初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
あなたの資産を増やし、守るために必要な「アセットアロケーション」とは

あなたの資産を増やし、守るために必要な「アセットアロケーション」とは

たじりひろこ
このエントリーをはてなブックマークに追加
株の知識レベル:★★☆☆☆

「アセットアロケーション」という言葉を聞いたことがありますか?簡単にいえば「資産配分」のことです。いつまでにどれだけ資産を増やしたいかという「目標」、どのくらいまでならば損をしても大丈夫かという「リスク許容度」を把握した上で自分の資産を分散投資していきます。

今回は、株式だけでなく、債券・投資信託・不動産等、様々な金融商品へ分散して投資を行う「アセットアロケーション」について詳しく見ていきましょう。

どうしてアセットアロケーションが必要なのか?

アセットアロケーションは資産クラスへの分配投資のことを指します。なぜ、このような分配投資が必要になるのでしょう。それは、リスクの分散にもつながるからです。

例えば、資産を株式だけで分散投資したとします。万が一、大暴落が起きほぼ全ての株式がマイナス状態になったとしたらどうなるでしょうか。自分の資産も大幅にマイナスになってしまうことが考えられます。

資産を株式だけでなく債券、不動産にも分配投資しておくと、株式で損失を出しても他への投資でカバーできることが期待できます。また、不動産投資では賃貸収入等で長期的に安定的な収入を得ることも可能です。株式の短期売買をしたいと思っているならば、安定的な収入があるのは安心につながるのではないでしょうか。

アセットアロケーションとポートフォリオとの違い

資産分配でよく聞かれる言葉「ポートフォリオ」とアセットアロケーションに違いはあるのでしょうか。

ポートフォリオとは「個別銘柄の組み合わせ」を指す言葉です。例えば、「A株に100万円、B株に200万円投資」というのはポートフォリオになります。アセットアロケーションでは「株に500万円、不動産に1,000万円」といったように大まかな投資先の選定だけです。

いくつかの具体的な投資先を決めるのは「ポートフォリオ」だと覚えておいてください。アセットアロケーションが決定した後にポートフォリオを決めるという順番になります。

実際にアセットアロケーションを決めるにはどうしたらいい?

実際にアセットアロケーションを決めるにはどうしたらいい?

では、資産の分配先を決めるにはどのようにすればいいのでしょうか。

自分で行う方法では、インターネット上で配布されているアセットアロケーション計算ツールの利用が一番簡単でしょう。自分の年齢、資産、目標、リスク許容度を入力すれば、自分に合ったアセットアロケーションがすぐに分かります。

また、計算まではしてもらえませんが、投資関連の書籍などでは、会社員、自営業者など色々な立場の人のアセットアロケーションが紹介されることがあります。自分と似た年齢、職業の人たちがどのようなものに投資しているのかを知ることができ、投資先を決めるための参考になるでしょう。

もっと詳しくアセットアロケーションを知りたい時は

ただ、書籍やインターネットサイトでは情報を得ることはできますが、その先の投資行動まで手伝ってもらえるわけではありません。

アセットアロケーションの決定から投資までを行いたいと考えるならば、証券会社やファイナンシャルプランナーへ相談してみてはいかがでしょうか。専門家へ資産の現状や希望を伝えて、今後の投資方針を一緒に考えるのです。人によっては決定までに時間がかかることもありますが、自分専用のアセットアロケーションが出来上がるので、満足度は高くなるはずです。

そして、証券会社には「投資一任契約」というものがあります。市場の状況に合わせて株式や投資信託の内容を組み替えてくれるのです。アセットアロケーションは決めたけれど、個別銘柄の選定までは手が回らないという人にもおすすめのサービスです。

ファイナンシャルプランナーに相談した場合は、投資の一任までは行えませんが、証券会社、不動産会社選びのアドバイスが期待できます。契約する前にどの程度のアドバイスをしてもらえるかを確認しておいた方がいいでしょう。

アセットアロケーションを決める時は複数の会社で相談してみよう

アセットアロケーション決定の際は、証券会社、ファイナンシャルプランナーに相談することをおすすめしましたが、できれば複数の会社で相談してみてください。各証券会社・ファイナンシャルプランナーによって得意分野・不得意分野があるためです。

また、会社によって推奨商品を売りたいと考えている場合もあります。自分に必要なものを冷静になって決めるためにも相談相手を複数持つようにしましょう。

アセットアロケーションは見直しを忘れずに

一度アセットアロケーションを決定しても、そこで終わりではありません。人によっては資産運用の期間が数十年に渡ることもあります。1年に一度などの定期的な見直しを必ず行いましょう。

投資を始めた時期は株式が上昇傾向にあったとしても、数年後には変化しているかもしれません。そのような時は株式から債券へ資産を移行させるなど、定期的に見直してその時期に合った分配に変えるようにしてください。

また、定期的な見直し時期でなくても、転職・退職で収入が変わることもあり得ます。リスクを取ることができなくなった、反対にもっと投資するお金を増やしてもいいということもあるでしょう。そのような時にも必ず資産の見直しを行うことをおすすめします。

まとめ

アセットアロケーションというと非常に難しく思えるかもしれません。ですが、自分の資産を増やす、守るためのものといえば必要なものだということがお分かりいただけるでしょう。

どの銘柄にいくら投資するといった具体的なことを考える前に、大まかな資産分配については必ず決めておくようにしてください。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。