権」と「少数株主持分」を差し引いた金額を用います。

一株あたりの持ち分を表すBPSは大きい方がよく、企業が利益を出して内部留保に回した分だけBPSは上昇します。逆に、損失を計上してしまった場合は内部留保が減少してBPSは低下します。

BPSは企業の健全性を示す指標

債務超過に陥ると純資産がマイナスになるので、BPSもマイナスになります。発行済株式総数の量にもよりますが、BPSが小さい企業は債務超過に転落しやすい状態と考えられます。

逆にBPSが高い企業は、多少の業績悪化でも経営危機に陥る可能性は少ないと考えられます。このような点から、BPSは企業の健全性を示す指標だと言われているのです。

BPSで株価の高低を判断する方法

同じ株価ならBPSが高い企業の方が割安と考えられ、同じ株価でBPSが低いと割高と判定されますが、企業Aと企業Bの株価が同じになることはまずありません。そこで株価純資産倍率(PBR)が活用されます。PBRは、株価がBPSの何倍かを表したもので、下記の式で求めることができます。

株価純資産倍率(PBR) = 株価 ÷ 一株あたり純資産(BPS)

株価に対してBPSが低いとPBRが高くなるため、PBRが高いと割高、低いと割安と考えることができるのです。

BPSが「解散価値」と言われる理由

BPSは「解散価値」とも言われます。これは、ある時点で企業が解散することになった場合、貸借対照表(バランスシート)上の帳簿価格で全ての資産を現金化して株主に分配すると、一株あたりの分配額はBPSと等しくなるためです。

株価とBPSが同じならPBRも1倍となります。PBRが1倍を切っているとBPSより株価が低く、現時点の株価で全株を買い占めて会社を解散すると利益が出ると考えられるため、割安感が強い銘柄と考えられるのです。

BPSで投資判断する場合の注意点

BPSを求める元となる貸借対照表は、あくまで保有資産の簿価を使って作られています。株式、債券、金融商品などは時価で評価されますが、土地・建物などの固定資産は時価では表示されていません。

また、子会社の株式などは、時価で表示されていたとしても上場企業のように客観的な株価が存在するのではないため、実態とは異なった価格で評価されている可能性もあります。子会社などが過剰評価されている場合には、BPSも過大に表示されていることになります。

BPSは最新の値ではない

PBRを求めるときに最新の株価を使って計算するときの注意点として、一見すると割安な状態に見えても、業績不調でBPSが低下することが予想されて株価が低迷しているのであれば、割安ではないということです。

また、新株予約権が発行されている場合、業績が好調で株価も堅調に推移しているのであれば権利行使される可能性が高まります。そして、新株が発行された分だけBPSが低下してPBRが高まり、現状よりも割高な株になってしまうこともあります。

新株予約権が発行されていると、決算短信などに「潜在株式調整後一株あたり純資産」という、新株予約権がすべて行使された場合の数値が併記されているため、それを参考にして投資判断するようにしましょう。

まとめ

BPSは株主の持ち分である資産を見ることができる指標であり、株主にとって大切な数値ですが、その数値だけで投資判断をしてはいけません。

経営状況などを総合的に考えて、現状を踏まえるとBPSがどうなるのか、今後のBPSはどうなるのかという視点でチェックするようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。