初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株式投資の「当たり屋」ってなに?

株式投資の「当たり屋」ってなに?

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★☆☆☆☆

投資の世界では、ことごとく予想が当たり安定して大きな利益を出している人を「当たり屋」と呼びます。一人でも当たり屋を見つけられると、投資成績を大きく改善することが期待できます。では、当たり屋には特徴はあるのでしょうか。また、一般の投資家でもこれらの人たちを見つける方法はあるのでしょうか。

当たり屋にはどのような特徴があり、個人投資家でも見つけることはできるのでしょうか。今回は、投資家の気になる存在である「当たり屋」を見てみましょう。

相場予想が当たりやすい「当たり屋」

どれだけ経験を積んだ投資家でも、ある程度売買をしていれば、どうしても損失を出して投資した銘柄を損切りをすることがあります。しかし、当たり屋と呼ばれる人たちは、その大部分が損失を出さず損切りをせずに大きな利益を上げています。

当たり屋として注目を集めることが多いのが「ファンドマネージャー」です。ファンドマネージャーは投資信託の構成銘柄の決定権を持つ人です。運用を成功させることを求められているファンドマネージャーが買う銘柄をチェックすると、上昇するものが多いのではないでしょうか。

まだ知られていない当たり屋を見つける方法

当たり屋を見つけるには、投資雑誌で人気ファンドや注目ファンドの投資銘柄を知ることからはじめてみましょう。また、個人でもブログやSNSで運用成績を公開していれば、売買の記録を詳細に記していることもありますので、時間に余裕があれば、丹念に探してみてください。

投資格言「当たり屋につけ」とはどういう意味なのか?

株式格言には「当たり屋につけ」というものがあります。これは、当たり屋の買う銘柄をそのまま自分も買えばある程度の利益が出るというものです。株価が上がりそうな銘柄を探すのは非常に手間がかかります。

投資の勉強をする時間が難しい人は、信用できる個人投資家や安定した成績を残しているファンドマネージャーの取引をトレースするのも選択肢です。他人の取引をトレースするときには、複数の意見を参考に投資をしてください。

要注意!当たり屋が「曲がり屋」に変わるとき

当たり屋をフォローした投資である程度の成果が出ていると、このままプラス状態が続くと思いがちですが、安心しているときこそ要注意。何かの拍子に当たり屋がどうやっても損をする「曲がり屋」になることは珍しくありません。

当たり屋が曲がり屋に変わったと思ったら、すかさず離れましょう。自分の資産を守ることが一番です。

当たり屋を見つけるときのポイント

インターネットや書籍で結果を出している当たり屋を見つけるのは比較的簡単ですが、その当たり屋が信用できる人なのかを見極めが必要です。当たり屋といわれている投資家が出している書籍や執筆しているサイトをいくつか見てください。書いていることは一致しているかや、自分の考えを確立されている投資家なのかどうかを判断してください。

また、自身の宣伝や有料情報への誘導が多い投資家にも気を付けてください。中には高額な勉強資料・セミナーの販売に力を入れる投資家も存在します。雰囲気に飲まれることなく、納得した上で有料情報を購入するようにしましょう。

当たり屋の投資スタイルは合っているかも考える

せっかく投資成績が良い当たり屋を見つけても、自分の投資スタイルと合わない人ならばまねしない方が得策です。長期保有を考えているのに、デイトレーダーの当たり屋のまねをすることはメリットがありません。自分のスタイルと似た投資をしている人を見つけるようにしてください。

当たり屋探しに熱中して、自分で投資スタイルを全く考えない「思考停止」状態になることは避けましょう。

まとめ

当たり屋の買う銘柄に投資すれば利益を出しやすくなりますが、当たり屋の言うことばかり聞いているのも危険です。当たり屋の意見は参考にしつつ、自分の投資指標もしっかり持つようにしておいてください。

また、当たり屋はふとした拍子に「曲がり屋」となることもあります。信用できる当たり屋に会えても、彼らの投資成績は逐一チェックしておくことをおすすめします。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。