初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

あなたの資産を増やし、守るために必要な「アセットアロケーション」とは

あなたの資産を増やし、守るために必要な「アセットアロケーション」とは

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

投資の王道は分散投資であり、その要ともいえる考え方が「アセットアロケーション」です。なぜ、このような分配投資が必要になるのでしょうか。

今回は、「アセットアロケーション」を考えることのメリットと、最適なアセットアロケーションを見つけるヒントを探ってみます。

どうしてアセットアロケーションが必要なのか?

資産配分(アセットアロケーション)」とは、簡単にいえばいつまでにどれだけ資産を増やすかという目標に合わせて「リスク許容度」を把握した上で自分の資産を投資する配分です。

例えば、株式だけで分散投資しているときに株価が値下がりすると、自分の資産も大幅にマイナスになってしまうことが考えられます。資産を株式だけでなく債券や不動産に分配投資することで、株価が値下がりしても他の資産でカバーすることが期待できます。このように、アセットアロケーションを考えることは、リスク分散にもつながるのです。

アセットアロケーションとポートフォリオとの違い

資産配分でよく聞かれる言葉には「ポートフォリオ」とアセットアロケーションに違いはあるのでしょうか。基本的に、アセットアロケーションの後にポートフォリオを決めるという順番になります。

ポートフォリオとは「個別銘柄の組み合わせ」を指す言葉であり、例えば、「A株に100万円、B株に200万円投資」はポートフォリオ、「株に500万円、不動産に1,000万円」のような大まかな投資先を決めることがアセットアロケーションです。

アセットアロケーションを決めるヒント

自力でアセットアロケーションを決定するのであれば、インターネット上のアセットアロケーション計算ツールを利用するのがもっとも手軽です。自分の年齢や資産、リスク許容度を入力すれば、最適なアセットアロケーションを提案してくれます。

投資関連の書籍などでは、職種別に典型的なアセットアロケーションが紹介されているものもあります。周りの人がどのようなアセットアロケーションを採用しているのかは、自分のアセットアロケーションを決める参考できます。

プロの手助けを得るのも選択肢

アセットアロケーションの決定は、証券会社の窓口やファイナンシャルプランナーへ相談するのも選択肢です。決定まで時間がかかることもありますが、専用のアセットアロケーションができるので、満足度は高くなるはずです。

また、証券会社によってはアセットアロケーションの決定から実際の運用までを一任する「ラップ口座」もあり、実際の運用まで手が回らないという人におすすめです。

アセットアロケーションを決める時は複数の会社で相談してみよう

アセットアロケーションを相談するときには、証券会社やファイナンシャルプランナーによって、得意・不得意があるため、できれば複数の証券会社やファイナンシャルプランナーに相談してみてください。

また、会社によって推奨商品を売りたいと考えている場合もあります。自分に必要なものを冷静になって決めるためにも相談相手を複数持つようにしましょう。

アセットアロケーションは見直しを忘れずに

一度アセットアロケーションを決定しても、そこで終わりではありません。資産運用の期間は数十年に渡ることもあるため、定期的な見直しは欠かせません。

資産の値動きや転職・退職による収入の変動など、当初のアセットアロケーションからずれたり、リスクの許容量に変化がおきたら、そのときどきに合わせた見直しは欠かせません。

まとめ

アセットアロケーションというと非常に難しいことに思えますが、自分の資産を守り・増やすものといえば必要だということがお分かりいただけるでしょう。

どの銘柄にいくら投資するといった具体的なことを考える前に、大まかな資産分配については必ず決めておくようにしてください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。