初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

説明できない相場の値動きに理由をつける「アノマリー」

説明できない相場の値動きに理由をつける「アノマリー」

西岡容子
西岡容子
記事の難易度:★★★☆☆

効率のよい投資には、過去の株価や企業業績などのデータに基づいて科学的に分析する市場分析が欠かせませんが、時として分析よりも高い精度で相場の動向を言い当てる「アノマリー」も無視できません。

今回は、法則や理論では説明できないアノマリーについて、その内容や働きかけを見てみましょう。

株式市場におけるアノマリーとは

アノマリーとは、ある法則や理論から見た時、論理的に説明や解明できない事象のことを意味します。株式市場では、明確な根拠は説明できないけれどなぜかそのように相場が動く傾向・経験則、すなわち既存の株式投資の理論では説明できない、規則的な株価の推移のことを指します。

市場における株価の動きは多くの場面で「人間の心理」が影響することがありますから、単純に数値化した根拠だけでは説明できないことがあるのも無理のないことといえます。

日経平均株価もアノマリーに影響される

日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の株価指数は株式市場全体のベンチマーク(指標)として知られていますが、これらの株価指数も、アノマリーに影響を受けていると言われています。

その理由として、投資家がアノマリーを信じて投資活動をすることで資金の流れがアノマリーを実現する方向に動くことが原因と考えられています。これにより株式の売買の流れや動きに一定の法則が生まれ、それが毎年動くことでアノマリーとして成立するのです。

時期を反映したアノマリー

株式市場におけるアノマリー現象の一つに、時期に主軸を置いた考え方があります。具体例として、「1月に株価が上がる」アノマリーを見てみましょう。

1月というのは新年最初の月であり、各企業にとってはその1年の株価の流れを予想するものになります。1月の相場が順調ならばその1年間の相場にも安心材料が出できます。

また、4月も統計上株価が高い時期と言われています。多くの企業が3月決算・4月新年度を採用している関係から、新年度相場として新規の資金が市場に流れ込み、結果として株価が高止まりするのです。

夏場のアノマリーは株式取引の低迷を表す

7月から8月にかけての株式市場は、多くの企業が夏季休暇やお盆休みに入ることで株式市場も閑散期に入り、株式取引の出来高自体が縮小するためやや低迷気味と言われます。

また、外国人の夏季休暇は日本と比べても格段に長く、外国人投資家が主役となっている日本の株式市場も大きく影響されるのです。

アメリカ大統領選挙のアノマリー

世界の政治・経済に大きな影響を与えるアメリカは、大統領の権限が非常に強い国のため、大統領の決定は世界の政治・経済にも大きく影響する重要な要素と言えます。そのため、アメリカ大統領選挙は株価にも大きく影響します。

大統領選挙の有無で株価が有意に変わる

選挙前は再選を目指す現職大統領が次々と景気対策を導入することで、株価が上昇しやすくなります。選挙の年にもその上昇傾向は変わらず、結果として経済の活性化の傾向があるようです。

まとめ

株式市場におけるアノマリーは、言われてみると何となくイメージできるものの、学術的、理論的に見るとうまく説明ができないものばかりです。うまく説明できない事象であっても多くの人がこの流れに従って同じ動きをすれば、それ自体がある種の経験則や法則として成立することになります。

アノマリーは今後も投資の重要な判断材料として、注目を集めつづけることでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。