初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

ブックビルディングとは?参加方法や注意点などを詳しく解説

ブックビルディングとは?参加方法や注意点などを詳しく解説

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★☆☆

IPO株への投資を考えていると、「ブックビルディング」という言葉を耳にします。ブックビルディングを簡単に言うと、IPO株をいくらで何株申し込むかという申告をすることです。

今回は、IPOの際に行われるブックビルディングについて、参加方法や注意点などを詳しく解説します。

ブックビルディングとは?

ブックビルディングとは株式の新規上場に際しての公募価格の決定法のこと。1株あたりの価格を決める方法のひとつで、正式には「ブックビルディング方式」、別名「需要積み上げ方式」とも呼ばれています。

ブックビルディング方式では、上場予定会社の経営状態や証券投資の専門的知識がある人達の意見を参考に、上場申請者(上場予定企業)や幹事証券会社が公開価格を仮決定します。その後、ブックビルディング(予約の積み上げ)を行い、投資家の需要や価格変動リスクを勘案してから、公開価格を正式決定します。

近年、新規上場する株式はブックビルディング方式で価格決定が行われるのが主流となっています。

ブックビルディング方式の利点とは?

ブックビルディング方式を利用するメリットは、投資家の需要を正確に測れることです。

以前使われていた「入札方式」では投資家側が希望する価格を入札していき、その結果で公開価格が決まっていました。しかし、入札方式では入札金額が高騰したり上場後すぐに株価が急落してしまうという問題がありました。そのため、ブックビルディング方式が広がってきたのです。

ブックビルディングに参加するにはどうすればいい?

個人投資家がブックビルディングに参加するには、新規上場株式の主幹事もしくは幹事証券会社に口座を持っていることが必須です。幹事証券会社以外では申し込みを受け付けていません。

ほとんどの証券会社は公式サイトからブックビルディングの申し込みを行えます。若干の違いはありますが、入力が必要な主な項目は以下の通りです。

  • 申し込み株数
  • 株価(指定された金額内、もしくは成行)

これだけ見ると参加は非常に簡単に感じますが、証券会社によっては条件が付くことがあります。注意点を次の章にまとめましたので確認していきましょう。

ブックビルディングの注意点

ブックビルディングの注意点としては以下のようなものがあります。ブックビルディングを申し込む前に、証券会社の条件を事前に確認しておくようにしましょう。

  • 過去数ヶ月間全く取引をしていない人は申し込み自体ができない
  • 購入金額相当(申し込み株数×ブックビルディングで指定した株価)の預かり資産がない人は受け付けない
  • 申し込みをしたら購入金額相当額を数日内に差し入れないといけない

また、ブックビルディングでは成行注文が可能です。成行注文の方が株価を指定するより購入しやすくなる利点がありますが、上場時株価が思ったより高い金額で決まる場合があるので状況にあわせて使いましょう。

さらに、成行にする場合の差し入れ購入資金は、指定範囲の上限金額を用意しないといけません。株価範囲が200円~400円のIPO株のブックビルディングに1,000株成行で参加する場合、400円×1,000株=40万円が必要となります。そこまで欲しい株でなかったとしても、成行ならば購入できてしまう可能性が高くなるので注意しましょう。

IPO株への投資は魅力的で人気が高い

IPO株への投資は魅力的で人気が高い

ブックビルディングへの参加はハードルが高いと感じる人も多いでしょうが、やはりIPO株の「値上がり率の高さ」は魅力的ですし人気があります。

2017年のIPO株上昇率は150%どころか中には300%を超えている銘柄もあります。もちろん株価の上昇は各企業の実績にもよるので、必ず上がるわけではありません。しかし、市場より低い株価で購入できることが多いため、利益を得る可能性は高いのです。

IPOの情報はどこで手に入れる?

ブックビルディングに参加したい場合、企業が新しく上場する予定を事前に知っておく必要があります。その情報は日本取引所グループのサイトで公開されています。

日本取引所グループのサイトでは、企業名の他に「証券コード」「市場区分(東証1部、マザーズなど)」「会社概要」「確認書(幹事証券会社名含む)」「仮条件で決定した株価」「公募株数」を確認することができます。

IPOの情報は幹事証券会社になっている各証券会社のサイトでも公開されていますし、株の教科書.comでもIPO銘柄の評価を行っているので参考にしてみてください。

まとめ

ブックビルディングを行うことによって、適正な株価で上場することができます。そして上場後の株価急落を防ぐことも期待できます。

株式投資に慣れてきて、新しい銘柄を持ちたいと考えているならば、IPOに参加して新規上場株式を持ってみるのもいいのではないでしょうか。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。